iPhoneスクリーンタイムの時間制限を無視!解除または非表示にする方法 | 4uKey

【Tenorshare 4uKey】の公式サイト:http://bit.ly/3VcDIvn

Tenorshare 4uKeyは、11 月 30 日に Windows の最新バージョン V3.0.30 をリリースし、例外ログリターンを最適化し、アカウント システムの公開モジュールを更新しました。
iPhoneには、アプリの使用時間を管理・制限できるスクリーンタイムという機能が搭載されています。iPhoneの使い過ぎを防ぐ自己管理のためにスクリーンタイムの時間制限を設定している場合、時には時間を延長して使い続けたい時があったり、親御さんから時間制限をかけられているお子様の場合には、制限を無視してiPhoneを思う存分に楽しみたい時もあるのではないかと思います。

この記事では、iPhoneスクリーンタイムの時間制限を無視、非表示または解除する方法をご紹介しますので、参考にしてください。
 
  • 目次
  • スクリーンタイム制限を無視すると、親にバレるのか?
  • iPhoneでスクリーンタイムの時間制限を無視する方法
  • スクリーンタイムで「制限を無視」を非表示にする方法
  • スクリーンタイム時間制限を無視する問題についてのご質問
 
  • Part 1、スクリーンタイム制限を無視すると、親にバレるのか?
まず、スクリーンタイムの時間制限を無視した場合に、親御さんにそのことがバレてしまうのかという点は、お子様が気になる点かと思います。スクリーンタイムの時間制限を無視しても、親御さんに通知などは飛びませんが、iPhoneのスクリーンタイムのページで、iPhoneの総利用時間やアプリごとの利用時間が確認できるようになっています。

そのため、そこを確認されてしまうと、スクリーンタイムの時間制限を無視したことが判明します。また、ファミリー共有の設定をしている場合には、お子様のiPhoneだけではなく、親御さんのiPhoneでもお子様の利用状況を確認できてしまいます。
 
  • Part 2、iPhoneでスクリーンタイムの時間制限を無視する方法
それでは、iPhoneでスクリーンタイムの時間制限を無視する方法をご紹介します。

手順1、使用時間の制限に達したアプリには、下記のように「時間制限」の画面が表示されますが、スクリーンタイムが初期設定のままになっている場合、画面下部に「制限を無視」というボタンが出てきます。
順2、こちらをタップすると、「あと1分」「15分後に再通知」「今日は制限を無視」のいずれかを選択して、iPhoneを使用し続けることが可能です。
手順3、キリが悪い時には少し時間を延長するなど、状況に応じて臨機応変な使い方が可能です。



 
  • Part 3、スクリーンタイムで「制限を無視」を非表示にする方法
それでは、スクリーンタイムを設定しているiPhoneで、「制限を無視」の画面を非表示にする方法をご紹介します。

方法1:4uKeyを利用して、スクリーンタイムの時間制限を解除する
4uKey無料ダウンロード開始:http://bit.ly/3VcDIvn

【値引きクーポン】
Tenorshare クリスマスセール
1000円 OFFコード:XMASJP12OFF
URL:https://bit.ly/3FYMk2f

まずご紹介するのが、iPhoneロック解除専門ソフトである4uKeyを利用して、iPhoneのスクリーンタイムの設定を解除する方法です。

スクリーンタイムのパスコードを思い出せなくなり、設定を解除できなくなってしまったという場合に、データを損失することなく、簡単にスクリーンタイムの設定・パスコードを削除することが可能です。直感的な操作で利用できるツールのため、PC操作に不慣れな方でも簡単に作業ができます。

Step1、PC(Mac/Windows)で4uKeyを起動して、「スクリーンタイム・パスコードを解除」を選択します。



Step2、USBケーブルでPCにiPhoneを接続して、「解除開始」をクリックします。「iPhoneを探す」がオンになっている場合には、画面の指示に従って「iPhoneを探す」をオフにしてください。


Step3、すぐにスクリーンタイム・パスコードの解除が開始し、完了するとiPhoneが再起動します。



方法2:スクリーンタイム設定で「使用制限終了時にブロック」をオンにする

続いてご紹介するのが、スクリーンタイムの設定で「使用制限終了時にブロック」をオンにすることで、「制限を無視」のボタンを非表示にする方法です。
この方法を実行することで、使用時間の制限に達した際に、「時間制限」の画面で「制限を無視」という項目が表示されなくなるため、お子様が制限時間を超えて無断でiPhoneを利用し続けてしまうことを避けられます。
 
  • 手順は、「スクリーンタイム」の画面から、「App使用時間の制限」>任意のアプリの順にタップして、パスコードを入力し、「使用制限終了時にブロック」をオンにして完了です。


方法3:スクリーンタイムで制限されているAppを削除して再インストールする

最後に、スクリーンタイムで制限されているアプリを一度削除して、再インストールする方法です。その日に利用できる時間を超過しているアプリでも、再インストール後にはゼロから時間がカウントされるため、しばらくの間は「時間制限」「制限を無視」の画面が表示されないことになります。
 
  • スクリーンタイム時間制限を無視する問題に関してよくある質問
iPhone・iPadでスクリーンタイムの時間制限を無視する問題に関して、よくある質問をご紹介します。
 
  • 質問1:iPhoneのスクリーンタイム制限を無視できなくする方法は?
スクリーンタイムの設定で「使用制限終了時にブロック」をオンにしておくことで、「制限を無視」のボタンが表示されなくなるため、お子様が制限時間を超えて無断でiPhoneを利用することを回避できたり、ご自身が気軽に時間を延長してiPhoneを使い続けることを避けられます。
 
  • 質問2:「使用制限終了時にブロック」の項目が表示されないが、利用時間を制限できないのか?
スクリーンタイムの設定画面で「使用制限終了時にブロック」の項目が表示されない場合、スクリーンタイムのパスコードが設定されていない可能性があります。

「設定」アプリから、「スクリーンタイム」>「スクリーンタイムパスコードを使用」の順にタップするとパスコードを設定できます。パスコードの設定後、「使用制限終了時にブロック」の項目が表示されていることを確認して、オンにしましょう。
 
  • まとめ
この記事では、iPhoneのスクリーンタイムの時間制限を無視、または非表示にする方法をご紹介しました。もう少しだけ時間を延長して使いたい、またはスクリーンタイムのパスコードを忘れてしまって設定を解除できないといった場合には、対応策がありますので、状況に応じて適切な方法を試してみていただければと思います。

なお、パスコードが分からず、スクリーンタイムを解除できない場合におすすめなのが4uKeyです。専門知識が不要で、たった3ステップでスクリーンタイムを解除することが可能です。データを損失することもなく、安心して利用できるため、スクリーンタイムの解除でお困りの際は、ぜひご利用ください。
 
  • 関連記事
❶パスコードなしでiPhoneの機能制限を解除できない場合の対処方法:http://bit.ly/3BkP1Kf
❷スクリーンタイムでSafariを制限できない場合の対処法:http://bit.ly/3VGansY
❸iPhone スクリーンタイムを強制解除する裏ワザ:http://bit.ly/3gO6T9c


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Tenorshare >
  3. iPhoneスクリーンタイムの時間制限を無視!解除または非表示にする方法 | 4uKey