プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社インタラクティブメディアミックス
会社概要

「髪の毛が育つ」薄毛に悩む方必見!毛包「再稼働エンジン」発見

「ALDH2(アルデヒド脱水素酵素)」活性後のエネルギー生産、酸化ストレス緩和により毛髪成長期へ

株式会社インタラクティブメディアミックス(IMX)

ALDH2を活性化することで酸化ストレスを減らし、β-カテニンを増加させて毛包を成長期に導くことができるとソウル大学研究チームは明らかにした。

髪を作り出す工場である「毛包」は成長期と退行期を経て働きを止める時期(休止期)を持つ。 休止期以降、新たに成長期が訪れてこそ、髪が再び成長するが、この過程に進まないと薄毛状態になる。 ところが、休止期の毛包を成長期に変えることができる方法が韓国の研究チームにより明らかになった。 薄毛治療法の新しいパラダイムになるのではないかと注目されている。

ソウル大学病院皮膚科クォン・オサン教授、イ・スンヒ博士はミトコンドリア(細胞呼吸を担当する細胞小器官)の中にあるアルデヒド脱水素酵素(ALDH2; Aldehyde Dehydrogenase2)を効果的に活性化して細胞内エネルギー代謝とATP(Adenosine Triphosphate)生産を促進させ、髪の成長サイクルを調節できる可能性を確認したと17日明らかにした。 ATPは生命体を作動させる化学エネルギーを指す。

アンドロゲン性脱毛は世界的に一般的な脱毛タイプの一つで、ホルモン・遺伝・環境要因で髪が細くなり、毛周期(成長期→退行期→休止期→成長期)が妨げられて発生する疾患である。 ALDH2は有害物質アセトアルデヒドを分解、酸化ストレスを緩和する酵素である。 ミトコンドリアの損傷による酸化ストレスは脱毛に関連していることが分かった。

研究チームはALDH2の毛髪成長と酸化ストレス減少効果を評価するためにALDH2活性化剤(Alda-1)を活用した実験を行った。

休止期毛包と成長期毛包におけるALDH2発現の比較 免疫染色分析の結果、主に毛包の最も外側の層(毛包上皮細胞層)で成長期にALDH2が明らかに見られた。 /資料=ソウル大病院

実験の結果、毛包のALDH2活性は、主に髪を作り出す毛包上皮細胞層で発現した。 休止期には発現が弱かったが、成長期に変わってから発現度が大きく増加した。 毛包のALDH2活性化が毛髪成長期誘導に重要な「再稼動エンジン」の役割を果たすという事実を明らかにしたのだ。

特に、ALDH2活性化は、毛包における酸化的リン酸化過程を経て休止期から成長期に転換する際に必要なエネルギー代謝に寄与するATP産生を増加させ、過剰な活性酸素を減らし、毒性酸化アルデヒド(4-HNE、MDA)を排除する 酸化ストレスを緩和することが確認された。

ヒト毛包器官培養モデルにおけるALDH2活性化剤(Alda-1)処理後に成長した髪の長さの比較 /資料=ソウル大病院
動物実験でALDH2活性化剤(Alda-1)を処理した後、髪の成長期に入った。 /資料=ソウル大病院

ヒト毛包器官培養実験、ラット実験結果でも、ALDH2活性化が成長期への進入を加速することが確認された。このような効果は、一般用医薬品の発毛剤に配合される主成分であるミノキシジル剤と同様のレベルだった。

また、ALDH2活性化が毛包形成・維持に関与する主要因子であるベータカテニン(β-Catenin)の増加を誘導し、アンドロゲン性脱毛だけでなく老化性脱毛など多様な脱毛症に共通に適用できる革新的な転換点を提示したと研究チームは説明した。この発見は、薄毛治療の分野における既存のパラダイムを変える重要な進展として評価された。

今回の研究は保健福祉部皮膚基盤事業団革新成長皮膚健康基盤技術開発事業とソウル大病院集中育成研究支援で行われた。世界的に著名な学術誌である「ジャーナル・オブ・アドベンスド・リサーチ(Journal of Advanced Research)」最近号にオンラインでも出版された。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S209012322300351X
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社インタラクティブメディアミックス

11フォロワー

RSS
URL
https://imx.ne.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都 品川区 北品川5丁目4番14号 イマス北品川ビル4階
電話番号
03-5447-8500
代表者名
孫 一亨
上場
未上場
資本金
-
設立
2001年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード