教育現場で活躍するソフトウェア「プロジェクター利活用分析ツール」をバージョンアップ

- さまざまな用途に応じて分析できるメニューが充実-

エプソン販売株式会社(社長:鈴村文徳)は、教育現場で活躍するソフトウェア「プロジェクター利活用分析ツール」の「ログ収集アプリ」「ログ分析ツール」の機能をさらに充実し、本日2020年3月19日より発売します。

 「プロジェクター利活用分析ツール」は、常設プロジェクターの利活用状況をネットワーク経由で把握し、管理・レポート作成が可能なソフトウェアで、教育現場においてプロジェクターの利活用状況を定量的に把握し、活用促進につなげたいという声にお応えする商品として、2019年2月28日より販売を開始しています。
 今回、教育現場のお客様の声をもとに機能強化を行い、さらなる利便性向上を実現しました。

主な機能強化点
 ■モニタリング対象のプロジェクターの一括登録に対応。
 ■教室(部屋)単位での分析に対応。
 ■学期単位での分析に対応。
 ■活用ログの一括エクスポートに対応。
【その他】
 ■Microsoft® Windows Server®2019対応

複数台のプロジェクターのログ分析前の登録作業の効率化と、その稼働状況の詳細分析に対応したことで、より使い勝手が向上しました。

【商品詳細】

※1:ソフトウェア更新時にアップデート用データを提供。
*上記の市場推定価格は2020年3月19日現在の推定であり、各販売店での販売価格を指示・拘束するものではありません。各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。
<ご購入~ご利用までの流れ>

●商品詳細ページ:www.epson.jp/products/bizprojector/software/rikatsu/index.htm
本リリース上の他者商標の帰属先は、商標について(www.epson.jp/trademark/) をご確認ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エプソン販売株式会社 >
  3. 教育現場で活躍するソフトウェア「プロジェクター利活用分析ツール」をバージョンアップ