電子マネー・ポイント管理システム「Future Pay」を6カ月で小売業10社に展開

~購買行動の分析による顧客ロイヤリティ向上で売上拡大をサポート~

​フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:東 裕二、以下フューチャーアーキテクト)は、クラウド型の電子マネー・ポイント管理システム「Future Pay」の提供を2016年7月に開始して以来、6カ月で小売業10社に展開したことをお知らせいたします。

「Future Pay」は、実店舗やECサイトを運営する小売事業者向けに電子決済や顧客ロイヤリティプログラムの仕組みをクラウドで提供するアプリケーションサービスです。電子マネー、ポイントカード、ギフトカードのシステムを統合的に提供し、個々の顧客の購買行動の分析*をもとにしたロイヤリティ向上により売上拡大をサポートします。クラウド型サービスのため導入がシンプルであり、小売事業者は専用決済端末、POSシステム、ECサイトなどからインタフェースに接続するだけで手軽に利用できます。

「Future Pay」は最先端の技術をベースに軽量・堅牢に実装されており、ピーク時も安定した品質のサービスを提供します。また、フューチャーアーキテクトがこれまで数多くのシステム設計・構築プロジェクトで培った経験とノウハウをもとにサーバ資源や運用コストを最適化し、リーズナブルな利用料でサービスを提供しています。そのため小売事業者は顧客向けに還元率の高いボーナスプログラムを低コストで提供でき、顧客ロイヤリティのさらなる向上が期待できます。

フューチャーアーキテクトは、クラウド型サービスならではの導入のしやすさを武器に今後も様々な形態、規模の小売事業者に「Future Pay」を展開していきます。また、スマートフォン決済やセキュア化技術などを駆使した便利で付加価値の高い機能を順次「Future Pay」に追加し、今後もサービスを拡充していきます。

 *「簡易分析機能」が標準で提供され、個々の顧客の購買行動を効果的な評価軸で簡単に把握できます。分析データをもとに、ロイヤリティプログラムを継続的に改善できます。

●フューチャーアーキテクト株式会社 概要
代表者:代表取締役会長 金丸 恭文 、代表取締役社長 東 裕二
設立 :2016 年 4 月 1 日
資本金:3 億円
URL  :http://www.future.co.jp

事業内容:ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスの提供

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャー株式会社 >
  3. 電子マネー・ポイント管理システム「Future Pay」を6カ月で小売業10社に展開