プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社東北新社
会社概要

全国のお城ファンが選んだ!「2024年に行きたい!お城ファンの“推し城”20」を発表!

株式会社東北新社

お城情報WEBメディア「城びと」(運営:株式会社東北新社、東京都港区・小坂恵一社長)は、来たる城の日(4月6日)を記念して、「城びと」を利用している全国のお城ファンの方876人を対象に2023年に実施したアンケート結果をもとに「2024年に行きたい!お城ファンの“推し城”20」を発表しました。

お城ファン876人が「推しの城」を投票!結果をもとに「2024年に行きたい!お城ファンの“推し城”20」を発表

2024年に行きたい!お城ファンの“推し城”202024年に行きたい!お城ファンの“推し城”20

お城ファンが自分の「推しの城」に投票する「Castle of the Year」は、2019年にスタートし、毎年「テーマにあわせたお城ファンの推しの城」をランキング形式で発表する、お城情報WEBメディア「城びと」の人気企画です。今回は、「2023年に最も心を熱くしたお城」をテーマに、「城びと」を利用している全国のお城ファンに対し、日本100名城・続日本100名城の計202城の中から、「推し城」を1人2城投票していただきました。その結果をもとに、「2024年に行きたい!お城ファンの“推し城”20」を発表いたしました。


お城ファンの推し城ランキング(今回テーマ:最も心を熱くしたお城、前回テーマ:今行ってみたいお城)お城ファンの推し城ランキング(今回テーマ:最も心を熱くしたお城、前回テーマ:今行ってみたいお城)

お城ファン876人の投票による「推し城」は、江戸時代までに建てられた天守が現在まで残る現存12天守のお城が上位を占めるなか、石垣や堀のみが残る山城も健闘。実際にお城を目にした時の、たたずまいや歴史に思いをはせた熱いコメントが多く集まりました。また、イベントやNHKの大河ドラマ『どうする家康』をきっかけに、お城めぐりを楽しんでいるコメントも目立ちました。


1位は、2023年に世界遺産登録30周年を迎えた姫路城。2年ぶりに首位に返り咲きました。「お城と言ったら思い出す、日本一美しい城だと思う」「多くの武将たちの歴史を“今”生きる私たちが感じられるというのが形容し難い気持ちにさせられます」など、“白鷺城”とも呼ばれるその美しい佇まいと歴史に思いをはせるコメントが多く集まりました


2位は、昨年まで2年連続1位だった松本城。1位との差はわずかで、その人気の程がうかがえます。「とにかく美しい…どこから撮っても絵になるお城です」「北アルプスとの対比は、最高の景色」「五重天守は見る角度によって印象が変わる」など、雄大な北アルプスを借景とする絵画のような美しさを称える声が目立ちました。


3位は「天守の外側を歩けるなんて意外でした。 歴史の人になった気持ちで歩きました。 景色の広大さ、風の強さ、天守までの階段の高さ、全てに胸が熱くなりました」といったコメントとともに、3年連続で犬山城がランクイン。犬山城の城下町はフォトジェニックなスポットとしても人気です。


そして、同じく3年連続4位は熊本城。「行く度に違う姿を見ることができ、復興が少しずつ進んでいることを感じて嬉しくなります。また竹の丸から荘厳な石垣越しの天守を見られる日が来るのを楽しみに待ってます」など、2016年の熊本地震からの復興の歩みに、力強さや希望を感じるコメントが寄せられました。


また、7位の安土城、9位の苗木城をはじめ、竹田城(15位)、山中城(17位)などの建物が残っていない山城の魅力を語る声も多く、「2023年度訪ねた中でも、強烈でした。城郭がなくてもこんなに歴史の一端を想像させられるなんて、ほんとにすごかったです」(安土城)、「木曽川越し遠景で一発で軍事要塞だと認識できる。今でさえ異様なのに、当時はどれほどの迫力であったろうなどと想像を掻き立てられる」(苗木城)、「残された石垣にロマンを感じます」(竹田城)、「ワッフル!ワッフル! 縄張りを見てるだけでも1日過ごせます」(山中城)と、圧倒的な迫力の石垣や堀を称賛するコメントが目立ちました。


