社会人になって恋愛スタイルは変わった? 学生時代より、一緒に過ごす時間は減った(58.3%) けれど、相手をもっと好きになった(42.4%)!

~学生の方が「自由になる時間」「出会い」「精神的な余裕」はある~

Vol.82 QOM総研 「学生から社会人になってからの恋愛スタイルの変化」に関するアンケート調査
 成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、http://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、2014~2016年度入社の若手社会人、20~25歳の男女220人に対し「学生から社会人になってからの恋愛スタイルの変化」に関するアンケート調査を実施いたしました。
 


<調査背景>
 社会に出ると、生活の中心は仕事に。環境も立場も変わる中、学生の頃と変わらずにいることは、なかなか難しいものです。
 学生時代に付き合い始めた交際相手と、お互い社会人になっても関係を続けられている人は、どの程度なのでしょうか。また、就職してから恋愛環境に変化はあったのでしょうか。入社から1~3年ほどの若手社会人たちに聞いてみました。

<調査結果サマリ>
  • お金と経験はあるけど、時間と出会いと余裕がない社会人。恋愛するなら学生の方が有利?
  • 社会人になって「別れた」カップルより「ずっと続いている」方が多い。社会人の出会いは3割が「同じ会社」
  • 社会人になってお互いを取り巻く環境は変わっても、相手を想う気持ちは強くなった


■お金と経験はあるけど、時間と出会いと余裕がない社会人。恋愛するなら学生の方が有利?
  • Q.あなたは学生時代の恋愛と社会人の恋愛に違いはあると思いますか?(n=220)※必須回答

 学校を卒業後、実際に社会人として1~3年を過ごした若手社会人に、社会人になって感じた学生と社会人の恋愛の違いについて聞いてみました。

 「学生の方が自由になる時間がある」(75.4%)、「学生の方が出会いがある」(65.5%)、「学生の方が精神的な余裕がある」(58.2%)と、「時間」「出会い」「精神的な余裕」については社会人よりも学生の方が「ある」という意見になりました。
 社会人よりも学生の方が恋愛を楽しむ環境が整っているようです。



■社会人になって「別れた」カップルより「ずっと続いている」方が多い。社会人の出会いは3割が「同じ会社」
  • Q.あなたの現在の交際状況について教えてください。(n=220)

 学生と社会人では恋愛環境が変わってくることが分かりましたが、実際に入社前と比較して、現在の交際状況に変化はあったのか聞いてみました。

 「入社前からずっと続いている交際相手がいる」は23.6%。「入社前から交際していた相手と社会人になってから別れた」(10.5%)、「入社前から交際していた相手と別れて新しい相手ができた」(7.3%)と「別れた」人は17.8%でしたので、「別れた」よりも「ずっと続いている」カップルの方が多いことが分かりました。
 

 
  • Q.社会人になってから交際を始めた人とはどこで知り合いましたか?(n=54)

 冒頭の調査結果から、社会人になってから学生のころよりも出会いの機会が減ったと感じている人が多いことが分かります。それでは、前の設問で「入社前から交際していた相手と別れて新しい相手ができた」「入社時に交際相手はいなかったが社会人になってからできた」と回答した人たち、社会人になってから新しく交際相手ができた人たちは、どこでお相手と出会ったのでしょうか。


 「同じ会社で」出会った人が31.5%と最も多くなりました。新しい出会いの機会が少ない分、身近な存在が大きいのかもしれません。
 また、「合コン・飲み会で」(24.1%)、「マッチング・婚活サービスなどで」(11.1%)など、自分から積極的に出会いを求めて行動することも必要なようです。



■社会人になってお互いを取り巻く環境は変わっても、相手を想う気持ちは強くなった
  • Q.社会人になってあなたの恋愛スタイルは変わったと思いますか?(n=91)

