「うるま市キャッシュレス化推進事業」に二年連続で採択 沖縄県うるま市、10月1日(金)より「うるま市e街ギフト第2弾」の販売を開始

新機能「セット販売機能」と「加盟店グルーピング機能」を活用し同時期に同地域で複数の電子商品券を発行・運用し決済時に自動で対象加盟店を類別

eギフトプラットフォーム事業(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦、鈴木 達哉/以下、ギフティ)は、株式会社沖縄銀行(本社:沖縄県那覇市/頭取:山城 正保/以下、沖縄銀行)がプレミアム付電子商品券の発行/管理事業者であり、沖縄県うるま市がうるま市商工会に委託し実施する「うるま市キャッシュレス化推進事業」において、地域で発行・利用可能な商品券を電子化し流通させるソリューション「e街ギフト®」(※2)および「e街ギフト®」の新機能である「セット販売機能」および「加盟店グルーピング機能」もあわせて採用いただきました。また、本事業で発行されるバリアブル型のプレミアム付電子商品券「うるま市e街ギフト第2弾」は、専用ウェブサイトにて、2021年10月1日より販売を開始いたしましたので、お知らせいたします。なお、本案件は、2020年10月に発行を開始した「うるま市e街ギフト(第1弾)」に続き、同年8月より沖縄銀行に提供した「e街ギフト®」の仕組みを流用しプレミアム付電子商品券として発行するものです。

ギフティは、『eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する』というコーポレート・ビジョンのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しています。主力サービスは、カジュアルギフトサービス「giftee」(※3)、eギフトやチケットを発行し販売する「eGift System」(※4)、また、eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」(※5)、の3サービスあり、個人、法人、自治体を対象に広くeギフトサービスを提供しております。また、地域通貨を電子化し流通させるソリューションである「Welcome ! STAMP」を2016年5月にローンチし、長崎県内関係離島市町で共通で利用できるプレミアム付き商品券「しまとく通貨」や東京都島しょ地域で利用可能な「しまぽ通貨」に採用をいただいております。2019年には、地域で発行・利用可能な商品券を電子化し流通させるソリューション「e街ギフト®」の提供を開始し、同年11月には「ふるさと納税」の返礼品として岡山県瀬戸内市に採用をいただきました。2020年5月には群馬県前橋市に、同年7月には秋田県、同年11月には八王子市に、2021年4月には岡山県西粟倉村、同年8月には岡山県瀬戸内市に、新型コロナ緊急経済支援策のソリューションとして「Welcome ! STAMP」および「e街ギフト®」を導入いただいております。

この度、「e街ギフト®」を採用いただきました「うるま市e街ギフト第2弾」は、加盟店の中でも特に小規模事業者の売上拡大に貢献できるよう、小規模事業者が運営する加盟店のみで利用可能な「地元企業応援券」と全加盟店で利用可能な「全店共通券」、2種類の券種を同地域、同時期にセットで販売・運用する仕組みを構築されています。本仕組みは、「e街ギフト®」の新機能である「セット販売機能」および「加盟店グルーピング機能」を活用いただき実現しています。新機能である「セット販売機能」とは、異なる種類の電子商品券をセットで販売することができる機能です。また、「加盟店グルーピング機能」とは、同地域・同時期に発行される電子商品券の利用時に加盟店を自動で類別する機能です。両機能を導入いただくことで、複数の券種を組み合わせてセットとして販売することができ、各加盟店での利用時には決済時に各券種の対象加盟店舗を自動で類別することができます。そのため、利用できる加盟店が異なる複数の電子商品券を同地域かつ同時期に運用する仕組みを提供することが可能となります。今回、2つの新機能の初号案件として、導入いただきました。

「うるま市e街ギフト第2弾」は、スマートフォンおよびクレジットカード所有者であればうるま市在住の方に限らずどなたでも専用ウェブサイトから必要事項を入力のうえ、クレジットカード決済により購入いただけます。購入後、登録いただいたメールアドレスに届くURLから購入済みの「うるま市e街ギフト第2弾」にアクセス可能です。購入可能な電子商品券は、プレミアム率25%でうるま市内の加盟店全店で利用可能な「全店共通券」と、プレミアム率50%で小規模加盟店(売り場面積500㎡未満)でのみ利用可能な「地元企業応援券」を組み合わせて販売する「セットチケット」、もしくは、「地元企業応援券」単体で購入時に2種類からお選びいただけます。「セットチケット」は7,000円(「全店共通券」2,500円+「地元企業応援券」4,500円、ご負担額5,000円)単位で、「地元企業応援券」は7,500円(ご負担額5,000円)単位で、お一人につき最大合計75,000円分(プレミアム額込)まで購入できます。申込時に、氏名、居住都道府県、携帯電話番号、メールアドレス等を入力いただき本人確認を行うため、発行者は一人当たりの購入金額を制限して販売することが可能です。なお、販売期間は、2021年10月1日9:00amから2022年2月13日11:59pmの間で、発行総額1億4千万円に達した段階で販売終了となります。購入したチケットは、2022年2月28日11:59pmまでご利用いただけます。

