越境EC支援のジグザグ、歌舞伎グッズ専門EC「松竹歌舞伎屋本舗」にWorldShopping BIZを導入。多言語サポート、海外配送などコロナ禍のインバウンド消費の落ち込みをウェブインバウンドで支援

~日本のエンターテインメントを世界へ。世界中の欲しいに応える〜

株式会社ジグザグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:仲里一義)は、松竹株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:迫本 淳一)が運営する「松竹歌舞伎屋本舗公式通販サイト」において、JavaScriptタグ1行で越境EC対応を実現するサービス『WorldShopping BIZ チェックアウト』を2021年5月より提供開始いたしました。

『松竹歌舞伎屋本舗公式通販サイト』(https://kabukiyahonpo.com)は、海外販売(越境EC)対応のパートナーとして、多言語対応、海外決済、海外配送を一気通貫で行うジグザグの『WorldShopping BIZ チェックアウト』を採用。これにより、JavaScriptタグを1行追加するだけで、特別な開発や運営オペレーションの変更を一切伴わずに、世界125ヵ国に向けての海外販売対応が実現します。
  • 各社コメント
■ 松竹歌舞伎屋本舗公式通販サイト 担当:野水能之コメント
コロナ禍において、訪日外国人によるインバウンド需要が大きく落ち込む中、ECサイトの位置づけは大きく変化しました。今まで松竹歌舞伎屋本舗公式サイトに訪れていなかった海外のお客様も日本国内在住の知人を通じて購入されるケースも増加しております。
そこで歌舞伎関連商品や和雑貨などより多くの人に知ってもらうため、「ウェブインバウンド」に対応するべくジグザグ様のサービス『WorldShopping BIZ チェックアウト』に参加することとなりました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で訪日することができない海外のお客様に向け、よりよいサービスを展開していきたいと思っております。

■ 株式会社ジグザグ 代表取締役 仲里一義 コメント
日本を代表する伝統芸能である「歌舞伎」に関連する様々なグッズを世界中のユーザーに届けるという挑戦に携わることができて大変嬉しく思います。コロナ禍で失われたインバウンド消費は「本当は欲しい人がいるのに、直接は買えない状況」とも言い換えることができます。そして、その課題を解消するのはインターネット、そしてイーコマースだと考えています。日本の伝統や文化に触れてもらうきっかけとして字幕付きの舞台映像配信や漫画コンテンツとのコラボなど様々な取り組みを行っている松竹株式会社様の、新たな販路を切り開く挑戦となる「ウェブインバウンド」の活性化を支援するべく、海外販売のパートナーとして努めてまいります。

        左:松竹歌舞伎屋本舗公式通販サイト 野水様、右:ジグザグ 仲里
 
  • 松竹歌舞伎屋本舗公式通販サイト:概要
本店を東京駅一番街に構え、歌舞伎グッズを中心に様々な和雑貨商品を取り揃える『松竹歌舞伎屋本舗』の公式オンラインショップです。劇場の人気商品をはじめ、お土産や贈り物にぴったりの商品、歌舞伎の書籍やDVDなど豊富な商品を販売しています。

松竹歌舞伎屋本舗公式通販サイト:https://kabukiyahonpo.com

 
  • WorldShoppingBIZ チェックアウト:サービス概要
『WorldShopping BIZ チェックアウト』は、海外販売をはじめたいすべての事業者に対して、多言語対応・海外決済・海外配送までを一気通貫で提供する越境EC対応サービスです。

サービスページURL:https://www.worldshopping.biz

【主な機能】
多言語対応 ・・・海外IPアドレスとブラウザ言語を識別し、海外ユーザーに最適化された「多言語ナビゲーション」「かな入力が不要なフォーム」などを表示させ、WorldShopping専用カートで注文を受け付けます。
海外決済 ・・・主要クレジットカード、Paypal/銀聯カード/Alipay/AmazonPayなど多様な決済手段に対応しています。
海外配送 ・・・インボイスの作成、国際郵便の手配をWorldShopping(ジグザグ社)が行います。
その他    ・・・カスタマーサポートもWorldShopping(ジグザグ社)が行います。
  • WorldShoppingBIZ チェックアウト:サービス提供の背景と市場の課題
経済産業省は、越境EC(インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引)の世界の市場規模は、9,123 億USドル(約96兆7,781億円)と推計し、その値は 2027 年には 4 兆 8,561 億USドル(約515兆1,569億円)にまで拡大し、その間の年平均成長率は約 27%と予測しています。※経済産業省 2020年7月発表「令和元年度 内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)」より

日本語のECサイトにもすでに数パーセントの海外アクセスが存在するものの、越境ECを行う上で多言語入力フォームへの対応・海外決済・不正決済対応・海外物流・運営ノウハウ不足により海外販売対応できないことが課題となっています。「WorldShopping BIZ」ではそれらの課題を解消し、国内ECサイトが簡単にウェブインバウンドに対応し、国内の良いものを世界中に届けるため、越境EC支援事業に取り組んでまいります。
  • 企業情報
会社名  : 株式会社ジグザグ
URL    : https://www.zig-zag.co.jp
代表取締役: 仲里 一義
所在地  : 東京都渋谷区桜丘町14-1 ハッチェリー渋谷
設立   : 2015年6月24日
事業内容 :
・WorldShopping BIZ チェックアウト:越境EC支援事業、国内事業者向けサービス
 https://www.worldshopping.biz
・WorldShopping Global:購入販売代行事業、海外ユーザー向けサービス
 https://www.worldshopping.global
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジグザグ >
  3. 越境EC支援のジグザグ、歌舞伎グッズ専門EC「松竹歌舞伎屋本舗」にWorldShopping BIZを導入。多言語サポート、海外配送などコロナ禍のインバウンド消費の落ち込みをウェブインバウンドで支援