〈岩手県久慈市を応援!〉11月10日(水)より、生産量日本一の"山ぶどう"を通して、久慈市の魅力に触れる『岩手県久慈市 山ぶどうフェア』開催

滋養強壮や疲労回復への効果が期待できると言われている旬の"山ぶどう"を、東京・白金台で堪能しよう!

総合プロデュース企業 株式会社八芳園(取締役社長:井上義則、東京都港区白金台1‐1‐1、以下「八芳園」)は、2021年11月10日(水)~15日(月)、岩手県久慈市の魅力をPRするポップアップショールーム『岩手県久慈市 山ぶどうフェア』を、東京・白金台「MuSuBu」にて開催いたします。全国一の生産量を誇る岩手県産の"山ぶどう"を通して、東京都内にいながら味わえる久慈市の魅力に触れてみませんか。

2021年11月10日(水)~15日(月)、岩手県久慈市の魅力をPRするポップアップショールーム『岩手県久慈市 山ぶどうフェア』を、東京・白金台「MuSuBu」にて開催いたします。

岩手県が全国一の生産量を誇る"山ぶどう"。
その中でも久慈市では、岩手県の約40%の山ぶどうを生産しています。久慈地域の冷涼な気候により、他に比べてじっくりと成熟が進む完熟した山ぶどうは、久慈市が全国に誇る特産品のひとつです。

今回のポップアップショールーム『岩手県久慈市 山ぶどうフェア』では、そんな久慈市で育った旬の山ぶどうを通して、"人"と"食"をむすびながら、久慈市の魅力や特徴をご体感いただきます。
VTRを通じて、生産者さんのお話とともに久慈市の魅力をお届けする紹介ブースや、久慈市の山ぶどうを使用したイベント特別メニューの提供、また、久慈市ならではの体験コンテンツとして、都内ではなかなか経験することが出来ない「琥珀採掘体験」など、久慈市の様々な魅力を堪能する特別な6日間をお届けいたします。

【岩手県ポップアップショールーム『岩手県久慈市 山ぶどうフェア』】
  • 開催日:2021年11月10日(水)~15日(月)
  • 時間:11時00分~18時00分
  • 場所:「MuSuBu」東京都港区白金台4-9-19 HAPPO-EN URBAN SQUARE 1階&2階
  • YoutubeLIVE配信:2021年11月13日(土)11時30分~ https://youtu.be/LBc0hdm1d3w


【3つの注目コンテンツ】

  • 【リアル】〈店内〉岩手県久慈市の魅力を知ろう!全国に誇る"山ぶどう"と"久慈琥珀"を紹介
  • 【リアル】〈カフェ〉久慈市の山ぶどうを使用した特別メニューを味わおう!
  • 【リアル】〈物販〉ご自宅でも堪能!久慈市の名産品を販売
  • 【リアル】〈体験〉挑戦!「琥珀採掘体験」で久慈市の琥珀に触れよう!
 
  • 1.【リアル】〈店内〉岩手県久慈市の魅力を知ろう!全国に誇る"山ぶどう"と"久慈琥珀"を紹介
日本一の山ぶどうの郷、岩手県久慈市。日本ではじめて山ぶどう果汁100%の山ぶどうジュースを開発し、パイオニアとして長年山ぶどうの栽培に挑戦し続けている「佐幸本店」佐々木茂氏は、久慈市の山ぶどうについて「日本産の"山ぶどう"というぶどうの品種をもっともっとPRしていかないといけません。いろんな方にいろんな方法で味わっていただきたいと思っています。開発をどんどん進めていき、より多くの人に味わっていただきたいと考えています。」という強い想いを語ってくださいました。
さらに久慈市は、山ぶどうの他にも、国内最大級の琥珀産地として「久慈琥珀」が知られています。店内では、そんな山ぶどうと久慈琥珀について、VTRを通してご紹介。全国に誇る久慈市の魅力を存分にお届けいたします。

(右)「佐幸本店」佐々木茂氏(右)「佐幸本店」佐々木茂氏

 

  • 2.【リアル】〈カフェ〉久慈市の山ぶどうを使用した特別メニューを味わおう!
店内のカフェスペースでは、全国に誇る久慈市の山ぶどうを使用した、八芳園MuSuBuシェフ考案のイベント限定特別メニューをご提供いたします。メニューに使用しているのは、「佐幸本店」佐々木茂氏が手掛けた久慈市の山ぶどう。ここでしか味わえない、久慈市の"食"の魅力をご堪能ください。

