【調査リリース】全国1000人が選ぶ2018年ワースト不祥事ランキング、1位は「日大アメフット問題」に 続発する「スポーツ界の不祥事」にも関心―月刊『広報会議』調べ

2位以下は「『はれのひ』の営業中止」「レスリング・伊調馨選手パワハラ告発」「文科省・東京医科大学の裏口入学と入試不正」

広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(株式会社宣伝会議発売、社会情報大学院大学出版部発行)は11月、2018年に発覚した企業・団体・個人の不祥事に関し、全国1000人の男女(20~60代)を対象に、「最もイメージダウンした出来事」についてアンケート調査を実施しました。
2018年1月~10月に発覚した不祥事18事例(※)のうち、著しくイメージダウンした出来事を上位3例まで選択してもらったところ、1位は「日大アメフット部悪質タックル問題」(58.1%)に。以下、「『はれのひ』成人式の日に突然の営業中止」(48.2%、2位)、「レスリング・伊調馨選手、栄和人氏をパワハラ告発」(22.6%、3位)、「文科省・東京医科大学の裏口入学と相次ぎ発覚した入試不正」(18.5%、4位)と続きました。
(※)調査対象とした18事例は、編集部が危機管理の専門家の監修のもと選定。
 

月刊『広報会議』誌面より月刊『広報会議』誌面より


【2018年 イメージダウンした不祥事ランキング】
(括弧内は回答者1000人中の選択者数の割合)
1位:日大アメフット部 悪質タックル問題(58.1%)
2位:「はれのひ」成人式の日に突然の営業中止(48.2%)
3位:レスリング・伊調馨選手、栄和人氏をパワハラ告発(22.6%)
4位:文科省・東京医科大学の裏口入学と相次ぎ発覚した入試不正(18.5%)
5位:スルガ銀行がシェアハウスに不正融資発覚(17.5%)
6位:日本ボクシング連盟、内部告発と助成金の流用問題(16.8%)
7位:SUBARU・日産・スズキなど自動車メーカーの品質不正(15.0%)
8位:体操界におけるパワハラ告発問題(11.2%)
9位:中央省庁や自治体の障害者雇用水増し問題(11.1%)
10位:財務省・福田事務次官セクハラで辞任(10.4%)
 
<ランキングの詳細、それぞれ選択した理由は、PDF版をご覧ください>
PDF版のリリースはこちらから http://urx2.nu/O6GE

2018年は、2017年下半期に引き続いて「データ改ざん問題」が相次ぎ、「組織風土」や「コンプライアンス」が問われました。特に、その流れがスポーツ界にも波及したのが特徴です。日大アメフット問題やレスリングのパワハラ問題など、スポーツチームに古くからある組織構造や慣習に起因する不祥事が続き、世間からの厳しい目が向けられました。

【参考1:2018年にスポーツ界で発生した主な不祥事】
1月 カヌー・スプリント男子選手、禁止薬物混入事件
3月 レスリング伊調馨選手が栄和人氏をパワハラ告発
4月 バドミントン実業団元監督、賞金の私的流用が発覚
5月 日大アメフット部の悪質タックル問題
7月 日本ボクシング連盟、内部告発と助成金の流用問題
8月 全日本剣道連盟の金銭授受問題
  バスケ日本代表選手の買春問題
  体操界におけるパワハラ告発問題

【参考2:過去の同一調査のランキング結果】
■2017年 豊田氏「このハゲー!」、大手メーカーの不正が上位に

1位:豊田真由子氏が元秘書に暴言「このハゲー!」(51.8%)/2位:神戸製鋼のデータ改ざん問題(40.2%)/3位:日産自動車の無資格検査発覚(37.0%)/4位:元SPEED・今井絵理子議員の不倫騒動(31.9%)/5位:旅行業者「てるみくらぶ」倒産(26.9%)/6位:東芝で相次いだ決算発表延期(24.3%)/7位:惣菜店「でりしゃす」O157感染問題(17.1%)/8位:ヤマト運輸値上げと残業代未払い(11.6%)/9位:SUBARUの無資格検査発覚(9.4%)/10位:タカタの民事再生法申請(7.2%)

