滋賀県民必読! 「R-18文学賞」史上初の三冠受賞作・宮島未奈「ありがとう西武大津店」 彩瀬まる、都築響一ら豪華執筆陣がそろい踏み

4月22日発売の「小説新潮」5月号にて、第20回「女による女のためのR-18文学賞」を特集します。大賞・読者賞・友近賞の史上初の三冠を果たした受賞作のほか、歴代受賞者による短編競作もお楽しみいただけます。
 

「小説新潮」5月号 4月22日発売「小説新潮」5月号 4月22日発売


 第20回という節目の年を迎えた「女による女のためのR-18文学賞」。先日、本屋大賞を受賞した町田そのこさんを始め、多くの人気女性作家たちを輩出してきた本賞において、宮島未奈さんの「ありがとう西武大津店」が史上初の三冠受賞(大賞・読者賞・友近賞)を果たしました。
 
 コロナ禍の中で惜しまれつつも閉店した実在の百貨店「西武大津店」を舞台に、女子中学生らのひと夏の青春を描いた受賞作を、今号では一挙掲載。選考委員である辻村深月さん、三浦しをんさん、友近さんらが選評を寄せ、さらに彩瀬まるさん、一木けいさん、白尾悠さんら歴代受賞者が「官能」をテーマに据えた短編に挑戦しました。
 
 『処女の道程』の刊行を記念した酒井順子さんと柚木麻子さんの対談、ラブドールに扮する人々の心理を追う都築響一さんの特別ルポなど、盛りだくさんな「R-18文学賞」特集。ぜひ、お楽しみください。


「小説新潮」2021年5月号
【発売日】2021年4月22日(木)
【本体価格】909円(定価1000円)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 滋賀県民必読! 「R-18文学賞」史上初の三冠受賞作・宮島未奈「ありがとう西武大津店」 彩瀬まる、都築響一ら豪華執筆陣がそろい踏み