復活!ソール、京都へ。

美術館「えき」KYOTO     「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、開催中止となった写真展「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」。多くの方からの開催を望む声に応え、来年2021年2月13日(土)~3月28日(日)美術館「えき」KYOTOにて、開催決定!

《帽子》1960年代 ソール・ライター財団蔵 ©Saul Leiter Foundation《帽子》1960年代 ソール・ライター財団蔵 ©Saul Leiter Foundation

●会場:美術館「えき」KYOTO (京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)●会期:2021年2月13日(土)~3月28日(日)●料金、前売券販売等は未定。詳細は決まり次第、当館ホームページ、LINEでお知らせいたします。
https://kyoto.wjr-isetanco.jp/museum/
※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェイアール西日本伊勢丹 >
  3. 復活!ソール、京都へ。