パートナーエージェント、FRONTEOの人工知能KIBITを婚活支援サービスで活用開始

AIで会員様の紹介文や過去の成婚データの特徴を解析し、コンシェルジュによる候補者選びをサポート。マッチング情報の充実で、「想像を超える出会い」の実現に繋げる

婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂 以下、パートナーエージェント)は、株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本正宏)が独自に開発した人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を2018年6月より、婚活支援サービスのマッチングに導入することを発表しました。
パートナーエージェントは、幅広いお客様にご利用いただけるよう従来のサービスを改訂し、4月にチーム婚活とスマート婚活プログラムとをスタートいたしました。チーム婚活では、200時間以上の研修経験を持つコーチングスキルを備えた婚活のプロである「コンシェルジュ」がお客様の婚活に伴走いたします。コンシェルジュが介在することにより、会員様の客観的な属性データだけでは見えてこない個々の魅力を引き出すことが可能となります。スマート婚活プログラムでは、実績データに基づいたオーダーメイドの婚活設計と膨大なデータ分析により、婚活のPDCAサイクルを実践することで成婚までをサポートしています。

 今回のパートナーエージェントにおける人工知能「KIBIT」の導入は、コンシェルジュの活動をサポートし、個々の会員様に寄り添った、より精度の高いマッチングの実現を目指すものです。

 KIBITは、各会員様の紹介文やプロフィールデータの特徴を学び、過去の成婚実績データを踏まえて、よりフィットする可能性の高い候補者をスコアリング(点数化)し、コンシェルジュに提示します。KIBITを活用することで、人柄や価値観・好みといった、文章で記された定性的な情報もマッチング情報として組み込むことができます。パートナーエージェントでは、従来から多彩なデータ分析で、コンシェルジュによる会員様の深い理解にもとづくご提案を行ってきましたが、KIBITが提供する情報が加わることで、これまで以上に、お一人おひとりに合った、最適なご提案を行うことが可能になります。

■パートナーエージェントの婚活支援サービスにおけるKIBITの活用 
1.会員様のご紹介文やプロフィール情報(趣味や価値観など)のフリーテキストをKIBITが読み込んで分析。
2.これまでのご成婚データを活用しながら、お相手候補をKIBITがスコアリングしてリスト化。
3.コンシェルジュはこのリストを活用し、会員様のご希望条件と個々の魅力を鑑み、会員様に合うお相手をご紹介。

※上図は、男性会員へのご紹介相手を探す場合の例。女性会員の場合も流れは同様。

今回の導入にあたり、パートナーエージェントとFRONTEOは、過去にご成婚(成婚退会)された会員様のデータで検証を行い、一定の精度が得られることを確認しています。パートナーエージェントでは今後もお客様により質の高いサービスを提供できるよう、更なる品質改善に努めてまいります。FRONTEOではKIBITを活用したAIソリューション事業において、領域のさらなる拡大を目指しています。今後もお客様の業務の改善提案を重点テーマに、専門性の高いあらゆる顧客ニーズに対応し、的確なソリューションをスピーディに提供してまいります。


KIBITについて
「KIBIT」は人工知能関連技術のLandscapingと行動情報科学を組み合わせ、FRONTEOが独自開発した日本発の人工知能エンジンです。人間の心の「機微」(KIBI)と情報量の単位である「ビット」(BIT)を組み合わせ、「人間の機微を学習できる人工知能」を意味しています。テキストから文章の意味を読み取り、人の暗黙知や感覚を学ぶことで、人に代わって、判断や情報の選び方を再現することができます。


■パートナーエージェントについて
URL:http://www.p-a.co.jp/

 2007年9月に創業し、2015年10月に東証マザーズ市場に株式を上場して成長を続けている婚活支援サービス企業です。
同社は、『世の中に、もっと笑顔を。もっと幸せを。』という企業理念のもと、主要事業であるパートナーエージェント事業の他、ファスト婚活事業、ソリューション事業、QOL(Quality of Life)事業の4つの事業を展開しています。
・パートナーエージェント事業
 高い成婚率を実現する相談所型婚活支援サービスです。専任のコンシェルジュが会員様に伴走しながら結婚というゴールを一緒に目指します。
・ファスト婚活事業
  より気軽に婚活支援サービスをご利用いただけるよう、婚活パーティー、オンライン型の婚活支援サービスを提供しています。
・ソリューション事業
地方自治体や企業に対して、婚活に関する様々なソリューションサービスを提供しています。また、婚活支援サービス事業者(法人)間での会員の相互紹介を可能にする会員相互紹介プラットフォーム「CONNECT-ship(コネクトシップ)」を提供しています。
・QOL事業
結婚式場紹介、ブラダルリングの販売をはじめ、新生活をサポートするための保険代理店サービス等を通じて、会員様の生活品質の向上をサポートしています。


FRONTEOについて URL: http://www.fronteo.com/
株式会社FRONTEOは、独自開発の人工知能エンジン「KIBIT」により、ビッグデータなどの情報解析を支援するデータ解析企業です。国際訴訟などに必要な電子データの証拠保全と調査・分析を行うeディスカバリ(電子証拠開示)や、デジタルフォレンジック調査を支援する企業として2003年8月に設立。自社開発のデータ解析プラットフォーム「Lit i View(リット・アイ・ビュー)」、日・中・韓・英の複数言語に対応した「Predictive Coding(プレディクティブ・コーディング)」技術などを駆使し、企業に訴訟対策支援を提供しています。このリーガル事業で培われ、発展した「KIBIT」を始めとする独自の人工知能関連技術は、専門家の経験や勘などの「暗黙知」を学び、人の思考の解析から、未来の行動の予測を実現します。ヘルスケアやビジネスインテリジェンス、デジタルマーケティングなどの領域に展開し、FinTechやRegTechに加え、「働き方改革」でも実績をあげています。2007年6月26日東証マザーズ、2013年5月16日NASDAQ上場。資本金2,481,621千円(2017年3月31日現在)。2016年7月1日付けで株式会社UBICより現在の社名に変更しております。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社FRONTEO >
  3. パートナーエージェント、FRONTEOの人工知能KIBITを婚活支援サービスで活用開始