※詳細は下記も併せてご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000152.000002888.html

■2016年 舛添要一・ベッキー・電通問題に注目
1位:舛添要一・前東京都知事の政治資金問題(39.1%)/2位:ベッキー&ゲスの極み乙女。川谷の不倫騒動(37.7%)/3位:電通の新入社員・過労死問題(31.2%)/4位:三菱自動車・燃費偽装問題(28.1%)/5位:東京都・豊洲新市場の欠陥問題(24.9%)/6位:高畑裕太・強姦致傷で逮捕(23.8%)/7位:慶應義塾大学の女子学生集団暴行事件(20.5%)/8位:SMAP解散騒動(15.5%)/9位:東大生が強制わいせつ容疑で逮捕(13.6%)/10位:はごろもフーズ・異物混入問題(9.9%)

※詳細は下記も併せてご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000002888.html

■2015年 「傾きマンション」・マクドナルド・東京五輪エンブレムがトップ3に
1位:旭化成建材・三井不動産「傾きマンション」(67.2%)/2位:マクドナルド・異物混入(39.2%)/3位:東京五輪エンブレム問題(35.2%)/4位:フォルクスワーゲン・排ガス不正(33.0%)/5位:東芝・不正会計(27.4%)/6位:日本年金機構 情報流出(23.0%)/7位:大塚家具・お家騒動(21.0%)/8位:読売巨人軍・野球賭博関与(19.4%)/9位:東洋ゴム工業・免震ゴム偽装(15.4%)/10位:タカタ・エアバッグ異常破裂(13.8%)

※詳細は下記も併せてご覧ください。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000002888.html

■2014年 小保方氏・野々村元県議・佐村河内氏の3人が上位
1位:理化学研究所・小保方晴子氏の不正論文(67.4%)/2位:野々村竜太郎元県議・政務調査費不正使用(47.6%)/3位:「両耳の聞こえない作曲家」佐村河内守氏がゴーストライター疑惑で謝罪(36.6%)/4位:マクドナルド・使用期限切れの鶏肉使用(35.0%)/5位:ベネッセコーポレーション・個人情報流出(31.8%)/6位:朝日新聞社「吉田調書」、慰安婦関連記事取り消し謝罪(25.6%)/7位:東京都議会議員によるセクハラ野次(12.2%)/8位:「すき家」従業員過重労働問題(12.0%)/9位:アクリフーズ(マルハニチロ子会社)冷凍食品から農薬検出(11.0%)/10位:「たかの友梨」パワハラ騒動(4.8%)

※詳細は下記も併せてご覧ください。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000002888.html

_______________________
【本調査について】
■調査概要
広報会議編集部「2018年に発覚した企業・個人の不祥事」に関するアンケート
調査方法:インターネットリサーチ/対象:全国、20~69歳の男女(平成27年国勢調査による、エリア×性別×年代別の人口動態割付)/期間:2018年11月8日~9日/有効回答数:1000

■本調査は、広報・PRの専門誌『広報会議』(毎月1日発売)の2019年1月号(2018年12月1日発売号)に掲載の巻頭特集「危機管理広報2019」の中で実施したものです。特集内では、ランキング結果を踏まえて危機管理の専門家やジャーナリストらが広報対応の重要性について解説しています。
 



当該号の目次はこちら
https://www.amazon.co.jp/%E5%BA%83%E5%A0%B1%E4%BC%9A%E8%AD%B02019%E5%B9%B41%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B07K14BMT9

■「広報会議」について
○発売元/株式会社宣伝会議 ○発行元/社会情報大学院大学出版部
○判型/A4変型、平とじ、144ページ ○定価/1,300円(税込)
○販売/全国有力書店ならびに定期購読○主要読者/経営者、広報担当者、PR会社、宣伝担当者、マーケター、ブランドPR、広告会社、経営コンサルティング会社、調査会社、ブランドコンサルティング会社、学生、地方自治体など 〇発行部数/5万部
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社宣伝会議 >
  3. 【調査リリース】全国1000人が選ぶ2018年ワースト不祥事ランキング、1位は「日大アメフット問題」に 続発する「スポーツ界の不祥事」にも関心―月刊『広報会議』調べ