ファーウェイ、コネクテッド・カー業界の発展に向けて 利用ベース保険市場をリードする伊メタシステムと覚書を締結

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は3月20日、世界最大級のIT 見本市CeBIT 2017(3月20~24日、ドイツ・ハノーバー)において、車両安全システム・メーカーとして利用ベース保険(UBI)市場をリードするイタリアのメタシステムと、コネクテッド・カー・アプリケーションの開発とコネクテッド・カー産業向けの多様なエンド・ツー・エンドのUBIソリューションの提供において協業することに合意しました。

IoT産業の急速な発展により、コネクテッド・カーを含む分野で新たな市場機会が広がっています。ファーウェイは今後、メタシステムと協力してコネクテッド・カー産業の発展と変革を促すとともに、車両メーカーのデジタル変革を支援し、完全に“つながった”コネクテッド・カー体験を提供していきます。

両社は今回の覚書を踏まえ、メタシステムのコネクテッド・カー向けデバイスとアプリケーションをファーウェイのIoT接続管理プラットフォーム「OceanConnect」に統合し、お客様にエンド・ツー・エンドのUBIソリューションを提供していきます。また、「OceanConnect」のオープンAPIを活用して多彩なコネクテッド・カー・アプリケーションを開発し、革新的な技術開発に取り組んでいきます。
 

覚書に調印するファーウェイ クラウド・コア・ネットワーク・プロダクト・ライン バイス・プレジデントの張熙偉(写真左)とメタシステムCEOのジュセッペ・シモナッツィ氏(写真右)覚書に調印するファーウェイ クラウド・コア・ネットワーク・プロダクト・ライン バイス・プレジデントの張熙偉(写真左)とメタシステムCEOのジュセッペ・シモナッツィ氏(写真右)


ファーウェイ クラウド・コア・ネットワーク・プロダクト・ライン バイス・プレジデント 張熙偉(ジャン・シーウェイ)は次のように述べています。 「IoT産業には無限のビジネス・チャンスがあり、輝かしい未来が待っていますが、上流と下流のパートナー双方の協力がなくては成功しません。ファーウェイのOceanConnect IoTプラットフォームとメタシステムの連携によって、より優れたコネクテッド・カー・アプリケーションを業界に提供できるようになります。当社は今後もより多くのパートナーと協力し、業界やユーザーに多様なIoTアプリケーションを提供していきます」

メタシステムCEOであるジュセッペ・シモナッツィ(Giuseppe Simonazzi)氏は、ますます多くの車が従来のエンジンを搭載した自動車からハイブリッド・カーや電気自動車に置き換わっており、VaaS(Vehicles as a Service)の普及とともにセンサーやその他の車載機器に対する需要が増加すると強調し、次のように述べています。「ファーウェイは革新的なICTインフラストラクチャの提供で業界をリードするグローバル企業です。一方のメタシステムは車載機器やテレマティクス・アプリケーションの分野のエキスパートです。両社のパートナーシップは、世界市場での成功に必要なすべての要素を備えているものと確信しています」

 

3 月20~24 日までドイツ・ハノーバーで開催された国際情報通信技術見本市「CeBIT(セビット)2017」において、ファーウェイは最新製品やソリューションをホール2(ブース番号C30)で展示しました。詳細は、CeBIT2017 特設サイト(英語、http://e.huawei.com/topic/cebit2017-en/index.html)をご覧ください。


※本参考資料は2017年3月23日(現地時間)にドイツ・ハノーバーで発表されたプレスリリースの翻訳版です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファーウェイ・ジャパン >
  3. ファーウェイ、コネクテッド・カー業界の発展に向けて 利用ベース保険市場をリードする伊メタシステムと覚書を締結