佐賀県の課題×民間企業の商品・サービスのマッチング企画!自治体オープンイノベーション「GAPs SAGA」提案書の募集期間を12月22日(水)まで延長!

エスビージャパン株式会社(代表取締役:中元英機、東京都中央区、以下当社)が運営する佐賀県初の自治体オープンイノベーション「GAPs(ギャップス)SAGA」では、嬉野市・白石町・多久市・鹿島市の課題解決に向けて、全国のスタートアップ・地方創生企業から企画募集を開始しています。
その中で、たくさんの企業からユニークで実現性の高い企画を募集するため、提案書の募集期間を12月22日(水)まで延長しました。詳細は、以下の特設サイトをご確認いただき、佐賀県の4市町の課題解決に向けて、ぜひ皆様の商品・サービスを活用した提案をお送りいただければと思います。
GAPsSAGA: https://growth.minna-kanko.jp/event_gaps
佐賀県の4市町(嬉野市・白石町・多久市・鹿島市)の地域課題解決に向けて、皆様の商品・サービスを活用した提案をお待ちしております!

■企画募集期間
12月22日(水)まで
GAPsSAGAサイトのエントリー画面より、ご応募できます。
GAPsSAGA: https://growth.minna-kanko.jp/event_gaps
 



■自治体アクセラレーター「GAPs SAGA」で提示する自治体課題

①嬉野市
・健康フレイル予防対策
・耕作放棄地・放棄茶園の有効活用
・浸水被害等のAIシミュレーションについて
・空家解消のための空家リース・サブリース
・農産物の6次産品化を含めた販売先の確保

②白石町
・農作業繁忙期の労働力不足の解消
・農業における後継者不足の解消
・腐敗農産物の処理について

③多久市
・地域の2次交通の活性化
・論語の街としてのPR事業
・B級野菜や果物をドライフルーツに!
・ドローンとセンサーAIのコラボによる鳥獣被害対策実験

④鹿島市
・鹿島市内の観光消費額UP
・宿泊人口の増加に向けた取り組み
・観光産業組織(DMO等)の強化
・魅力を発信する新たな情報発信策

これらの課題に対する企画を募集しています!
GAPsSAGA: https://growth.minna-kanko.jp/event_gaps
企画提案をお考えのスタートアップ・地方創生企業は、ぜひご参加ください!
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エスビージャパン株式会社 >
  3. 佐賀県の課題×民間企業の商品・サービスのマッチング企画!自治体オープンイノベーション「GAPs SAGA」提案書の募集期間を12月22日(水)まで延長!