株式会社DYMのSNS広告取扱高、昨期対比275%の急成長【単月取扱高2億円突破】

WEB事業や人材事業、海外医療事業等を行う株式会社 DYM(読み:ディーワイエム、本社:東京都品川区、代表取締役社長:水谷佑毅)は、SNS広告の取扱高が3月度は昨期対比275%となり、単月取扱高も2億円を突破しました。

■BtoB業界事例紹介:広告経由の単月顧客化件数2.5倍まで拡大
BtoB業界では、WEBサイトから資料請求や問い合わせを促すだけではなく、SNS広告から企業のサイト上で「お役立ち資料」や「Ebook」と呼ばれるホワイトペーパーのダウンロードを促進させる広告手法を展開し、情報収集段階のニーズからWEB上での接点を確保し、サービス理解、潜在ニーズの顕在化までユーザーを育成する“リードナーチャリング”の考え方が定着しております。
当社では広告経由のリード獲得だけでなく、獲得後の反響育成までCRMツールと連携し幅広くサポートしております。
(事例紹介)BtoBでの金融系サービス業者様ではFacebook広告経由での獲得件数の頭打ち、反響から顧客化までの引上げ率の低さが課題となっていましたがリターゲティング、類似拡張、オーディエンス配信ごとにCRMツールのパラメータを割り振り、リードの質を評価する環境を構築することで反響の質を改善しました。さらに広告クリエイティブの週次差替を繰り返しCVRが2倍改善し、反響件数2倍、顧客化件数2.5倍まで拡大しました。

 ■単品通販業界事例紹介:記事広告を中心にパフォーマンス重視の配信設計により購入CV件数25倍拡大
単品通販系商材ではFacebook、Instagram、LINEなどSNS広告を中心に、記事ページに遷移させることで、より商品理解を促進させる広告手法を展開し、獲得単価を抑えながら件数拡大に貢献しております。
(事例紹介)広告経由での獲得単価の高騰が課題であったBtoCで美容シャンプーの単品通販業者様は、リターゲティングのみに絞って月40件ほどの獲得だったところから、記事形式の第三者視点での商品紹介ページに飛ばす設計に変更して、リターゲティングだけでなく類似配信やオーディエンスターゲティングでの獲得も大きく伸ばすことに成功し、購入件数単月1000件を突破しました。

■薬機法(旧薬事法)の監視体制強化
昨今の広告媒体の審査基準強化を受け、薬事法ドットコム会員登録や、社内での媒体認定資格の取得、運用勉強会による体制強化を行っております。ご出稿をいただく広告主様の信頼性にも大きく関わる問題と捉え、真摯に取り組んでまいります。

>>SNS広告経由の獲得にお悩みの方、ご相談はこちらから!
https://dym.asia/contact/

>>Yahoo!広告、Google広告アカウントを無料で診断しませんか?お申し込みはこちら!
https://dym-sem.com/listing/lp/

■株式会社 DYM 会社概要
(1)商号      :株式会社 DYM
(2)代表取締役社長 :水谷 佑毅
(3)設立年月日   :2003 年 8 月
(4)資本金     :5000 万円
(5)売上高     :134.3 億円 着地想定(18 期)、168.5億円 目標(19期)
(6)本店所在地   :〒141-0031 東京都品川区西五反田 2-28-5 第 2 オークラビル 3 階(受付)・4 階・5 階
(7)従業員数    :連結 595 名( 2021 年 4 月 1 日 現在 )
(8)事業内容    :WEB事業、人材事業、研修事業、エグゼパート事業、海外医療事業、ウェルフェアステーション事業 等
(9)URL       :https://dym.asia/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DYM >
  3. 株式会社DYMのSNS広告取扱高、昨期対比275%の急成長【単月取扱高2億円突破】