アスクル、「防災機器レンタルサービス」を明日11日から開始

~電気を万全に備えて、停電時にも安心!多発する災害に蓄電池などを手軽に確保~

 アスクル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長 CEO:吉岡晃)は、3月11日より事業所向け(BtoB)通販サービス「ASKUL」において、月額料金の支払いのみで災害時など停電が発生した際に活躍するポータブル電源(蓄電池)やソーラーパネルなど電気を備えるために必要な機器が手軽にレンタルできる、防災機器レンタルサービスを開始します。

サービスURL:https://www.askul.co.jp/f/services/bousai_rental_services/ (3月11日より有効)

 近年、10年に1度といわれる豪雨や猛烈な台風、地震などの自然災害が多発しています。2019年9月に発生した台風15号では、千葉県を中心に大規模な停電が発生し、連絡手段として普段の生活に欠かせなくなった携帯電話やスマートフォンを充電するために市役所などで大行列が出来るなど、懐中電灯などの明かりだけでなく、電力確保の必要性が浮き彫りとなりました。このようなことからアスクルでは、アスクルカタログ2020春・夏号よりポータブル電源(蓄電池)の取り扱いを開始し、お客様から好評を得ています。一方で、災害時以外では使用しないことや価格が高くメンテナンスを必要とすることから、防災対策として備える必要性を感じながらも購入まで至らないお客様も多数いました。
 本サービスは、月額料金の支払いのみで、初期費用を抑えながら“電気を備える”ことが可能です。いつでもどこでも電力の確保を可能とするポータブル電源は、事業所向けの大容量タイプとテレワーク中の従業員にも対応可能な小容量タイプをご用意。停電時などにスマートフォンの充電やパソコンなどの電気機器の電源として使用できます。この他にも、直接スマートフォンが充電できるソーラーパネルや、明かりの確保として欠かせないLEDランタン、情報収集・状況把握に必要なTV・ラジオに加え、蓄光剤付きで停電時でもすぐに見つけられる設置用BOXも取り揃えています。

<防災機器レンタルサービスの特長と概要> 

 レンタルサービスの最大の特長は初期費用を抑えて気軽に始められることです。オフィスの拡大や従業員の増減など、職場環境の変化にも追加・解約が簡単に行えます。
 また、お客様の多様なニーズに対応できるよう、レンタルする商品はカスタマイズが可能で、職場環境に合わせて必要なものだけを1点から自由に組み合わせて揃えられます。ポータブル電源をお申込みの場合は、12ヵ月目にメンテナンスを実施。フル充電したものと交換できるので、普段は気にかけなくてもいざという時に電力が足りないなどの心配もなく、安心してご利用いただけます。
 さらに、24カ月継続してご利用いただいた場合、商品は返却あるいは追加料金なしでそのままもらうことができます。

※ 沖縄や一部の離島などサービスをご利用できない地域があります
※ ご利用料金は選択した機器の合計金額です
※ ご利用期間中の機器の故障などは無償で修理・交換します
※ 7カ月目以降であればいつでも無料で解約できます。6カ月以内の解約は、6カ月目までの差額を請求させていただきます
※ 24カ月目以降も継続の場合は、再度お申込みが必要です。その場合、お申込みいただいた商品は新たに発送し、それまで使用していた機器はそのままもらうことができます

<商品一覧>
 サービス開始時はオフィスで使用頻度の高い大容量タイプのポータブル電源を中心に、ランタン、TV・ラジオなど災害時に必要な防災機器8点をご用意しました。今後サービスを進めていく中で、お客様のニーズにあわせてポータブル電源のバリエーションのほか、いざという時に役に立つ商品を取り揃えていく予定です。※1点からでもレンタル可能です

 アスクルはこれからもお客様の声に耳を傾け、変わり続ける時代や働き方、お客様のニーズに対応する商品・サービスの更なる拡充に取り組み、すべての仕事場に「うれしい」を届け続けるために、引き続き進化してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アスクル株式会社 >
  3. アスクル、「防災機器レンタルサービス」を明日11日から開始