世界の主要ネットワーク インフラストラクチャ プロバイダーが、NVIDIA AI-on-5G プラットフォームを採用

富士通、Google Cloud、Mavenir、Radisys および Wind Riverと連携し、スマートホスピタル、ファクトリー、ウェアハウスおよび店舗などの構築を加速するためのソリューションを開発

2021 年 4 月 12 日 カリフォルニア州サンタクララ — GTC21 — NVIDIAは本日、富士通、Google Cloud、Mavenir、Radisys および Wind River と連携し、スマートシティやスマートファクトリー、スマートホスピタルおよびインテリジェントな店舗の構築を加速する、NVIDIA AI-on-5G GPU アクセラレーションプラットフォームを活用したソリューションを開発すると発表しました。

このプラットフォームを導入することで、エンタープライズ、モバイル ネットワーク事業者およびクラウド プロバイダーは、ひとつの統合されたプラットフォームで5G とエッジ AI コンピューティングの両方に対応することができるようになります。AI-on-5G プラットフォームは、NVIDIA の GPU と DPU を組み合わせたコンバージド カードである NVIDIA BlueField®-2 A100、そしてNVIDIA Aerial™ ソフトウェア開発キットを活用したもので、「5T for 5G」ソリューション などを実現します。これにより、精密な製造ロボット、自動化された搬送車、ドローン、ワイヤレス カメラ、セルフレジ通路、およびその他数百の革新的なプロジェクトを管理するための最適なプラットフォームで、高性能な5G RANとAIアプリケーションが生み出されます。

NVIDIA の通信事業担当シニアバイスプレジデントであるロニー ヴァシシュタ (Ronnie Vasishta) は、次のように述べています。「コンピューティングが絶え間なく加速されているこの時代、ネットワーク事業者は、セキュリティおよび低遅延とともに、1 つのノードで数百のデバイスを接続可能にすることで、費用効果が高く、柔軟で、効率的な方法で多様なサービスを提供しようとしています。5G 業界の主要プレイヤーと共に、NVIDIA はあらゆる場所での AI 実現を遂行します」

NVIDIA とこの新しい AI-on-5G エコシステムの複数の協力企業は、O-RAN Alliance のメンバーで、よりインテリジェントで、オープンな、仮想化された、完全相互運用可能なモバイル ネットワークのための規格を策定しています。このような連携により、事業者は、5G ネットワークに必要な、共通のコンピューティング インフラストラクチャを使って、エンタープライズ、産業界、一般消費者および住宅といったさまざまな環境に AI サービスを提供できるようになります。

AI-on-5G は、複数の産業に恩恵をもたらします。IHS Markit の試算によれば、この 5G 対応のバリュー チェーンによって生産性が向上し、2035 年までには 13 兆 1 千億ドルの経済効果が生まれると予想されています。NVIDIA Aerial SDK は、NVIDIA Metropolis、NVIDIA Isaac™ および NVIDIA Clara™ とともに、AI-on-5G エコシステムの重要な要素となっており、1 枚のカードに NVIDIA の GPU と DPU を実装した、単一の NVIDIA 認定システムで使用することができます。

パブリックおよびプライベートのネットワークに対応可能なソリューション
AI-on-5G を実現するために、NVIDIA では、以下のような企業と連携しています。
Mavenir は、ネットワーク事業者をターゲットとして、Aerial SDK をベースにした、2 つの 5G vRAN システムを構築して、パブリック 5G とプライベート 5G を活用したエンタープライズ向け AI を提供しようとしています。Mavenir と NVIDIA は、ハイパーコンバージドのエンタープライズ向け 5G ソリューションを構築し、エンタープライズがシームレスで、使いやすいソリューションによって AI-on-5G アプリケーションを実装できるようにしました。

Mavenir のシニアバイスプレジデント兼 AI およびアナリティクス担当ジェネラルマネージャーであるクンタル チョウドリー (Kuntal Chowdhury) 氏は、次のように述べています。「Mavenir と NVIDIA の連携により、両社は、5G の潜在能力を最大限に活用した、革新的な AI ソリューションを提供する機会を得られるようになっています。両社が共同開発した、Mavenir のハイパーコンバージド AI ソリューションにより、ヘルスケアから、小売りおよび Industry 4.0 に至る、さまざまな業界が、5G の持つ無限の可能性を活用できるようになります」

富士通は今年後半に、「5G オープン RAN エコシステム(注*)」の実現に向けて、POCシステムを開発し、技術検証を始める予定です。これにより、富士通と NVIDIA は、5G 以降の Open RAN システムに向けた発展において、NTT ドコモ をはじめ、世界の通信事業を支援します。Aerialソフトウェア デファインドの実装によって、マーケットに投入するまでの時間が短縮され、イノベーションを加速し、企業が AI アプリケーションを導入しやすくなります。

