Withコロナ教育に対応 武蔵野美術大学のオンライン授業で「MORISAWA PASSPORTアカデミック版」が活用

株式会社モリサワの「MORISAWA PASSPORTアカデミック版」が武蔵野美術大学3学科で教材として採用され、Withコロナ教育の状況下において、オンライン授業を実践する同大学で一層の効果を発揮しています。

武蔵野美術大学は、美術・デザインの分野を中心に多種多様な角度から学生を育成し、レベルの高い人材を輩出し続けています。大学の設備PCでは2008年より MORISAWA PASSPORTを導入していましたが、2019年からは、学生の個人PCに適用される「MORISAWA PASSPORTアカデミック版」を、視覚伝達デザイン学科、基礎デザイン学科、デザイン情報学科のデザイン系3学科の教材として、1年次の全学生に初めて導入いただきました。
導入当初は、学生たちが、学校でも自宅でも学内同様のフォント環境で制作活動ができることを目的としていましたが、コロナ禍の現在では、オンライン授業の際にも功を奏しています。

学内の設備PCとともに学生個人のPCにフォント環境を整えることを選択した背景と、この先期待することについて、各学科の3名の教授にお伺いしたインタビュー(2019年12月)はこちらからご覧ください。
https://www.morisawa.co.jp/products/fonts/voices/4884

インタビュー


「学生個人のPCに豊富な書体が入り授業以外でも使える。学生にとってはこれ以上ない書体の学びを深める機会です。」
武蔵野美術大学 造形学部 視覚伝達デザイン学科
白井 敬尚 教授
武蔵野美術大学 造形学部 デザイン情報学科
森山 明子 教授
武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科
板東 孝明 教授

MORISAWA PASSPORTアカデミック版について
プロデザイナーに欠かせないMORISAWA PASSPORTを、学生および教職員の方が個人で所有するPCで手軽に使用していただけるアカデミック版のフォント製品です。学校の課題はもちろん、自主制作などのシーンで、豊かで自由な文字環境をご利用いただけます。

MORISAWA PASSPORTアカデミック版について詳しくはこちら
https://www.morisawa.co.jp/products/fonts/passport-academic/

学科単位でMORISAWA PASSPORTアカデミック版を教材として採用をご検討の場合はこちらからお問い合わせください。
https://www.morisawa.co.jp/support/contact/forms/fonts/

武蔵野美術大学について
武蔵野美術大学は、美術・デザインの分野を中心に多種多様な角度から学生を育成し、レベルの高い人材を輩出し続けている美術大学です。コロナ禍の状況においても、オンライン方式にて授業(実技・演習・講義)を再開するとともに、「コロナ禍により学びを断念する学生を出さない」ことを第一に、学生を支えていく支援策を講じています。

武蔵野美術大学
https://www.musabi.ac.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. モリサワ >
  3. Withコロナ教育に対応 武蔵野美術大学のオンライン授業で「MORISAWA PASSPORTアカデミック版」が活用