さらに、岡山城が初めてトップ10にランクイン!「令和の大改修で綺麗になった烏城格好良い」「わかりやすい解説展示とともに、エンターテイメント性もあり、小学一年生の息子も楽しむことができた」と、2022年のリニューアルを機に多くの方が足を運び、その魅力を再発見した様子がうかがえました。


2023年は、NHKの大河ドラマ『どうする家康』も盛り上がりました。12位の名古屋城は関ヶ原の戦いで勝利を収めた徳川家康が築き、尾張徳川家の居城として栄えた城。「数ある日本の城の中でも、絢爛豪華さではTOPクラス」「日本の城としての完成形だと思います」とのコメントが寄せられました。また、終盤のエピソードで印象的に登場した名護屋城は、「『どうする家康』でもタイムリーな時期に訪れたから。兵どもが夢の跡をみることができた」と前回ランキング圏外から14位へとジャンプアップ。大河ドラマに登場したお城への注目も高い結果となりました。


「城びと」はこれからも、さまざまなお城の情報をお届けし、皆さまがお城を楽しんでいただける場となることを目指してまいります。


【2024年に行きたい!お城ファンの“推し城”20】  

姫路城/兵庫県姫路市

松本城/長野県松本市

犬山城/愛知県犬山市

熊本城/熊本県熊本市 

彦根城/滋賀県彦根市

備中松山城/岡山県高梁市 

安土城/滋賀県近江八幡市 

松江城/島根県松江市  

岡山城/岡山県岡山市

苗木城/岐阜県中津川市

会津若松城/福島県会津若松市

名古屋城/愛知県名古屋市 

小田原城/神奈川県小田原市

名護屋城/佐賀県唐津市

竹田城/兵庫県朝来市

松山城/愛媛県松山市 

山中城/静岡県三島市  

五稜郭/北海道函館市 

高知城/高知県高知市  

弘前城/青森県弘前市


「城びと」では、上位1~30位のお城の解説や、投票いただいた城びとユーザーの方々のお城愛あふれるコメントを一部抜粋し紹介する記事を公開。お城ファンならではのおすすめポイントにも注目です。詳細は、城びとにてご覧ください。


【1~9位】お城ファンが「心を熱くした」推し城は? Castle of the Year 2023 

https://shirobito.jp/article/1950


【12~20位】お城ファンが「心を熱くした」推し城は? Castle of the Year 2023

https://shirobito.jp/article/1949


【21~30位】お城ファンが「心を熱くした」推し城は? Castle of the Year 2023

https://shirobito.jp/article/1948


【アンケート概要】

●調査期間:2023年11月3日~2023年12月31日

●調査対象:876人(「城びと」読者の男女)

●調査方法:「城びと」読者を対象にインターネット調査を実施。日本100名城、続日本100名城の計202城から、自身の「castle of the year」(2023年のテーマは、「今年もっとも心を熱くしたお城」)を2城選び、投票いただいたものを集計。


■「城びと」とは?

「城びと」はお城めぐりや歴史旅に行きたくなる情報を発信するWEBメディアです。2017年12月、 日本最大級のお城ファンの祭典「お城EXPO」をきっかけに誕生しました。スペシャリストやお城・歴史ファンの方々によるお城や歴史に関する記事のほか、城下町など周辺の観光、ご当地グルメ、温泉、イベント情報など、お城旅を楽しむ情報をお届けします!

https://shirobito.jp/


※日本100名城、続日本100名城は公益財団法人日本城郭協会選定

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://shirobito.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社東北新社

17フォロワー

RSS
URL
https://www.tfc.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区赤坂4丁目8番10号
電話番号
-
代表者名
小坂 恵一
上場
東証スタンダード
資本金
-
設立
1961年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード