東京ミッドタウン開業15周年

開業記念日にAnniversary Flowerをプレゼント~TOKYO MIDTOWN AWARD 過去受賞者 市川直人氏をクリエイティブディレクターに起用~

東京ミッドタウン(港区赤坂/事業者代表 三井不動産株式会社)は、2022年3月30日(水)に開業15周年を迎えます。

2007年の開業以来、“「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し、世界に発信し続ける街”をビジョンに掲げた街づくりを進めています。この15年間で、街に集まる多彩な機能と才能を融合することで新たな価値を創造し、街を訪れる人々へのきめ細かな心配りとおもてなし、広大な緑地空間を活かした四季折々のイベント、デザインやアートを通じて知的想像力を育む活動によって、街のビジョンを具現化してまいりました。
15周年を記念して、3月30日(水)には来場者の皆様に向け、Anniversary Flowerのプレゼントを実施するほか、ミッドタウン・ガーデンの期間限定屋外ラウンジにはフォトスポットのFlower Wallも登場。春の穏やかな陽気と共にぜひお楽しみ下さい。
また、15周年のメインビジュアルのクリエイティブディレクターにはTOKYO MIDTOWN AWARDデザインコンペの過去受賞者、市川直人氏を起用。15年の感謝の気持ちを表現いたしました。

◆Anniversary Flowerをプレゼント

日頃東京ミッドタウンをご愛顧いただいている皆さまに感謝の気持ちを込めて、「感謝」を意味する一輪のピンクのガーベラを各回先着250名様にプレゼントいたします。当日限定のクラシック生演奏もお楽しみいただけます。

【日 時】 2022年3月30日(水) ①11:00~ ②17:00~
      ※各回先着250名様(なくなり次第終了)
【場 所】 東京ミッドタウン キャノピー・スクエア


◆フォトスポットFlower Wallが登場

東京ミッドタウンで3月18日(金)より開催する「MIDTOWN BLOSSOM 2022」の期間限定屋外ラウンジ「MIDTOWN BLOSSOM SELTZER LOUNGE」エントランスにて、15周年を記念したフォトスポットのFlower Wallが登場します。季節の花々を楽しめる会場で華やかな1枚をご撮影いただけます。

【期 間】 2022年3月18日(金)~4月17日(日)
【場 所】 ミッドタウン・ガーデン
      「MIDTOWN BLOSSOM SELTZER LOUNGE」内

▼「MIDTOWN BLOSSOM 2022」詳細はこちら
https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/blossom/


 
  • 15周年を記念したメインビジュアル クリエイティブディレクターにTOKYO MIDTOWN AWARD過去受賞者 市川直人氏を起用
東京ミッドタウンでは、かねてからデザインとアートのコンペティションTOKYO MIDTOWN AWARDを受賞した様々なクリエイターやアーティストとのコラボレーション活動を行なっております。15周年を記念したメインビジュアルのクリエイティブディレクターに、Tokyo Midtown Award 2015 デザインコンペ優秀賞および審査員特別賞(小山薫堂賞)をダブル受賞、そして同アワード2016デザインコンペにてグランプリを受賞した市川直人氏を起用いたしました。

【 クリエイティブディレクター / コピーライター 市川直人氏 】
< コメント >
今回のクリエイティブアイデアは、「目には見えない感謝を、目に見えるようにすること」です。そこで、コピーは、一企業からの感謝のメッセージとしてではなく、東京ミッドタウンをひとりの “人”として捉えて、一個人からの手紙のように、この人はどういう言葉を綴るだろうと考え、それをコピーにしていきました。メインのキャッチコピーも、企業感のある「15周年」ではなく、「15(歳)の春です」としています。
ビジュアルも同様に、どう「見えないものを、見えるようにするか」をチームで検討。そこでフォトグラファーの佐藤新也さんから頂いたのが「赤外線写真」という撮影アイデアでした。この手法により、桜が全く咲いていない2月の中旬に、東京ミッドタウンを囲む木々を、まるで魔法がかけられた美しい桜のように切り取っています。(2022年2月17日撮影)
普段は目には見えない赤外線により、目には見えない15年間の感謝の気持ちや、この場所にこれまで関わりや繋がりを持ってきた人々の暖かさや、優しさ、安心といった想いを、一足早く桜のように咲かせていったビジュアルです。気づけばもう、桜の季節です。これから花開きはじめる東京ミッドタウンの桜と合わせて、この「想いの桜」もお楽しみいただければ幸いです。

~赤外線写真とは~
人間の目には見えない赤外線の分類の中でも、最も可視光線に近いとされている“近赤外線”と微量の可視光線を撮影したもの。赤外線写真では、赤外線を反射するものはピンクのような色に、反射しないものは水色のような色に写されます。

▲(左)通常写真 (右)赤外線写真 ※2022年2月17日に同時刻同場所にて撮影▲(左)通常写真 (右)赤外線写真 ※2022年2月17日に同時刻同場所にて撮影


< プロフィール >


市川直人 | Creative Director / Copywriter / CM Planner
コピーライティングをベースに、映像からグラフィック、デジタル、プロモーション、アクティベーション、インタラクティブ領域まで、あらゆる分野でのアイデア開発を得意とする。近年はプロダクト開発やサービス開発までをも自身の分野として幅広く活動。これまでにカンヌライオンズ、ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS、2020年クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリストなど、国内外で受賞多数。
 


佐藤新也 | Photographer
広島県出身。2007年 瀧本幹也氏に師事。2012年独立。最近の主な仕事にJohn Masters Organics、Recruit、富士フイルム、AGF、TOKYO2020閉会式(日本の踊り、星めぐりの唄/中山晃子作品)、UNIQLO、TOYOTIRE、POLA、ISSEY MIYAKEなど。スチール・映像ともにジャンルを問わず活動。




