二宮正明が描く村八分サスペンス「ガンニバル」。柳楽優弥主演で「Disney+(ディズニープラス)」実写ドラマ化プロジェクト開始!

ディズニープラスで新たな実写ドラマ化プロジェクトが始動!「怖すぎる」村八分サスペンス!

週刊漫画ゴラクで連載中のコミック「ガンニバル」(二宮正明:著)。そのディズニープラスでの実写ドラマ化プロジェクトが始動した。主人公・阿川大悟を演じるのは柳楽優弥。監督を片山慎三、脚本を大江崇允が担当する。
人類史始まって20万年。食人はひとつの文化だった。
宗教的儀式。迷信的治療。個人的欲求。様々な理由から世界各地で食人は行われてきた。
日本においても明確に禁止されたのは明治以降である。

しかし!今も、世界のどこかで。あるいは日本のどこかの集落で・・・

『ガンニバル』試し読み
https://sp.nihonbungeisha.co.jp/goraku/ebook/gunnibal/#target/page_no=1

食人文化のある村で起こる「怖すぎる」村八分サスペンス。

 「ガンニバル」は、東京から田舎の供花村に駐在することになった警官の阿川大悟を主人公に描く“村八分”サスペンス。大悟一家は村の人々に暖かく受け入れられたが、 一人の老婆が遺体で見つかったことを契機に、村の異常性に気付いてしまう。「この村の人間は人を喰ってる」ーー。

 週刊漫画ゴラク(日本文芸社)にて2018年から連載中。単行本は11巻まで刊行されている。

ディズニープラス公式Twitter
https://twitter.com/DisneyPlusJP/status/1448539064689324044
Disney+ニュース
https://disneyplus.disney.co.jp/news/2021/content-showcase.html
日本文芸社公式HPお知らせ
https://www.nihonbungeisha.co.jp/news/n43949.html
  • ​「ガンニバル」最新第11巻


著者:二宮正明
シリーズ: ニチブンコミックス
出版年月日: 2021/07/16
ISBN:9784537143881
判型: B6
定価: 748円(税込)
(単行本)https://www.nihonbungeisha.co.jp/book/b587098.html
(電子書籍)https://www.nihonbungeisha.co.jp/book/b587107.html
  • 株式会社日本文芸社
日本文芸社は、出版やデジタル配信で「人の心・身体・暮らしを元気に、楽しく、前向きに輝くようにする」コンテンツ創造カンパニーとして社会に貢献することを理念に掲げています。
【会社概要】
代表者 代表取締役社⻑ 吉田芳史
所在地 〒135-0001 東京都江東区毛利2-10-18 OCMビル
設立 1959年1月
資本金 1億円
従業員数 72名(2021年3月31日現在)
コーポレートサイト:https://www.nihonbungeisha.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本文芸社 >
  3. 二宮正明が描く村八分サスペンス「ガンニバル」。柳楽優弥主演で「Disney+(ディズニープラス)」実写ドラマ化プロジェクト開始!