四街道市は日本郵便株式会社とマイナンバーカードの取得促進に向けて協定を締結しました

千葉県内では初の取り組み

四街道市はマイナンバーカードの取得促進に向けて、令和2年1月29日に、日本郵便株式会社と「四街道市マイナポータル用端末の設置及び管理に関する協定」を締結しました。

令和2年1月31日から市内郵便局10局において、マイナンバーカードのオンライン申請ができる「マイナポータル用端末」の運用が開始されています。

佐渡斉四街道市長は「当市では令和元年12月から住民票等のコンビニ交付サービスが開始されており、利用にはマイナンバーカードが必要であることから、これを機により多くの市民の皆様にマイナンバーカードを取得していただきたい。」と期待を寄せました。

柳田茂雄日本郵便株式会社関東支社経営管理部長は「本協定により、四街道市の皆様の利便性の向上、マイナンバーカードの普及の拡大のお役に立てることを大変うれしく思う。本協定を機に連携をより一層深めていきたい。」と述べられました。



(締結式)
■日 時
令和2年1月29日(水) 15:00~15:30

■場 所
四街道市保健センター3階第2会議室

■出席者
四街道市長 佐渡 斉
日本郵便株式会社 関東支社 経営管理部長 柳田茂雄
ほか関係者
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 四街道市役所 >
  3. 四街道市は日本郵便株式会社とマイナンバーカードの取得促進に向けて協定を締結しました