【東京通信大学】「公開講座2019」12/14(土)開催 人生100年時代。~考えよう、支援の「今」と「これから」~

各講座200名|参加無料

インターネットの大学「東京通信大学」の教育や研究を、広く一般の方々にも知っていただく場として、新宿駅前キャンパス(総合校舎コクーンタワー)で、本学の指導陣による「公開講座2019」を開催いたします。

今年2回目となる公開講座のテーマは『人生100年時代。~考えよう、支援の「今」と「これから」~』。
伸び続ける日本人の寿命、他方で少子高齢化と人口減少。「老後2000万円問題」も浮上し、不安がいっぱいの長寿時代を迎えます。年金・医療保険・介護等・・・日本の社会保障問題や、高齢者施設や孤独死の問題等、日々ニュースで目にするけれど、本当は何が問題かわからない方や興味があるけれど何から調べればいいのかわからない方、詳しく知りたい方など、基調講演とパネルディスカッションを通して、皆さん一緒に考えてみましょう。

本学の教育の一端を、通常の講義動画ではなく直に体感いただける機会です。ぜひ受講ください。



 

 

■講座概要
【1限目】
基調講演:「人生100年時代の社会保障はどうなるの?」
東京通信大学 人間福祉学部 学部長
増田 雅暢

【2限目】
パネルディスカッション:「今、地域で人を支援するということ」
本学の教員3名がパネリストになり、自身の専門領域における支援の現状と課題、その中で支援するということの「楽しさ」と「難しさ」を語ります。
<パネリスト>
東京通信大学 人間福祉学部 准教授 矢野 明宏 (専門領域:高齢者分野)
東京通信大学 人間福祉学部 助教 松浦 真理子 (専門領域:保健医療・看護分野)
東京通信大学 人間福祉学部 助教 添田 雅宏 (専門領域:精神保健分野)
<モデレーター>
東京通信大学 人間福祉学部 教授 高橋 紘士


■日程・申込み詳細
開催日:2019年12月14日(土)
時間:【1限目】14:00~15:20/【2限目】15:30~17:00
定員:各講座200名(予約可/入退場自由)
受講料:無料
会場:東京通信大学 新宿駅前キャンパス(総合校舎コクーンタワー) 21F

(交通アクセス)
新宿(西口)駅前、徒歩3分。
JR・小田急・京王・地下鉄から地下街が直結。駅前から歩道橋が直結。

 ≪注意事項:申込みされる方はご一読ください≫
※当日参加も可能ですが、定員に達した場合は事前申込みの方が優先となります。

▶申込みはこちらから
https://campus.internet.ac.jp/eform/submit/id_apply_ext_entry

※内容・日程は変更になる場合があります。

 


■プロフィール
【基調講演】

東京通信大学 人間福祉学部 学部長

増田 雅暢

東京大学 教養学部卒業。博士(保健福祉学)。埼玉県出身。厚生省(現 厚生労働省)で介護保険制度の創設等の行政実務に従事。岡山市役所 民生部長、国立社会保障・人口問題研究所総合企画部長、国立保健医療科学院 福祉サービス部長、内閣府 参事官、九州大学 法学部 助教授、上智大学 総合人間科学部 社会福祉学科 教授などを歴任。『逐条解説介護保険法』(法研)など著書多数。

 


【パネルディスカッション】
<パネリスト:高齢者分野>

東京通信大学 人間福祉学部 准教授

矢野 明宏

武蔵野女子大学大学院 人間社会・文化研究科 福祉マネジメント専攻 修士課程修了。修士(福祉マネジメント学)。高齢者福祉施設で介護職員、生活相談員として勤務しながら、社会福祉士・介護支援専門員を取得。ソーシャルワークやケアマネジメント業務を中心とした現場経験を積む。武蔵野大学、東京学芸大学、明治学院大学など多くの大学で教鞭をとる。

 



<パネリスト:保健医療・看護分野>

東京通信大学 人間福祉学部 助教

松浦 真理子

グリフィス大学大学院 看護学修士号取得コース 老年看護緩和ケア専攻修了。修士(看護学)。病院や訪問看護ステーション、高齢者施設、居宅介護支援事務所において、看護師や介護支援専門員として実務経験を積み、老年看護分野、在宅看護分野の教育に携わっている。
 

 



<パネリスト:精神保健分野>

東京通信大学 人間福祉学部 助教

添田 雅宏

日本社会事業大学大学院 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻 博士前期課程修了。修士(社会福祉学)。精神保健福祉士。公共職業安定所 精神障害者相談員、地域生活支援センター施設長、精神科病院 ソーシャルワーカー勤務を経て日本社会事業大学通信教育科の専任教員として勤務。団体職員として精神障害者が安心して暮らせる街づくりに参画。
 

 


<モデレーター>

東京通信大学 人間福祉学部 教授

高橋 紘士

学習院大学 法学部卒業。法学士。特殊法人社会保障研究所 研究員、法政大学、立教大学等の教授、東京都社会福祉審議会 委員長、東京都障害者施策推進会議 議長、公益社団法人日本社会福祉士会 理事、社会福祉士国家試験委員会 副委員長など歴任。現在、一般社団法人高齢者住宅協会 理事、日本介護福祉情報学会 理事・顧問、公益財団法人杉浦記念財団 評議員など。
 

 

 

■東京通信大学
2018年4月に開学した文部科学省認可の通信制大学。

1回約15分の講義動画をオンラインで受講、通学不要で卒業が可能です。「時間・場所・費用」の制約を超え、より多くの人々に教育の門戸を広げています。「人間福祉学部」と「情報マネジメント学部」の2学部を設置。東京・大阪・名古屋の駅前にはキャンパスも構え、総合校舎であるコクーンタワーには教職員・学生との交流の場も用意。10代から80代まで、様々な年代の1,702名の学生が学んでいます(2019年5月時点)。

東京通信大学HP:https://www.internet.ac.jp/

 

 本件に関する問合せ先
学校法人 日本教育財団 東京通信大学
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-7-3
TEL:03-3344-2222(代)   
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 日本教育財団 >
  3. 【東京通信大学】「公開講座2019」12/14(土)開催 人生100年時代。~考えよう、支援の「今」と「これから」~