「K-1 WORLD GP」12.3(土)大阪 黒田斗真が初代バンタム級王座決定トーナメント優勝!軍司泰斗・KANA・金子晃大がスーパーファイトで勝利、サッタリがラテスクにKO負けする波乱

全試合結果:https://www.k-1.co.jp/result/16582/

12月3日(土)エディオンアリーナ大阪にて「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~初代バンタム級王座決定トーナメント~」が開催されました。

今大会ではK-1最軽量級=バンタム級の初代王座を巡る初代バンタム級王座決定トーナメントが行われ、日本・海外の強豪8選手がワンデートーナントで激突しました。

トーナメント決勝に勝ち進んだのは石井一成(@issei_0915)と黒田斗真(@touma1231k1)。
石井は一回戦でオスカル・ボルケスをKOすると、準決勝では現Krushバンタム級王者・池田幸司との激しい打ち合いを制して決勝に勝ち上がります。

石井一成石井一成

一方の黒田は一回戦でタイの強豪ヨーシラー・チョー.ハーパヤックを下すと、準決勝で壬生狼一輝との3度目の対戦に勝利して決勝進出となりました。決勝は延長までもつれる接戦になるも、黒田がスプリット判定で勝利して初代王座に就きました。

 

黒田斗真黒田斗真

黒田斗真の試合後マイクでは、
「K-1バンタム級初代チャンピオンの黒田斗真です。トーナメントで石井選手とかが注目されてる中でしたが、見たか、ボケ! 53kgバンタム級は黒田斗真が引っ張っていくので、よろしくお願いします。今日は応援に来てくれたみなさん、ありがとうございました」
と喜びと感謝を述べました。

黒田斗真黒田斗真

中村拓己K-1プロデューサーは、
「今日の大阪大会がK-1 JAPAN GROUP、K-1としては最後の大会だったんですけど、トーナメントから強豪外国人選手が来てのスーパー・ファイト、日本人同士のワンマッチとK-1が今皆さんに提供できる最高のカードを準備してそれに見合う大会になったんじゃないのかなと思います。
バンタム級のトーナメント、決勝に関しては石井一成選手と黒田選手が勝ち上がって、いろんな選手がいる中で、二人が決勝に勝ち上がるだろうなと予想してた人が多い、そういったカードが実際に二人が力で実現させた決勝、トーナメントだったと思います。決勝に関しては延長までもつれて延長もスプリットだったんですけど、本当に差がない試合だったかなと思います。結果は結果で黒田が勝ってチャンピオンというのは変わらないと思うんですけれど、ルール上ないんですけどもう1R、延長を見てみたいなとか、それぐらい競った試合だったんじゃないのかなと。黒田選手、バンタム級日本最強決定トーナメントを優勝してTHE MATCHで敗戦をしてここ1年、2年でいろんな経験をした選手だと思うんですけども、最終的にこのワンデイトーナメントでチャンピオンになって、K-1チャンピオンとしての試合が続いていくことになりますし、ここからが彼にとって本番だと思うので、また彼がチャンピオンとしてどうなっていくのかというのを皆さんに見守っていただきたいと思います。
石井選手も今日はベルトに手が届きませんでしたけども、彼がK-1で戦うことを選んでくれたからこそ、バンタム級が盛り上がって、結果的にベルトを作ってトーナメントをやるというところまできました。今日の戦いぶりもK-1を体現してくれたと思うので石井選手もこれから次のK-1での展開を考えていきたいと思います。
池田選手、壬生狼選手も準決勝で敗退しましたけど、持ち味が出たトーナメントだと思いますし、外国人で言ったらヨーシラー選手ですね。今回タイ人の選手、一番実力派で強いんじゃないかなと思ったんですけど、そのとおりの試合で彼もこのバンタム級の輪の中に入ってくると思いますので、ぜひヨーシラー選手も含めてバンタム級の今後の試合を考えていきたいなと思います。本当に今日戦った日本人選手とヨーシラー選手、またこれから外国人選手も来ると思うので、その選手たちと色々考えていきたいと思います。」
と総括しました。


スーパーファイトではフェザー級の軍司泰斗、クルーザー級のシナ・カリミアン、女子フライ級のKANA、スーパー・バンタム級の金子晃大と各階級のK-1王者たちが世界の強豪と激突。
軍司は中国のワン・ジュングァンを判定で下し、KANAはフランスのオロール・ドス・サントス、金子はタイのキリルアン・チョー.ハーパヤックをKOで撃破。カリミアンとブラジルのカルロス・ブディオの一戦はブディオの後頭部の攻撃により、カリミアンの反則勝ちに終わりました。

軍司泰斗軍司泰斗

金子晃大金子晃大

シナ・カリミアンシナ・カリミアン

そのほかのワンマッチでは、マハムード・サッタリがK-1初参戦のステファン・ラテスクにKO負けする大波乱。玖村将史は“欧州の若き三冠王”イスマイル・アル・カディを三日月蹴りでKOし、ジョムトーン・ストライカージムと与座優貴は揃って勝利を収め、それぞれタイトル挑戦に向けて大きく前進しました。

玖村将史玖村将史

マハムード・サッタリマハムード・サッタリ

なお今大会ではK-1公式応援ギャルのゆうちゃみさんと妹のゆいちゃみさんが第7試合(玖村修平vs斗麗)にスペシャルラウンドガールとして登場し、大会を盛り上げました。

 

尚、本大会を見逃してしまった方も、当日の大会試合動画はK-1公式YouTubeチャンネルおよび(https://www.youtube.com/k1wgp_pr)、CSチャンネル「GAORA SPORTS」にてご覧いただけますので、皆さんどうぞご覧ください。
 
  • 今後の放送予定
<放送概要>
◇GAORA - CSスポーツチャンネル
https://www.gaora.co.jp/fight/3408800
番組名 「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」
<放送スケジュール>
12月18日(日) 14:30 ~ 23:00
12月30日(金) 13:30 ~ 22:00

実況席メンバー
魔裟斗(K-1 WORLD MAX2003・2008世界王者)
ゆうちゃみ(K-1公式応援ギャル)
平子祐希(お笑い芸人/アルコ&ピース)
佐藤嘉洋(K-1 WORLD MAX 2006・2007日本王者)

 
  • 「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~初代バンタム級王座決定トーナメント~」概要
◆日 時      2022年12月3日(土)
◆会 場      エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)
◆主催・著作    K-1実行委員会
◆企画・制作    ㈱M-1スポーツメディア
◆運 営      ㈱グッドルーザー
公式Twitter:https://twitter.com/k1wgp_pr
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/k1wgp_pr

☆全試合結果・写真・レポートはこちらよりご確認ください
https://www.k-1.co.jp/schedule/16582/

 
  • 【次回 大会情報】2023年3月12日(日)K-1 WORLD GP 2023 JAPAN ~K’FESTA.6~
◆日 時      2023年3月12日(日)
◆会 場      国立代々木競技場 第一体育館
◆主催・著作    K-1実行委員会
◆企画・制作    ㈱M-1スポーツメディア
◆運 営      ㈱グッドルーザー
◆お問合せ           
https://www.k-1.co.jp/contact/
㈱グッドルーザー tel.03-6450-5470
◆公式サイト
https://www.k-1.co.jp/schedule/16595/
(2022.12.4現在)

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. K-1実行委員会 >
  3. 「K-1 WORLD GP」12.3(土)大阪 黒田斗真が初代バンタム級王座決定トーナメント優勝!軍司泰斗・KANA・金子晃大がスーパーファイトで勝利、サッタリがラテスクにKO負けする波乱