10年ぶりに帰ってきた、「Lの世界」の続編「Lの世界 ジェネレーションQ」Huluにて8月28日(金)から独占配信 決定!

さらに「Lの世界」全シーズンも8月1日(土)に配信開始

© 2019 The L Word Generation Q Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.© 2019 The L Word Generation Q Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

オンライン動画配信サービスHuluを運営するHJホールディングス株式会社は、2019年12月8日にアメリカのケーブルテレビ局SHOWTIMEで放送を開始した「Lの世界 ジェネレーションQ」を2020年8月28日(金)から独占配信します
 

 

2004から2009年にSHOWTIMEで放送され、ロサンゼルスのウェスト・ハリウッドで暮らすレズビアンたちの日常を描き、日本でも多くのファンを生み出したTVシリーズ 「Lの世界」。その10年後の世界を描く「Lの世界 ジェネレーションQ」は、舞台をロサンゼルス 、シルバーレイクに移し、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーたちの恋愛やセックス、挫折や成功などの日常を描きます。前作「Lの世界」からは、ジェニファー・ビールス(ベット・ポーター役)、レイシャ・ヘイリー(アリス・ピエゼッキー役)やキャサリン・メーニッヒ(シェーン・マッカチョン役)が登場。3人のその後の人生を描きながら、新たなキャラクターのダニ・ヌニェス(アリアンヌ・マンディ)、マイカ・リー (レオ・シェン)、サラ・フィンリー(ジャクリーン・トボーニ)、ソフィー・スアレズ(ロザリー・ザヤス)、ジジ(セピデ・モアフィ)ら次世代の若者たちの人生も同時に進行していきます。

マリア・ルイス・ライアン (「4つの嘘と愛」, 「シックス・バルーン」) がショーランナーと制作総指揮を務め、前ドラマシリーズ「Lの世界」のクリエーターのアイリーン・チェイケン、クリステン・カンポ(「SEE暗闇の世界」、「真相 Truth Be Told」)、アリス・オザースキ、ステフ・グリーン(パイロット版)、キャストのジェニファー・ビールス、レイシャ・ヘイリーやキャサリン・メーニッヒも制作総指揮を務めます。
本TVシリーズはシーズン2の制作もViacomCBSからアナウンスされています。
 

© 2009 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.© 2009 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

そして、世界中を虜にした「Lの世界」も8月1日(土)から配信開始します。
2004から2009年にSHOWTIMEで放送されたT Vシリーズ 「Lの世界」はロサンゼルスのウェスト・ハリウッドを舞台にレズビアンのカミングアウト、同性婚、養子縁組、性転換、乳癌など実社会でも起こり得るリアルなテーマを扱い、2006年にはGLAADメディア賞最優秀ドラマシリーズ賞、2009年には同賞の審査員特別賞を受賞。エミー賞やサテライト賞にもノミネートされるなど高い評価を得ました。新シリーズ「Lの世界 ジェネレーションQ」の配信前にぜひご覧ください。

■配信情報
「Lの世界」シーズン1〜6 (字)
8月1日(土)から全話配信


Huluプレミア 「Lの世界 ジェネレーションQ」シーズン1(字、吹)
8月28日(金)から独占配信スタート、以降毎週金曜日に1話ずつ追加予定(全8話)


 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HJホールディングス株式会社 >
  3. 10年ぶりに帰ってきた、「Lの世界」の続編「Lの世界 ジェネレーションQ」Huluにて8月28日(金)から独占配信 決定!