freee、飲食店特化の会計・マーケティング支援会社 クロスポイントと業務提携

​freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下 freee)は、飲食店に特化した会計・マーケティング支援を提供しているクロスポイント株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木洋之、以下クロスポイント)と、飲食業界における生産性向上を目的とし、業務提携をいたしましたのでお知らせいたします。


両社は、国内における飲食業界の活性化に貢献すべく、クロスポイントがもつ飲食店クライアントを対象に、freeeが培ってきたバックオフィス業務効率化のナレッジと、クロスポイントのマーケティングのノウハウを組み合わせ、飲食業界における生産性向上を目指します。

現在提供を開始している、飲食店に特化したバックオフィス支援サービスの「クロスポイント」において「クラウド会計ソフトfreee」や「人事労務freee」が利用されているほか、共同で飲食業界に関するセミナーを開催します。また、今後APIを活用した連携ソリューションの構築を予定しています。

■7月18日「飲食業界 生産性革命セミナー」開催決定
人材難が深刻となっている飲食業界において、労働者の低賃金や長時間労働・残業は慢性化。政府からは働き方改革が促進され、個々の生産性向上が求められている中、飲食業界においても限られたリソースでの業務効率化および生産性向上は急務です。
この度の、クロスポイントとfreeeの業務提携は抜本的な改革を推進する一助になるものと確信しており、この提携をきっかけに、両社共催の「飲食業界 生産性革命セミナー」を開催する運びとなりました。
飲食業界が直面している課題や改善策、産業別に見ても最下位レベル(20業界中、飲食業界は17位で34.0%)に位置する飲食業界の労働生産性を向上すべく、目指すべき飲食業界の道筋や、具体的改善方法についてお話しさせていただきます。(参考:「日米の産業別生産性水準比較」)

<「飲食業界 生産性革命セミナー」概要>
■名称 :飲食業界 生産性革命セミナー
■内容 :
・講演1 :「飲食店業界の課題と、テクノロジーが解決していくもの」〜世界から見た日本の飲食業界、リピーターを生む仕組み、経営状況の見直し他〜/クロスポイント株式会社 代表取締役社長 鈴木洋之氏
・講演2 :「バックオフィス簡略化による攻めの経営へ」/freee株式会社 上級コンサルタント 尾籠 威則
・特別対談:飲食店の魅力をカタチにするソルト・グループ参戦「飲食店の現場の声×テクノロジーによるソリューション提案」/クロスポイント株式会社 代表取締役社長 鈴木洋之/freee株式会社 上級コンサルタント 尾籠 威則氏/ソルト・グループ 財務経理部長/松井絵麻 氏
■日付   :2019年7月18日(木)
■費用   :無料 ※事前登録制
■時間   :15:00〜16:00(受付開始 14:45)
■主催   :クロスポイント株式会社、freee株式会社
■協力   :ソルト・グループ
■会場   :freee株式会社(東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル B1F)
■申込み  :https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd9qXJfMFktF7tvo3rrLGSnAko_gUizlnPqoD8Y8utkDUt2lg/viewform

■登壇者プロフィール
<クロスポイント株式会社 代表取締役社長/鈴木 洋之 氏>
1975年慶応義塾大学卒業。ニューヨーク大学経営大学院修了。日本公認会計士・税理士、米国公認会計士取得。
1976年、監査法人中央会計事務所へ入所し、翌年クーパースアンドライブランドNYへ入所。1988年に中央クーパースアンドライブランドのパートナーに就任し、1992年には同法人の国際税務事務所CEOに就任する。1999年から2012年まではPwC税理士法人のCEOとして同法人を率いる。2012年にはPWC Japanの日本代表 グローバルボードメンバーとして活躍。2016年からクロスポイント株式会社の代表に就任し、現在に至る。

<freee株式会社 上級コンサルタント/尾籠 威則 >
慶應義塾大学卒業後、新卒で日本オラクルに入社。通信事業者を中心に大規模基幹システムの導入に携わる。その後、外資系アナリティクス企業にて分析・マーケティング支援に従事。2016年にfreee株式会社に入社し、会計事務所向け事業の立ち上げを行った後、事業開発にて飲食業を対象とした新規サービス開発に従事。現在、ERP及びシステム導入の知見を活かし、上場企業・大規模法人への業務改善コンサルティングに携わる傍ら、freeeエバンジェリストとしてクラウドERPの普及に務める。

<ソルト・グループ 財務経理部長/松井 絵麻 氏>
2005年、公認会計士2次試験に合格。監査法人トーマツ名古屋事務所にて、主に製造業、建設業、運輸業、小売業、情報サービス事業、熱供給業、金融業等、上場非上場に囚われず様々な企業規模の会計監査業務・内部統制監査業務従事。また、法廷監査以外においても、内部統制導入コンサル、ベンチャー起業のIPO支援、会計指導、アニュアルレポートの英文財務諸表作成支援、デューデリジェンス業務など幅広く活躍する。2016年、ソルト・グループに入社し、財務経理部長に就任。現在は、監査法人という第三者の目線ではなく、主体者として経理業務の効率化、内部統制の構築を遂行し、いかにして利益体質にしていくか、望ましい資本政策を構築していくべきかについて日々チャレンジングな業務に努めている。

<freee 株式会社について>
「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

<会社概要>
会社名  freee株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  CEO 佐々木大輔
設立   2012年7月9日
資本金  161億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. freee、飲食店特化の会計・マーケティング支援会社 クロスポイントと業務提携