富士通のモバイルシステム事業本部長である谷口正樹氏は、次のように述べています。「富士通は、NVIDIA の Aerial AI-on-5G とアクセラレーション GPU および DPU を活用し、全世界の事業者向けの Open RAN ソリューションの開発に取り組んでいます。NTT ドコモ をはじめとするネットワーク事業者は、ハイパーコンバージドとソフトウェア デファインドの 5G vRAN システムによって、それぞれの顧客に革新的なソリューションを提供することができます」

エンタープライズでの導入
企業内に AI を導入するという課題に対して、Radisys および Wind River は、エンタープライズ向け 5G と産業向け 5G ネットワーク向けに、NVIDIA Aerial AI-on-5G ソリューションを提供する予定です。ABI Research によれば、2027 年までに、600 万以上の 5G セルが、スマート ファクトリー、フルフィルメント センター、ならびに他のエンタープライズや産業界、公共のゾーンに展開され、地域に特化した接続ソリューションが提供されるようになります。

Radisys の統合型製品およびエコシステム の責任者であるガネーシュ シェンバガーラマン (Ganesh Shenbagaraman) 氏は、次のように述べています。「Radisys は NVIDIA との協業で、当社の 5G vRAN とエッジ コンピューティングのポートフォリオを活用したエンドツーエンドのシステム統合を行い、さまざまな業界で AI が活用されるように支援します」

Google Cloud は、Anthos アプリケーション プラットフォームをネットワーク エッジにまで拡張することで、通信サービス プロバイダーと企業が、5G のエッジで新しいサービスとアプリケーションの迅速な提供を可能にします。企業は、Google Cloud のマネージド サービスと NVIDIA のテクノロジによって、IoTの経済を実現するとともに、データと AI の活用によって業績をアップさせ、経営効率を高め、安全性と信頼性の最適化を図ることができます。

Google Cloud のバイスプレジデント兼ネットワーキング担当ジェネラル マネージャーのシェレシュ シュクラ (Shailesh Shukla) 氏は、次のように述べています。「AI-on-5G は革新的です。Google Cloud の業界別 AI ソリューションは、スケーラブルな、垂直ニーズへの要望に対応しています。5G のパワーを活用することにより、Google の AI ソリューションは飛躍的に拡大します。当社では、NVIDIA と協業することで、Anthos と NVIDIA のアクセラレーテッド エッジ テクノロジによって、AI と 5G コンピューティングをエッジに提供できることを喜ばしく思います」

Anthos は、それぞれの環境におけるサービス提供を中心に考えた、アプリケーション展開を可能にする、一貫性を備えたプラットフォームです。このプラットフォームにより、顧客は、クラウド、オンプレミスおよびネットワーク エッジでマネージドの Kubernetes を使い、エンタープライズグレードの、コンテナ化されたアプリケーションをより早く構築および展開できるようになります。

Anthos は NVIDIA GPU アクセラレーション サーバーに対応しており、どのようなかたちでの導入であっても、導入と運用を一貫性のあるものにし、同時に費用のかかるオーバーヘッドを削減するとともに、開発者の生産性を向上させます。このソリューションは、アプリケーションとソフトウェアのサプライ チェーンも保護し、環境を越えてのアプリケーション管理ポリシーの導入を可能にする、結果重視のアプローチを採用しています。これは、ネットワーク事業者および AI-on-5G を利用する企業にとって重要な機能です。

NVIDIA AI-on-5G データセンター — エッジからクラウドまで
共通のプラットフォームで多様なアプリケーションを実行できる、最新の 5G インフラストラクチャの構築には、ソフトウェア デファインドの RAN が欠かせません。NVIDIA Aerial は、1 日を通じて変化するネットワーク トラフィックに対応する弾力性を提供し、さらに顧客の動的なニーズに応じてサービスを柔軟に提供できるようにすることで、最大限の利便性を実現します。

NVIDIA EGX™ プラットフォームは、データが生成されるエッジに AI コンピューティングの機能をもたらします。市販されている、すべての Kubernetes インフラストラクチャとの互換性を備えた、NVIDIA EGX スタックは、Aerial によって低電力で、常時動作する、高性能デバイスを生み出すための理想的なプラットフォームであり、通信業界を一変させるものとなります。プラットフォーム上での拡張が可能であるため、サーバー メーカーは、NVIDIA の GPU と DPU を組み合わせ、ハイパーコンバージドなエッジ データセンターを構築することができます。

(注*)参考リンク:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/02/03_00.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. 世界の主要ネットワーク インフラストラクチャ プロバイダーが、NVIDIA AI-on-5G プラットフォームを採用