「ORIENT」から人気のダイバーデザインのモデルが4時位置りゅうずの新デザインで登場

 エプソンは、「ORIENT」で人気を博すダイバーデザインのモデル*に4時位置のねじ込み式りゅうずが特徴的な3モデルと70周年限定1モデルを2020年5月28日に発売します。
 新モデルは、精度や信頼性に定評のある自社ムーブメントと併せて、海辺のスポーツやタウンユースにも映えるカラフルなスタイリングが魅力的です。
*ISO規格に準拠したダイバーズウオッチではありません。

 

 2020年70周年を迎えたオリエントにおいて、ダイバーデザインのモデルは1964年に発売して以来、50年以上に渡る長い歴史を築いてきた代表作です。今回発売される新しいダイバーデザインのモデルは、径43.4㎜の大型ケースや4時位置に設けられたねじ込み式りゅうず、サファイアクリスタルによる風防など、スポーツウオッチとしての存在感が一段と際立つ機能的なデザインが特長です。とくに装着時にも操作しやすいように、ケースの4時位置にりゅうずを配置し、手首を返した際に大振りなケースのりゅうずが手に当たらないよう配慮したものとなっています。
 
 ダイバーデザインの新モデルには20気圧防水(日常生活用強化防水)が備わり、水上スポーツやスキンダイビングにも使用可能なこのモデルの個性を引き立てるのは、オリエントならではの多彩なカラーダイヤルです。文字板には、グリーン、ブルー、マットグリーン、そして70周年限定モデル2500本(国内1000本、海外1500本)に用いられるゴールドのグラデーションがあります。ヴィンテージ感を醸すゴールドのグラデーション文字板は、オリエントが1970年代に発売して一世を風靡した人気の『ジャガーフォーカス』モデルの鮮やかなグラデーション文字板をモチーフとしています。またブルー×レッドやグリーン×オレンジのように、2色を組み合わせた遊び心のあるベゼルも印象的です。いずれも高輝度蓄光塗料のルミナスライトを用いた針やアプライドインデックスにより暗い環境でも高い視認性が得られます。

  ダイバーデザインのモデルでは初の仕様となるブロンズ色のケース(RN-AC0K04E)は、ナイロンもしくは皮革(70周年限定モデル)の引き通しバンドを組み合わせてさらにトレンド感を強調し、従来のダイバーズウオッチのイメージにとらわれずに時計を楽しむ現代人の多様なニーズに応えるものになっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.orient-watch.jp/news/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エプソン販売株式会社 >
  3. 「ORIENT」から人気のダイバーデザインのモデルが4時位置りゅうずの新デザインで登場