< スタッフリスト >
Photographer:佐藤新也
Creative Director / Copywriter:市川直人
Art Director:ノダシ
Designer:檍ケイコ
Producer:岩戸太郎
Production Manager:高田菜津子
Photo Retoucher:小川知子
企画制作:Y's Inc. + 佐藤新也写真事務所

【 明日の才能を発掘・応援する「TOKYO MIDTOWN AWARD」とは 】
「TOKYO MIDTOWN AWARD」は、東京ミッドタウンが“「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し、世界に発信し続ける街”をコンセプトに、才能あるデザイナーやアーティストとの出会い、応援、その先のコラボレーションを目指して、デザインコンペとアートコンペの2部門で開催するコンペティションです。14年間の実施で、延べ応募者数21,036組の中から、アートコンペでは、75組・79名、デザインコンペでは、120組・209名(延べ125組・226名)の受賞者・入選者が生まれました。15回目の開催となる「TOKYO MIDTOWN AWARD 2022」も、アイデアや作品を生み出すことのできる「人」にフォーカスするアワードへの進化を目指します。更に、これまで以上に受賞後支援も拡充し、受賞者・入選者の成長を継続的に支援するとともに、コラボレーションの機会を創出していくことに努めます。
https://www.tokyo-midtown.com/jp/award/


 
  • 東京ミッドタウンの商業エリア「ガレリア」のBGMをビルボードライブ東京がセレクト

2022年3月30日(水)から、館内BGMのSoundscapeをBillboard Live TOKYOがセレクトいたします。Billboard Live TOKYOは、100年以上の歴史を持つ、世界で最も信頼される音楽ブランドである“ビルボード”の名のもと、国内外のトップアーティストが出演するクラブ&レストラン。2022年7月には開業15周年を迎えます。Billboard Live TOKYOがお届けするSoundscapeは、1年を5つのシーズンに分け、各シーズン、季節感あふれるオリジナルプログラムとなっています。ショッピングの合間にぜひお楽しみください。

~Billboard Live TOKYO からのメッセージ~
東京ミッドタウンと共に歩んで今年で15年。我々Billboard Live TOKYOもまた記念すべき節目を迎えることができました。これまでに出演したアーティストは世界各国からのべ2,500組。累計動員数は300万人に上ります。その全ての方々がミッドタウンでのひとときを過ごしたことになります。LIVE前に衣装をミッドタウンで調達するアーティスト、お気に入りのお店で軽く1杯やってから会場へと足を運ぶお客さま、LIVEの余韻をミッドタウン・ガーデンで語らう方もいらっしゃるでしょう。その日の気分の赴くままに大人の自由時間を堪能できる懐の深さ。それこそが東京ミッドタウン最大の魅力と言えるでしょう。衣食住すべてにおいて上質な「Quality of life」を発信し続けている東京ミッドタウン。これからもその音楽・食文化の一翼を担う存在であり続けたいと思います。15周年誠におめでとうございます。

 

東京ミッドタウンにはオフィス、住宅、ホテル、美術館といった施設があり、それぞれが高い機能性を備えているのはもちろん、この多彩な機能(Diversity)によるシナジーが、新しい価値を創造しています。
東京ミッドウンのBillboard Live TOKYOとのコラボレーションにより、また一つ新しい価値を創造いたします。





=======================================
東京ミッドタウンについて

東京ミッドタウンは、広大なグリーンと6つの建物からなる複合都市です。
街にはさまざまなショップやレストラン、オフィス、ホテル、緑地、美術館などの施設が集まっています。

四季を感じるイベントで季節に寄り添い、いたるところに息づくデザイン・アートや
「TOKYO MIDTOWN AWARD」が発掘した若き才能にふれて新たな発見を。
そして街に根づくおもてなしで心が解きほぐされていく。

それらを融合させることで訪れた人に、上質で心地よい場所と時間を提供することを目指しています。
https://www.tokyo-midtown.com/jp/about/
=======================================


=======================================
三井不動産グループのSDGsへの貢献について
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、つまりESG経営を推進しております。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。また、2021年11月には「脱炭素社会の実現」、「ダイバーシティ&インクルージョン推進」に関し、下記の通りグループ指針を策定しました。今後も、当社グループは街づくりを通じた社会課題の解決に向けて取り組んでまいります。 

【参考】
・「脱炭素社会実現に向けグループ行動計画を策定」 
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/1124/
・「ダイバーシティ&インクルージョン推進宣言および取り組み方針を策定」 
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/1129_02/
※なお、本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における2つの目標に貢献しています。


目標11 住み続けられるまちづくりを
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

=======================================


=======================================

■「三井不動産9BOX感染対策基準」について
当社グループでは、これまでも施設ごとに新型コロナウイルス感染対策を徹底してまいりましたが、今後新たな変異株が流行した場合においても安心して当社グループの施設をご利用いただくために、医学的・工学的知見に基づくわかりやすい感染対策が必須と考え、グループ共通の「三井不動産9BOX感染対策基準」を策定しました。当社グループはオフィスビル、商業、ホテル、リゾート、ロジスティクス、住宅等、多様な施設を展開しており、当社グループだけでなく社会全体で共有しやすい項目として提示することで、社会共通の課題解決に貢献したいと考えています。当社は引き続き、安心・安全な街づくりを通して持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。
※参考リリース:https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/1001_01/
=======================================
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京ミッドタウンマネジメント株式会社 >
  3. 東京ミッドタウン開業15周年