 学校を卒業し、就職して社会人になると生活は一変します。以前と比べてデートする場所、食べるもの、一緒に過ごす時間、お互いの生活環境、価値観など、いろいろな変化があるのではないでしょうか。
 入社前から付き合っていた相手と現在も続いている人に、社会人になって恋愛スタイルはどんなふうに変わったか聞いてみました。

 「デートの仕方が変わった」(55.5%)、「相手と一緒に過ごす時間が減った」(58.3%)、「お互い、またはどちらかの生活が変わった」(49.4%)と、生活スタイルの変化が交際にも影響しているという結果が出ました。
 ただ、環境や生活の変化はあるものの、「お互いの価値観は変わらない」(58.2%)ようです。
 


 また、「自分が相手をもっと好きになった」(42.4%)、「相手が自分をもっと好きになった」(35.7%)と、変化を乗り越えてお互いへの想いが強くなっている人の方が多いことが分かります。
 


 学生と比べてお金と経験はあっても、時間と出会いと余裕がないと感じる若手社会人。環境の変化によって恋愛スタイルも変わってくるのは当然のことでしょう。
 そんな中、新しい恋を見つける人も、今までの恋を変わらずに大切にする人もいるようです。4月から新社会人になる方たちも、先輩たちのこうした経験を参考にして、自分に合ったスタイルで仕事と恋愛を両立していってもらいたいものです。


調査方法:インターネット調査
調査対象:調査対象:「2014~2016年度入社の社会人」と回答した20~25歳の独身男女 220名
集計期間:2017年3月24~26日


[株式会社パートナーエージェント 会社概要]
商 号:株式会社パートナーエージェント
証券コード:東証マザーズ6181
代 表 者:代表取締役社長 佐藤 茂
創 業:2006 年 9 月
所 在 地:東京都品川区大崎1丁目20-3
イマス大崎ビル4階

U R L:
パートナーエージェント http://www.p-a.jp/
おとなの婚活パーティーOTOCON http://www.otocon.jp/
OTOCON MEMBERS 婚活カウンター https://www.members-o.jp/

事業内容:
1.結婚相手の紹介、相談
2.交際、結婚に関する調査研究
3.イベント、旅行の企画・運営
4.生命保険、損害保険代理店
5.挙式、披露宴の企画・斡旋
6.カウンセリング、各種セミナー運営
7.会員誌、その他出版
8.Webサイト、Webコミュニティの企画・運営
9.託児所及び保育所の経営、事務所内外の保育の受託業務 

~代表メッセージ~
現代は、結婚しにくい時代と言われています。
仲人やお見合いなどの社会的な出会いの場が減少し、結婚をしたくても機会に恵まれない多くの独身者がいます。
当社は、もっと信頼できる結婚情報サービスを目指して設立されました。
従来の結婚相談のサービスを見直し、結婚を望む顧客へ高い成果を提供することで多くのお客様の支持をいただいてきました。
これからも、1年以内の結婚を支援するエージェントとして未婚・晩婚を解決する社会の実現へ貢献してまいります。

【転載・引用に関する注意事項】
本アンケートの著作権は、株式会社パートナーエージェントが保有します。調査レポートの内容についてはご自由に転載・引用いただいて構いませんが、引用・転載時には、必ず「婚活支援サービス パートナーエージェント」を明記いただけますようお願い申し上げます。また、パートナーエージェントのWebサイト(http://www.p-a.jp)へのリンクも貼っていただけますと幸いです。
※ 記事などで取り上げていただけた際は、お時間ございましたらmegumi-hirata@p-a.jp宛てにご一報いただけると幸甚に存じます。



<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
株式会社パートナーエージェント  広報担当:平田
TEL:03-6388-9831(部署直通) FAX:03-5759-2701
Mobile:080-4575-7766(担当者直通)
Mail:megumi-hirata@p-a.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社パートナーエージェント
  3. 社会人になって恋愛スタイルは変わった? 学生時代より、一緒に過ごす時間は減った(58.3%) けれど、相手をもっと好きになった(42.4%)!