法人向けエンドポイント保護製品のクラウド型管理コンソール「Kaspersky Japan Free Cloud KSC」(通称:タダクラ)を提供開始

~管理サーバー設置不要、無償でクラウド型の管理コンソールが利用可能~

情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡健、以下カスペルスキー)は、法人向けエンドポイント保護製品「Kaspersky Endpoint Security for Business Select(以下KESB Select)」のライセンス数10~299までの新規および乗換購入を対象とした、クラウド型の管理コンソール「Kaspersky Japan Free Cloud KSC(通称:タダクラ※1)」を2020年10月1日より無償で提供開始します。

昨今、ランサムウェアやファイルレスマルウェアなど、企業や組織を攻撃対象とするさまざまなサイバー脅威が日々ますます進化する中、企業や組織においてはテレワークの導入が進み、IT管理者がオフィス内の環境以外からもエンドポイントを管理・運用し、確実に保護できるサービスの提供が求められてきました。

「Kaspersky Japan Free Cloud KSC」は、カスペルスキーがクラウド上に用意した統合管理コンソール「Kaspersky Security Center(以下KSC)」を、KESB Select導入企業が無償で利用できるクラウドサービスです。「Kaspersky Japan Free Cloud KSC」の利用により、お客様側でKSC用のサーバー設置が不要になるため、コスト抑制が実現します。また、IT管理者はクラウド経由で保護対象端末の状況把握やポリシー変更などを実行することが可能となり、セキュリティレベルを確保しつつ管理負荷を軽減することが可能になります。※2

従来のオンプレミス型のKSCに加えて、「Kaspersky Japan Free Cloud KSC」の利用が選択可能となることで、企業や組織にとってKESB Selectの採用がいっそう容易となります。また、カスペルスキーは、「Kaspersky Japan Free Cloud KSC」の提供によりKESB Selectの販売をさらに拡大し、新規顧客の獲得を推進していきます。

■参考情報
サービス詳細はこちらをご参照ください。https://kasperskylabs.jp/b2b/products/tada-cloud.html

※1“タダクラ”は「Kaspersky Japan Free Cloud KSC」の通称です。“追加費用なしで利用可能な、お客様ごとのクラウド基盤の仮想KSC(管理サーバー)”を意味しています。
※2
・管理対象のアプリケーションは下記となります。
 「Kaspersky Endpoint Security for Windows」、「Kaspersky Endpoint Security for Mac」、 「Kaspersky Endpoint Security for Linux」
・「Kaspersky Endpoint Security for Windows Server」(Windowsサーバー用)は今秋対応予定です。「Kaspersky Security for Mobile」は管理対象外です。
・ご利用可能対象は「KESB Select」の新規購入と乗換購入のみです。「Kaspersky Japan Free Cloud KSC」のご利用にあたっては、専用の利用申請書の提出が必要です。
・「Kaspersky Japan Free Cloud KSC」へのアクセスは、Webコンソールの利用を前提としたサービスです。Webコンソールでは一部を除き、アプリケーションベースのMMCコンソールとほぼ同等の操作や設定をすることが可能です。詳しくはお問い合わせください。
https://www.kaspersky.co.jp/small-to-medium-business-security/contact-us

###
 
本プレスリリースは、2020年9月29日現在の情報を基に作成しています。今後、仕様の変更などにより、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


■ Kaspersky について
Kasperskyは、1997年に設立された世界的なサイバーセキュリティ企業です。Kasperskyが有する深く高度な脅威インテリジェンスと専門性は、常に当社の革新的なセキュリティソリューションやサービスに反映され、世界中の企業、政府機関、重要インフラから個人のお客様までを保護しています。高度に進化するデジタル脅威に対抗するため、先進のエンドポイント保護製品をはじめ、多くのソリューションとサービスを包括するセキュリティポートフォリオを提供しています。当社のテクノロジーは、4億人以上のユーザーを保護し、25万の企業や組織の重要な資産を守る力になっています。詳しくはwww.kaspersky.co.jp をご覧ください。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カスペルスキー >
  3. 法人向けエンドポイント保護製品のクラウド型管理コンソール「Kaspersky Japan Free Cloud KSC」(通称:タダクラ)を提供開始