購入後は、即時にうるま市の加盟店約130施設(2021年10月1日時点)で、お会計時に1円単位で利用が可能となります。利用方法も簡単で、加盟店にスマートフォンを持参し、「うるま市e街ギフト第2弾」購入時に登録いただいたメールアドレスに届くURLからQRコードを表示し、お会計時に提示することで決済が完了します。加盟店での運用も大変簡単で、会計時にスマートフォンに表示された「うるま市e街ギフト第2弾」のQRコードを、おきぎんStarPay(※6)端末で読み取ると利用が完了します。QRコードの読み取り時に「消し込み」という処理が行われ、そのタイミングで利用済みとして認識されるため、再利用等の不正利用を防ぐことができます。なお、紙の商品券の運用時に発生する「受領・裏書き・集計・保管・請求」といった加盟店の煩雑な作業も必要なく、利用実績等も専用のWEBページから加盟店毎に確認することが可能です。

新型コロナウィルスの影響下において、「e街ギフト®」を地域活性化施策のソリューションとして導入いただくベネフィットとして、対面かつ行列等を作らず密を避けた状況で購入可能である点があげられます。さらに、利用時には、利用者と加盟店間において直接的なチケットの受け渡しが発生せず、非接触かつ衛生的に運用することができ安心して利用いただけます。また、利用実績が全て自動でデータ化されるため、加盟店における裏書や集計、請求が不要であり入金を含む精算作業にかかる時間を短縮することができ、宿泊施設、飲食店等の中小事業者の迅速な経済支援の実現を可能とします。

ギフティは、引き続き、「e街ギフト®」の機能拡充に取り組むとともに、新型コロナウィルス影響下における緊急経済支援策のソリューションとして、全国の自治体へ「Welcome ! STAMP」および「e街ギフト®」の提供を一層推進します。また、ギフトで「人とまち」をつなぐというミッションのもと、「Welcome ! STAMP」の普及を通じて、地域活性化および新たな体験の創出に貢献してまいります。

(※1) eギフトプラットフォーム事業とは、ギフティが取り組む、eギフトの生成から流通まで一貫して提供する事業です
(※2) e街ギフトは、ギフティの登録商標です(2020年9月商標登録済み)
(※3) gifteeとは、ギフティが運営するeギフトの販売WEB/アプリサービスです
(※4) eGift Systemとは、ギフティが法人向けに提供するeギフトおよびeチケット販売システムです。導入企業は、自社サイトでeギフト/チケットサービスを運用することができます
(※5) giftee for Businessとは、eギフトを活用した法人向けソリューションです。キャンペーンの景品やお客様への謝礼にeギフトをご利用いただけます
(※6) おきぎんStarPayとは、沖縄銀行が提供されている、複数のスマホ決済サービスを一つの端末アプリで利用できるようにした、店舗向けのマルチ決済ソリューションです           

■「うるま市e街ギフト第2弾」概要
導入自治体:沖縄県うるま市
購入期間:2021年10月1日9:00amから2022年2月13日11:59pm(完売次第終了)
利用期間:2021年10月1日9:00amから2022年2月28日11:59pm
申込方法:専用ウェブサイト( https://uruma-emachigift.jp/ )
対象者:スマートフォン及びクレジットカード所有者であればどなたでも購入可能
発行総額:1億4千万円(うち元本1億円、プレミアム分4千万円)
券種:全店共通券:プレミアム率25%/市内全加盟店で利用可能
地元企業応援券: プレミアム率50%/市内小規模加盟店(売り場面積500㎡未満)で利用可能
販売金額:セットチケット:額面7,000円(「全店共通券」2,500円+「地元企業応援券」4,500円、5,000円で購入可能)
地元企業応援券:額面7,500円(5,000円で購入可能)
購入限度額:お一人さま最大合計75,000円まで(50,000円で購入可能)
加盟店:うるま市内の飲食店等約130施設(2021年10月1日時点)    
https://uruma-emachigift.jp/merchant-info/

■  新機能 概要
加盟店グルーピング機能:同地域・同時期に発行される電子商品券の利用時に加盟店を自動で類別する機能/2021年10月ローンチ
セット販売機能:異なる種類の電子商品券をセットで販売することができる機能/2021年10月ローンチ

■  株式会社ギフティについて
社名:  株式会社ギフティ
所在地:  〒141-0022 東京都品川区東五反田2丁目10−2 東五反田スクエア12階
設立:  2010年8月10日(サービス開始:2011年3月)
資本金:  1,842百万円(2021年6月末時点)
代表者:  代表取締役 太田 睦、鈴木 達哉
事業内容:  eギフトプラットフォーム事業の展開(以下4サービス)
     ①カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
     ②法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」事業の展開
     ③eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」事業の展開
     ④地域活性プラットフォーム「Welcome ! STAMP」事業の展開
URL:  株式会社ギフティ https://giftee.co.jp/
    giftee  https://giftee.com/
    giftee for Business  https://giftee.biz/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ギフティ >
  3. 「うるま市キャッシュレス化推進事業」に二年連続で採択 沖縄県うるま市、10月1日(金)より「うるま市e街ギフト第2弾」の販売を開始