不思議で美しい世界の墓地から文化・死生観をひも解く。「世界のお墓文化紀行」刊行

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2016年11月2日(水)に、『世界のお墓文化紀行』を刊行いたしました。



世界各地の墓地から、珍しいもの、美しいもの、風変わりなものを厳選。
全ページオールカラー、写真満載で、ユニークな葬法や各国の墓事情を紹介し、民族や国によって異なる多様な葬送民俗・死生観に光をあてる。
不思議でディープな、世界「墓」ガイド。
日本のお墓の研究の第一人者、長江曜子氏が監修する。
本書を読み、世界のお墓事情を知ることで、あなた自身や身の周りの「死」について考えるきっかけづくりとなり、それはすなわち人生や日々の心の在り方、そして死生観が形作られる一助となるだろう。
 

 


【目次】
はじめに
索引MAP
「世界のお墓」を知るための基礎用語
<第1章>
世界のお墓の基礎知識
<第2章>
不思議なお墓、絶景の墓地
・東欧の陽気な墓地
・ラテン語を話す村の墓
・ケルトの末裔の墓
・店先に並ぶ墓
・戦没者の墓地
・城壁を守る青色の墓
・ボリビアの壁型墓地
・虹の谷の墓
・ナツメヤシの墓標
・ムスリムの石塚
・サハラ砂漠の墓地
・畑に作られた土饅頭
・潮風が吹く教会墓地
・貝殻に覆われた墓
・奴隷城の墓
・タイタニック犠牲者の墓
・バリ島の墓地
・楽園の明るい墓地
・古代エジプトの墓
・アダムの墓
・「異教徒」の墓
・トラジャ族の岩窟墓
・大草原の墓
<第3章>
聖地・遺跡となった墓地・葬地
・エジプトのピラミッド
・ブッダのストゥーパ
・秦の始皇帝陵
・聖墳墓教会
・サン・ピエトロ大聖堂
・預言者のモスク
・サン・ドニ大聖堂
・アンコール・ワット
・イースター島のモアイ
・タージー・マハル
・パリのカタコンブ
・ガンジス川の水葬
・沈黙の塔
・チベットの天葬
<第4章>
大都市の美しい墓地・霊園
・ストックホルム
・ロンドン
・パリ
・ミラノ
・ヴェネチア
・ウィーン
・アテネ
・カイロ
・ワシントン
・サンフランシスコ
・ソウル
・上海
・香港
・台北
<Column>
ヨーロッパの墓地のルーツ
メキシコの「死者の日」
世界の珍しい葬式
世界の有名人のお墓
チベットの「樹葬の森」

あとがき
主要参考文献
写真クレジット
監修者略歴・執筆者一覧

【監修者プロフィール】
長江 曜子:聖徳大学児童学部教授、同大生涯学習研究所所長、 SOA(聖徳オープンアカデミー)校長、明治大学兼任講師、 日本葬送文化学会会長、(株)加藤組 石匠あづま家 代表取締役社長、博士(学術)。 3歳より日本最大の墓石卸売業者が集まる都立八柱霊園で育ち、 日本人で初めてACAU(全米墓園協会大学)を卒業。 世界45ヵ国を旅し、墓石・霊園行政研究や文化人類学的視点での比較研究を行なうとともに、 死にまつわるデス・ケア・サービス、葬送アドバイザー、 日本初のお墓プランナーとして個人のお墓から霊園設計・納骨堂設計まで広く手がけている。 日本のお墓研究の第一人者。

【書籍概要】
書 名:『世界のお墓文化紀行』
監修者:長江曜子
仕 様:A5判、168ページ
定 価:2000円+税
配本日:2016年11月2日(水)
ISBN:978-4-416-61648-2

【書籍のご購入はこちら】
紀伊国屋書店:http://bit.ly/2fgOTPn
楽天ブックス:http://bit.ly/2f07GPH
ヨドバシ.com:http://bit.ly/2f0ebSl
Amazon:http://amzn.to/2ez2CB5

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. 不思議で美しい世界の墓地から文化・死生観をひも解く。「世界のお墓文化紀行」刊行