資産運用におけるAPIの活用が評価され、3年連続「Asian Banking & Finance Retail Banking Awards」受賞

auじぶん銀行株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井 朋貴、以下 auじぶん銀行)は、「Asian Banking & Finance Retail Banking Awards(以下 本アワード)2021」において、「Wealth Management Platform of the Year – Japan」を受賞したことをお知らせします。

 

2021年3月にリリースした、auじぶん銀行スマホアプリからauカブコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 石月 貴史、以下 auカブコム証券)の投資信託のお取引をシームレスに行えるサービスが対象です。auじぶん銀行の資産運用サービスの一環として、APIを活用することで銀行アプリからワンストップな投資信託の購入を可能にした点が高く評価されました。また、オープンバンキングに積極的に取り組みながら、グループ連携でエコシステムをしっかり構築している点も、注目を集めました。

<「Asian Banking & Finance Retail Banking Awards 2021」受賞ロゴ>

なお、2020年、2019年の本アワードにおいてもauじぶん銀行は「Mobile Banking & Payment Initiative of the Year - Japan」(※1)、「Domestic Virtual Bank of the Year - Japan」(※2)を受賞しており、今回の受賞により3年連続での受賞となります。

(※1)auじぶん銀行のスマートフォンアプリ上で提供するeKYC(電子的な本人確認手続き)および「じぶん銀行スマホデビット」による受賞
(※2)AIによる外貨の自動買付サービス「AI外貨自動積立」による受賞

■本アワードについて
「Asian Banking & Finance Retail Banking Awards」は、金融業界専門誌「Asian Banking & Finance(注1)」を発行するCharlton Media Group(注2)が主催する、アジア地域のリテール銀行を対象としたアワードです。2021年で16回目の開催となり、フィンテックやデジタル化が急成長する金融業界において、革新的な商品・サービスを発表した各国の金融機関を表彰しています。

■受賞した機能・サービスについて
auカブコム証券が提供する「kabu.com API」(注3)を利用することで、auじぶん銀行のスマホアプリから投資信託の購入、預り資産の確認などが可能となるサービスです。

 

auフィナンシャルグループのauじぶん銀行は、『じぶんのいる場所が、行く場所が、ぜんぶ銀行になる。そういうスマホの自由さ、便利さを銀行にも。』という思いを込めて「銀行を連れて、生きていこう。」というブランドメッセージを掲げるとともに、生活の中心となったスマートフォンを通じてお客さまの日常生活における決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を推進しています。今後もスマートフォンを中心とした金融サービスを提供し、“お客さまに一番身近に感じてもらえる銀行”として、お客さまやパートナー企業さまとともに新しい体験価値を創造していきます。

以上

(注1)Asian Banking & Finance https://asianbankingandfinance.net/ (外部サイトに遷移します)
(注2)Charlton Media Group https://charltonmedia.com/ (外部サイトに遷移します)
(注3)「kabu.com API」 https://kabu.com/api/kabucom_api.html (外部サイトに遷移します)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. auじぶん銀行 >
  3. 資産運用におけるAPIの活用が評価され、3年連続「Asian Banking & Finance Retail Banking Awards」受賞