ニューバランスが“スニーカーと着物”のコラボレーションムービーを令和元年5月1日から配信開始

株式会社ニューバランス ジャパン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 久保田伸一)は、日本文化を象徴するもののひとつである「着物」を通して日本文化の美しさを未来につなげる活動をするenso Japan(エンソウ ジャパン)プロジェクトとのコラボレーションムービーを、令和元年5月1日に発信いたします。
https://www.youtube.com/watch?v=OJt7WwHg5Xw&feature=youtu.be

ニューバランスは、ブランドプラットフォームとして掲げる「Fearlessly Independent since 1906」で、自らが何者をも恐れずに我が道を進むことに自信を持つとともに、そのような人々を称える姿勢を表しています。enso Japanは「現代によりそう着物」をテーマに様々な情報を発信、提案するプロジェクト。現代において「着物」という文化を独自の視点で枠組みにとらわれずに、もっと自由な発想で多様性をもったものとして発信しています。ニューバランスは、enso Japanが掲げる独自の姿勢と活動に共感し、旧きと新しき、男性と女性、東洋と西洋、伝統と革新といった、「着物」が内包する豊かな多様性をコラボレーションムービーとして表現し、新たな時代の幕開けを祝し発表いたします。

■コラボレーションムービー
コンセプトは「Classic meets Modern」。着物と帯は、誉田屋源兵衛の10代目山口源兵衛による、張りがありながらも軽やかで、速乾性、抗菌・防臭効果に優れている古代麻を使った「麻世妙(まよたえ)」と芭蕉の糸を織り上げた角帯、ともに男性用の仕立てのものを、enso Japanの代表を務める着物家・伊藤仁美氏がニューバランスのフラッグシップモデルのひとつ「1700」と合わせています。女性が着る男性用の仕立ての着物、現代的な帯の結び、色の合わせや着方、そしてスポーツシューズとの組み合わせにより、伝統的な着物を現代に、新たな視点で提案します。京都にある臨済宗大本山建仁寺塔頭 両足院、及び祇園界隈にて撮影。ムービーで流れる音色はクラヴィコードという14世紀につくられたピアノの原型といわれる古楽器です。演奏家の内田輝氏による、雨音や着物の衣擦れの音とともに奏でられるオリジナル楽曲です。

 


<プロダクション・出演者プロフィール>
プロデューサー  湯川篤毅 (Atsuki Yukawa)
: http://6960.jp
クリエイティブディレクター。国内外から高い評価を受け、多くの広告賞も獲得。2008年カンヌ国際広告賞では、日本では13年ぶりとなるフィルム部門でのゴールドを受賞し、多くのメディアで取り上げられた。2018年には沖縄に本物のクリエイティブを学ぶ環境を提供したいとフリースクール「Moi Aussi Be(モーアシビー)」設立。映画、アート、広告など、各分野の第一線で活躍する多彩な講師たちを沖縄に招き、毎月1回のトークショーとワークショップを行っている。その後沖縄のローカル番組にまでなり、さらなる反響を呼んでいる。他にもMUSIC VIDEOやアーティストとのコラボ作品、パッケージデザインや店舗のプロデュースなども話題。常識にとらわれず、様々な分野をクリエイトする。

音楽・奏者      内田輝 (Akira Uchida)https://akira-uchida.jp
音楽大学でサックス専攻後、ピアノ調律 & 楽器製作の各師匠に師事する。自身で製作したクラヴィコードの演奏会を国内外で行う。音の調律から観る様々な音との対話方法を伝える『音のワークショップ』を開催。楽器製作家−音の調律師−演奏家の視点から世界を見ることを軸にしている。

衣装協力 誉田屋源兵衛(Kondaya Genbei) : http://kondayagenbei.jp
創業280年を超える京都老舗帯匠「誉田屋源兵衛」。代々受け継がれてきた伝統に、10代目山口源兵衛氏の「革新」という精神が注ぎ込まれ、伝統や形式など常識にとらわれない極めて自由な発想で創作活動を行なっている。作品はどれも美術品というに相応しく、圧倒的な美の存在感を生み出す。

映像制作 神崎峰人(Mineto Kanzaki): http://buddha-108.com/philosophy
技術を手段とし、それぞれの目的を達成するクリエイティブ集団BUDDHA,inc代表取締役。 実写を中心に CG・VFX・アニメーションなどの映像技術のほか、音源制作や美術造形など目的にあった手段を提供する。

演者(enso Japan代表)    伊藤仁美(Hitomi Ito): http://hitomi-ito.com
京都祇園の禅寺に生まれ、和の空間に囲まれて育つ。2015年活動の拠点を東京へ移し、プライベートサロン「enso」をオープン。国内外にて講演やセミナー、イベント出演。雑誌・広告などで着付、スタイリング、モデルとして活動。更には自身が表現者として、国内外のアート作品やショーにも多数参加。現在一児の母として、妊娠育児中も着物で過ごすライフスタイルを通して着物の魅力を発信中。

■enso Japanとは http://www.enso-japan.com
日々を着物で過ごす着物家・伊藤仁美氏を中心とする「現代によりそう着物」をテーマに様々な情報を発信、提案するプロジェクト。着物を通して日本文化の美しさを未来につなげることを目的とし、「今」の時代にフィットした着こなしの提案をしています。

▼ ニューバランスについて
マサチューセッツ州・ボストンに本社を置くニューバランスは、「責任あるリーダーシップを明確に示し、アスリートが誇りを持って身に付け、社員が誇りを持って世に送り、コミュニティが誇りを持って受け入れることのできる、グローバルブランドの確立」を企業のミッションとして掲げています。1906年にアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴のメーカーとして誕生したニューバランスは、アスレチックブランドのリーディングカンパニーとして現在ランニングをはじめ、ライフスタイル、テニス、ベースボール、フットボールのためのフットウェアとアパレルを展開しております。ニューバランスの詳細については、https://shop.newbalance.jpをご覧ください

▼ ニューバランス ジャパン公式Facebookページ URL: https://business.facebook.com/NewBalanceJapan
▼ ニューバランス ジャパン公式Twitter @newbalance_jp URL: https://twitter.com/newbalance_jp
▼ ニューバランス ジャパン公式Instagram   URL: http://instagram.com/new_balance_japan

<お問い合わせ先>
【メディア関係者】株式会社ニューバランス ジャパン マーケティング部
JP_Brand_Marketing@newbalance.com

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニューバランス ジャパン >
  3. ニューバランスが“スニーカーと着物”のコラボレーションムービーを令和元年5月1日から配信開始