世界的メンズファッションブランド「yoshiokubo」と初コラボレーション!書道の墨や松など日本らしい“和”の要素を落とし込んだスニーカーが登場

「Reebok×yoshiokubo」2020年10月9日(金)発売

グローバルフィットネスブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9番10号、アディダス ジャパン内)は、独創的なデザインで注目を集める日本発のメンズファッションブランド「yoshiokubo(ヨシオクボ)」との初コラボレーションとして、リーボックを代表するスニーカーをベースに採用したスペシャルモデル「Reebok × yoshiokubo(リーボック × ヨシオクボ)」を、2020年10月9日(金)に発売します。

■「Reebok × yoshiokubo」について
今回登場するシューズは、独創的なカッティングやグラフィックデザインで世界的に注目を集める、日本発のメンズファッションブランド「yoshiokubo」と初のコラボレーションモデルです。リーボックを代表するアイコンモデル「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」と、今年35周年のアニバーサリーを迎えた「CLUB C(クラブ シー)」をベースに採用しており、今年1月に開催されたパリでのランウェイショウにてお披露目され、大きな話題を呼びました。

今作の2つのモデルでは、日本の伝統的な文化要素をデザインに落とし込んでいます。このデザインには、日本が誇る古くからの文化について、より多くの人に興味を示して欲しいというデザイナーの久保嘉男氏の願いが込められています。最も注目すべきポイントは、ヒールに施された誰にも模倣できないフォントで描かれた「リーボック」の文字です。墨汁と筆で書かれたようなカタカナのカリグラフィーは、日本をはじめ東洋の伝統や美学の一つでもある「書」をイメージしています。この文字は、本コラボレーションを行うにあたり、久保氏の父親が筆を取って書き下ろしたものです。墨汁が持つ特有の深みは、様々な”黒”を表現することに長けていると久保氏は感じており、今作では「リーボック」のブランド名だけにとどまらず、墨汁がはねたようなデザインを施したソール部分や、アッパーなどボディ全体に”ボクジュカラー”を採用し、ムラ染めしたような奥行きのあるカラーリングを実現しました。

▲「盆栽」のアイコンと「リーボック」の刺繍▲「盆栽」のアイコンと「リーボック」の刺繍

また、近年では世界中で愛されている日本の文化である、「盆栽」や「家紋」といったアイコンがさりげなく刺繍されている点にも注目です。「家紋」のデザインは、実際の久保家の家紋とリーボックのアイコニックなロゴとして知られる「スタークレスト」を掛け合わせた特別仕様となっています。

■久保嘉男氏コメント
「INSTAPUMP FURY」は、特別な存在感を放つ、スニーカー史の中でも革新的なデザインのシューズです。今回は、アッパーからヒールにかけて、墨汁で荒々しくスニーカーを塗っていったような意匠を持つ一足としました。墨汁の持つ様々な黒の表情が「INSTAPUMP FURY」の強さを引き立てるようなデザインとなっています。
一方で、ワールドワイドに愛され続けている汎用性の高いスニーカー「CLUB C」は、墨汁の水たまりを踏んだかのようなドリッピングが特徴の一足です。「CLUB C」本来の魅力を損なうことの無いよう、削ぎ落としたデザインに仕上げました。

【デザイナー久保嘉男氏について】
2000 年にPhiladelphia University’s School of Textile & Science を卒業後、NY のオートクチュールデザイナー、ロバート・デンス氏のもとでコレクション制作に携わる。2004 年に帰国し、同年9 月に自身のブランド「yoshiokubo」 を設立。2017 年1 月には、ジョルジオ・アルマーニと伊ファッション協会の支援を受け、ミラノにて「yoshio kubo Fall/Winter 2017 collection」をランウェイ形式で発表。以後ミラノコレクションやパリコレクションなどでコレクションを発表し、世界のファッションシーン最前線で活躍を続けている。
「yoshiokubo」では、久保氏自身の “今まで見た事のないパターンやディテールを追求したい” という思いを、クチュール時代に培った確かな技術を駆使し、自身のコレクションに投影。“服のデザインやディテールをもう一度考えてもらいたい”という願望のもと、上質なパターンときめ細やかな裁縫技術をベースに、衣服としての機能を重視した着心地よい日常着を提案している。

■商品概要

名称:INSTAPUMP FURY OG – YKGF(インスタポンプフューリー YKGF)
●品番/カラー:[FY3044]ブラック/ホワイト/ブラック
●サイズ:22.0cm~31.0cm
※22.5cm と30.5cm の展開はございません。
●自店販売価格:¥22,000(税込)

名称:CLUB C 85 - YKGF(クラブシー 85 YKGF)
●品番/カラー:[FY3038]ブラック/ホワイト/ブラック
●サイズ:22.0cm~31.0cm
※30.5cm の展開はございません。
●自店販売価格:¥15,400(税込)

●発売日:2020 年10 月9 日(金)
●販売店舗:
・リーボック オンラインショップ(https://reebok.jp
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名
古屋みなとアクルス)
・リーボック フィットハブ(ららぽーとEXPOCITY、博多キャナルシティオーパ)
・ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/reebok/
・Rakuten Fashion(https://brandavenue.rakuten.co.jp/ba/shop-reebok/
・Locondo(https://www.locondo.jp/shop/in-shop/SREB1055D
・atmos-tokyo.com / Billy's 各店/KICKS LAB. / mita sneakers(※FY3044 のみ)/ LOVELESS / MIDWEST / Sneakersnstuff Tokyo Store / UPTOWN Deluxe
・yoshiokubo OFFICIAL WEBSITE(https://yoshiokubo.jp

【読者、一般のお客様からのお問い合わせ先】
リーボック アディダスお客様窓口
0570-033-033 (電話受付 平日9:30~18:00)
https://reebok.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リーボック アディダスグループ >
  3. 世界的メンズファッションブランド「yoshiokubo」と初コラボレーション!書道の墨や松など日本らしい“和”の要素を落とし込んだスニーカーが登場