デル・テクノロジーズ、当会計年度第1四半期の業績を発表

当資料は、2023年6月1日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。
米国リリース原文:https://www.dell.com/en-us/dt/corporate/newsroom/announcements/detailpage.press-releases~usa~2023~06~20230601-dell-technologies-delivers-first-quarter-fiscal-2024-financial-results.htm#/filter-on/Country:en-us

ニュースの概要

・第1四半期の売上高は209億ドル

・営業利益は11億ドル、非GAAPベース営業利益は16億ドル
・希薄化後1株あたり利益は0.79ドル、非GAAPベースの希薄化後1株あたり利益は1.31ドル

・営業キャッシュフローは18億ドル

2023年6月1日、テキサス州ラウンドロック発:
デル・テクノロジーズは、2024会計年度(2023年2月~2024年1月)の第1四半期(2023年2月~2023年4月)の業績を発表しました。第1四半期の売上高は、前年同期比20%減の209億ドル、営業利益は前年同期比31%減の11億ドル、非GAAPベースの営業利益は同25%減の16億ドルでした。希薄化後1株あたり利益は、前年同期比42%減の0.79ドル、非GAAPベースの希薄化後1株あたり利益は、前年同期比29%減の1.31ドルでした。営業キャッシュフローは18億ドルでした。

デル・テクノロジーズのco-COO(共同最高執行責任者)、チャック ホイッテン(Chuck Whitten)は、次のように述べています。「厳しい経済環境の中、当社は事業を順調に進めることができました。価格規律を維持し、営業経費を削減し、サプライチェーンは、競合他社に先駆けて正常化した後も引き続き好調を維持しました。また記録的な数のイノベーションを発表したとともに、Dell APEX as-a-Serviceの機能をすべてのポートフォリオに拡張し、お客様のためにマルチクラウドとエッジ コンピューティングを簡素化するという約束を果たしました」。

サービスおよびソフトウェア保守契約の増加により、第1四半期末における契約済みで未計上の売上(RPO: Remaining Performance Obligation)は390億ドル、経常収益は前年同期比6%増の56億ドル、繰延収益は前年同期比8%増の297億ドルでした。現金および投資は92億ドルで、第1四半期は株式買戻しと配当により、5億2,700万ドルを株主に還元しました。

デル・テクノロジーズのCFO(最高財務責任者)、トム スウィート(Tom Sweet)は、次のように述べています。「第1四半期の営業キャッシュフローは18億ドルと好調で、引き続きステークホルダーの皆様への価値を創出しています。この6四半期で、フリーキャッシュフローの還元目標を大きく上回る50億ドルを株主の皆様へ還元し、成長を促進するイノベーションへの投資を継続しています」。

2024会計年度第1四半期の業績

デル・テクノロジーズの非GAAPベース財務情報の利用に関する情報は、「Non-GAAP Financial Measures」をご覧ください。特に記載がない限り、本プレスリリース内のすべての比較は前年比です。

各ビジネスユニットの概況

インフラストラクチャー ソリューションズ グループ(以下、ISG)の第1四半期の売上高は、前年同期比18%減の76億ドルでした。ストレージの売上高は、ソフトウェア デファインド ストレージおよび業界をリードするミッドレンジ ストレージ アレイの需要の増加を背景に38億ドルでした。サーバーおよびネットワークの売上高は、AIで最適化した高価値ワークロード サーバーへの需要増を背景に38億ドルで、営業利益は同グループ売上の約10%となる7億4,000万ドルでした。

クライアント ソリューションズ グループ(以下、CSG)の第1四半期の売上高は、前年同期比23%減の120億ドルでした。法人向けPCの売上高は99億ドル、コンシューマー向けの売上高は21億ドルで、営業利益は同グループ売上の約7%となる8億9,200万ドルでした。

主なハイライトは次のとおりです。

マルチクラウド:Microsoft(https://www.dell.com/en-us/blog/dell-enhances-azure-hybrid-cloud-with-apex-cloud-platform/ )、Red Hat(https://www.dell.com/en-us/blog/contain-the-container-clutter-with-dell-and-red-hat/ )、VMware(https://www.dell.com/en-us/blog/innovate-across-multicloud-apex-vmware/ )と共同で、オンプレミス環境にクラウド運用モデルをもたらす新しいクラウド プラットフォームを発表。また、AWS(https://www.dell.com/en-us/blog/apex-storage-for-public-cloud-simplifies-multicloud-complexity/ )およびMicrosoft(https://www.dell.com/en-us/blog/dell-enhances-azure-hybrid-cloud-with-apex-cloud-platform/ )と共同で、エンタープライズ ブロックとファイル ストレージ機能をパブリック クラウド環境に拡張するパブリック クラウド向けストレージを発表。
AI:「Project Helix(https://www.dell.com/ja-jp/blog/nvidia-project-helix-ai/ )」を発表し、お客様が自社固有のデータを使って、オンプレミス環境に生成(ジェネレーティブ)AIを迅速かつ安全に大規模展開することを可能にするフルスタック ソリューションで、デル・テクノロジーズがNVIDIAと協業する初のベンダーに。
as-a-Service:「Dell APEX」に「Compute」と「PC-as-a-Service(PCaaS)(https://www.dell.com/ja-jp/blog/dell-apex-it/ )」、またクライアント向けの「Managed Device Service(https://www.dell.com/en-us/blog/get-back-to-business-with-apex-managed-device-service/ )」を追加し、デル・テクノロジーズの幅広いポートフォリオをas-a-Serviceやサブスクリプション ベースで提供。
エッジ:「Dell NativeEdge(https://www.dell.com/ja-jp/blog/dell-nativeedge/ )」をリリースし、お客様が単一のソリューションで、エッジ資産全体を管理、簡素化、保護することを可能にする、エッジソフトウェア プラットフォームを提供。
サイバーセキュリティー:「Project Fort Zero(https://www.dell.com/ja-jp/blog/project-fort-zero/ )」を発表し、デル・テクノロジーズが、完全に統合した高度なゼロトラスト プライベート ソリューションで、エンド ツー エンドのゼロトラストを実現する初のベンダーに。ソリューションは、米国防総省の検証を受ける予定。

各ビジネスユニットの業績


# # #

■デル・テクノロジーズについて
デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代に向けて、業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

(C) Copyright 2023 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デル・テクノロジーズ株式会社 >
  3. デル・テクノロジーズ、当会計年度第1四半期の業績を発表