紙に関するアイテムが一堂に介する「紙博」に出展いたします。2017年4月15日~16日東京都立産業貿易センター台東館

日東電工株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役 取締役社長:髙﨑秀雄)のグループ企業である株式会社ニトムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:田中太)が展開する文房具ブランド「STÁLOGY」は、“紙”をテーマにしたイベント「紙博」(2017年4月15日~16日、東京都立産業貿易センター台東館)に出展いたします。

紙博は、“素材”としての紙、“雑貨”としての紙、“作品”としての紙など、世界中から魅力あふれる「紙」が集結する博覧会です。活版印刷の企業や文房具メーカー、クリエイターなど約50社が出展します。

当社は、薄くて軽い上質紙を使用した「365デイズノート」、透け感のある和紙素材の「マスキング丸シール」など12アイテムの出品を予定しております。
 
イベント概要
日時:2017年4月15日(土)10:30~17:00
2017年4月16日(日)10:00~16:00
会場:東京都立産業貿易センター台東館
入場料:500円(小学生以下無料)
公式サイト:http://kamihaku.jp
主催:株式会社手紙社

365デイズノート
薄い上質紙を採用した、ページ数が多くてもかさばらないノートです。365日分(368ページ)のノートとは思えないほどの薄さと軽さを実現しています。本文紙には、スケジュール管理に便利な日付・曜日、タイムライン欄などを印字しています。日記帳としても、スケジュール帳としても、アイデア次第で使い方が広がります。サイズは、A5、B5、A6、B6の4サイズ。A5サイズのみブラック、レッド、ブルー、イエロー計4色のカラー展開です。

マスキング丸シール
薄くて丈夫な和紙素材の半透明のシールです。和紙素材ならではの発色や質感が特徴で、
上から文字を書くこともできます。全18色あるので、スケジュール管理や識別にも便利です。重ね貼りすることで、多彩な色の変化が楽しめるため、描画用としても活用いただけます。

エディターズメモ
ふせんとしても活用できるメモ帳です。本文紙の上部にのりとミシン目がついているため、ミシン目で切り取るとふせんのようにノートなどに貼ることができるようになります。本文紙は、様々な筆記具と相性の良い上質紙を採用しています。裏表紙の紙が厚いので、片手で持ちながらメモ書きをするのにも適しています。

会社概要
会社名         :株式会社ニトムズ
設立            :1975年4月1日
本社住所     :東京都品川区東品川4丁目12番4号 品川シーサイドパークタワー7階
代表者         :代表取締役 田中太
資本金         :1億6,000万円(2016年7月1日現在)
社員数         :326名(2016年7月1日現在)
URL            :http://www.nitoms.com/
事業内容     :日用家庭用品、文具、医療・ヘルスケア製品などの企画・製造・加工・販売及び輸出入

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニトムズ >
  3. 紙に関するアイテムが一堂に介する「紙博」に出展いたします。2017年4月15日~16日東京都立産業貿易センター台東館