渋谷区の中学生向けに「メタバースであそ部 トライアル編」を実施

メタバース×部活動の可能性を探るワークショップを開催

 

一般社団法人渋谷未来デザイン(代表理事:小泉秀樹、以下、渋谷未来デザイン)は、「アイデアと触れ合う、渋谷の6日間。」として、カンファレンスや体験プログラムを実施する渋谷アイデア会議「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2022」(以下、SIW)を11月8日(火)〜13日(日)に開催しています。その最終日である11月13日(日)にSIWのEXPERIENCEとして、クラスター株式会社の加藤直人氏、株式会社タカラトミーの山﨑正彦氏と東京ヴェルディの片桐正大氏をゲスト登壇者としてお迎えし、「メタバースであそ部 トライアル編」をシブヤeスタジアムにて実施します。

メタバースとは、アバターなどを介して、仮想現実空間でイベントに参加したり、ユーザー同志の交流ができる世界です。ゲームの世界で体験している人はいるかもしれませんが、新型コロナウィルスが社会に与えた影響によりメタバースはますます進化し、新しい体験価値を提供し続けており、遊び方や学び方なども変わってくると言われています。
「メタバースであそ部 トライアル編は、渋谷区が進めるシブヤ「部活動改革」プロジェクト 渋谷ユナイテッドと連携して、メタバースやアバターについて学び、さらに実際のメタバース空間にも入って一緒に遊びながら今後の可能性について考えていきます。

トライアルの今回は、メタバースプラットフォーム「cluster」を使用し、代表の加藤氏よりメタバースについて中学生向けに解説していただきます。また、タカラトミーは“メタバース”という新たな空間を活用することで、これまで“身近な⼈と近くに集まって楽しむおもちゃ”が、“いつでもどこでも誰とでも楽しめるアソビ”へ拡張する試みを実施しています。第1弾として『メタバース 黒ひげ危機一発』を「cluster」に9月からオープンしました。今回はこの事例をもとに「おもちゃ×メタバース」でなにができるか、タカラトミーのおもちゃを触りながら中学生とアイデアを検討していきます。
 
  • メタバースであそ部 トライアル編
https://social-innovation-week-shibuya.jp/timetable/event/ex-16/
日時:日付:11.13 (日) 9:30 - 11:30
会場:シブヤeスタジアム/オンライン配信なし
主催:渋谷未来デザイン、東京ヴェルディ
協力:一般社団法人渋谷ユナイテッド
参加者:渋谷ユナイテッド デジタルクリエイティブ&eスポーツ部に所属している中学生ほか

<プログラム>
9:30-9:50
1部:メタバースって何?
ゲスト登壇者 ※敬称略:
加藤 直人 (クラスター株式会社 代表取締役CEO)

9:50-10:30
2部:メタバースであそぶって?
ゲスト登壇者 ※敬称略:
加藤 直人  (クラスター株式会社 代表取締役CEO)
山﨑 正彦 (株式会社タカラトミー グローバルメディア戦略部 部長)
片桐 正大 (東京ヴェルディクラブ理事 兼 東京ヴェルディeスポーツチームGM)

10:30-11:30
3部:体験会
実際にメタバースで遊んでみよう。そしておもちゃ×メタバースでアイデアを考えてみよう。


<SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA(SIW)について>
SIWは渋谷区共催イベントとして2018年からスタートし、今年で5回目の開催となります。渋谷は多種多様な人たちが、アップデートし続けている街です。その原点にあるのは「アイデア」。多様なアイデアが、出会い、つながり、形になり、渋谷の“らしさ“が生まれてきました。その「アイデアが集まる」という都市特性に特化したアイデアプラットフォームに進化し、渋谷の街で産官学民がプログラムを共につくり、議論に参加することで、これからの社会、未来への可能性を発信していきます。
公式サイト https://www.social-innovation-week-shibuya.jp/

<渋谷ユナイテッドについて>
一般社団法人渋谷ユナイテッドは、渋谷に住む人・渋谷で働く人・渋谷で学ぶ人・渋谷が好きな人など渋谷民の誰もが、スポーツや文化活動を楽しくする・見る・支える・つながる経験を通して、生涯に渡り、心身の健康増進をする取組や環境を創ることを目指します。

<シブヤeスタジアムについて>
2022年4月に開校した日本初のeスポーツ専門学校「eスポーツ高等学院」の施設。高速ネット回線の完備をはじめ、eスポーツに特化した最高のゲーム環境が自慢の、レンタル可能なeスポーツスタジアムです。JR渋谷駅から徒歩3分、最新カルチャーを発信し続ける渋谷のど真ん中にあります。

<メタバース 黒ひげ危機一発について>
https://www.takaratomy.co.jp/products/metaverse_kurohige
『メタバース 黒ひげ危機一発』は、離れていてもみんなでメタバース空間に集まることで、チャットや音声でコミュニケーションをしながらハラハラドキドキ感覚を共有して遊ぶことができます。スマートフォンやPC、VRというお好きなデバイスでアクセスできる「cluster」内に、「黒ひげ危機一発」の世界観を3D化したスペシャルワールドが広がり、プレイヤー同士が交流しながら楽しめる3つの黒ひげのアソビを展開します。どのアソビも最大12⼈のマルチプレイが可能です。

<東京ヴェルディeスポーツについて>
Jリーグクラブ初の、そして日本のプロスポーツチーム初の『eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)』参入チームとして2016年9月に設立。サッカーゲーム『eFootballシリーズ』(PlayStation、モバイル)『FIFAシリーズ』をはじめとして、複数のゲームタイトル部門で10名を超える選手が所属。

 eスポーツの全国リーグ『日本eスポーツリーグ(JeSL)2017 Summer 優勝』を皮切りに、『eJ.LEAGUEウイニングイレブン2019シーズン ベスト4』『JAPAN eSPORTS GRAND PRIX 準優勝』などの競技実績を誇る。
また、2021年には、アジア各国の代表チームで構成された『E-LEAGUE2021』や東京2020オリンピックの公式eスポーツイベントパートナーとしてインテル社が主催する『Intel World Open ロケットリーグ大会』に日本を代表して参戦を果たした。今後も国内外のリーグ参戦により国際的な活躍を目指す。

<クラスター株式会社(cluster)について>
誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできるメタバースプラットフォームを展開しています。スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。メタバースを実現し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続けています。
cluster:VRデバイス、スマートフォン、PC/Macからご参加いただけます。
ご利用されるデバイス用のclusterアプリのインストールと無料アカウントの作成が必要です。
<clusterアプリダウンロード>https://cluster.mu/downloads
<clusterアカウント作成>https://cluster.mu/

<一般社団法人渋谷未来デザインについて>
渋谷未来デザインは、ダイバーシティとインクルージョンを基本に、渋谷に住む人、働く人、学ぶ人、訪れる人など、渋谷に集う多様な人々のアイデアや才能を、領域を越えて収集し、オープンイノベーションにより社会的課題の解決策と可能性をデザインする産官学民連携組織です。都市生活の新たな可能性として、渋谷から世界に向けて提示することで、渋谷区のみならず社会全体の持続発展につながることを目指しています。 
一般社団法人渋谷未来デザイン https://www.fds.or.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人渋谷未来デザイン >
  3. 渋谷区の中学生向けに「メタバースであそ部 トライアル編」を実施