●短角牛の山ぶどう煮込み御膳(まめぶ汁付き)〈¥2,300(税込)/テイクアウト 2,000円(税込)〉
久慈市の名産のひとつ、久慈市の広大な自然の中で育った希少な短角牛を、久慈市産山ぶどうでじっくりと煮込んで仕上げた一品。久慈市で親しまれている郷土料理「まめぶ汁」とともに、山ぶどうのさわやかな甘みが染み込んだ柔らかな短角牛をお召し上がりください。

短角牛の山ぶどう煮込み御膳(まめぶ汁付き) ※写真はイメージです短角牛の山ぶどう煮込み御膳(まめぶ汁付き) ※写真はイメージです


●レアチーズケーキの山ぶどうソース〈¥350(税込)/テイクアウト可〉
濃厚なレアチーズケーキに、久慈市産山ぶどうを使用した山ぶどうソースをかけて仕上げた一品。大人の方はもちろん、お子様も美味しく味わえる、さわやかでやさしい甘みのスイーツをご堪能ください。

レアチーズケーキの山ぶどうソース ※写真はイメージですレアチーズケーキの山ぶどうソース ※写真はイメージです

 
  • 3.【リアル】〈物販〉ご自宅でも堪能!久慈市の名産品を販売
物販コーナーでは、久慈市産の山ぶどうを使用した様々な特産品を販売いたします。素材そのものの味わいを愉しめるジュースや地元で親しまれる銘菓やスイーツ、希少な久慈市産琥珀のアクセサリーから名産品まで、イベントでたっぷりと久慈市の魅力について触れた後は、ぜひお土産としてご自宅でもお楽しみください。

※写真はイメージです※写真はイメージです

 

 
  • 4.【リアル】〈体験〉挑戦!「琥珀採掘体験」で久慈市の琥珀に触れてみよう!

※写真はイメージです※写真はイメージです


「MuSuBu」のイベントにて大好評の体験コンテンツ。今回は、都内ではなかなか体験する機会が少ない「琥珀採掘体験」を開催いたします。国内唯一の琥珀専門博物館があり、国内最大の琥珀産地である久慈市。久慈琥珀博物館を運営する「久慈琥珀株式会社」さんにご協力いただき、地元でも大好評の「琥珀採掘体験」に挑戦しましょう!"太陽の石"と呼ばれる琥珀の魅力に触れてみてください。


〈参加費〉¥1,000(税込)※事前予約不要・先着順
〈開催時間〉11時00分~18時00分

■久慈琥珀株式会社について

国内最大の琥珀産地を誇る久慈市にて、琥珀の歴史や文化を継承し、新たな琥珀の文化を創造し続けている久慈琥珀株式会社さん。国内唯一の琥珀専門博物館「久慈琥珀博物館」を運営し、琥珀を通じた体験コンテンツや琥珀を取り扱う琥珀ショップなども運営しています。新田社長は久慈市の魅力について「世界の中でも琥珀が採れる場所は非常に少ないんです。久慈市は恐竜や海の生き物の化石、植物の化石なども採ることができ、これだけのものがひとつの街から採れるというのは私が知る限り世界には他になく、それだけ素晴らしい地域であり、久慈市の魅力です」と語ってくださいました。



 
  • 八芳園について


八芳園は、昭和18年の創業以来、豊かな自然環境づくりと、食生活への奉仕を通して、社会に貢献する総合イベントプロデュース企業です。「日本のお客様には心のふるさとを。海外のお客様には日本の文化を。」を理念に掲げ、「OMOTENASHIを世界へ」をミッションとして、MICE、結婚式をはじめとした、宴会・レストランなどの企画運営を展開、都心にありながらも江戸時代から続く約1万坪の由緒ある庭園を維持し、お客様へ至福の時を提供しています。
東京2020大会においては、ホストタウンアピール実行委員会に参画し、イベント及びフードプロデュースを担当いたしました。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 八芳園 >
  3. 〈岩手県久慈市を応援!〉11月10日(水)より、生産量日本一の"山ぶどう"を通して、久慈市の魅力に触れる『岩手県久慈市 山ぶどうフェア』開催