ACCESSとDigital Airways、協業

― 「ACCESS Twine(TM) for Car」に「Digital Airways(TM)」を統合し、音声起動による車載向け予約・支払サービスを実現 -

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下ACCESS)は、Digital Airways(https://digitalairways.com/)(本社:フランス・ノルマンディー)と協業し、ACCESSの次世代の車載向けサービス/コンテンツソリューション「ACCESS Twine(TM) for Car 2.0」に、Digital Airwaysの革新的な音声起動による予約・支払ソリューション「Digital Airways(TM)」を搭載することを発表しました。
新たなパートナーシップにより、両社は、自動車メーカー(OEM)や自動車部品サプライヤーに向けて、ドライバーや同乗者が、ホテルの予約・支払い、ガソリン代、駐車場代の支払い等すべて音声コマンドで行える小売サービスを統合したソリューションを提供していきます。これにより、メーカーやサプライヤーは、走行状態や座席位置に関わらず、本サービスを容易に利用できるという最高レベルの利便性を、安全性を担保しつつ提供することが可能になります。

ACCESS Europe 最高経営責任者(CEO)Dr. Neale Fosterは、
「当社の狙いは、次世代自動車のメーカー、サプライヤー、エンドユーザー(ドライバーおよび同乗者)の全てにとって、できる限りシンプルなソリューションを提供することです。音声起動型の小売りサービスを統合することで、購買や、ホテルの予約や駐車場の支払いが、移動中でも簡単に安心して行えるようになります。『Digital Airways』のようなソリューションがなければ、ドライバーはこうした小売りサービスを利用する度に駐車しなければなりません。しかし今や『ACCESS Twine for Car』により、数秒間、話すだけでこうしたサービスの利用が可能になります」と述べています。

ラスベガスで開催されたCES 2019で発表された「ACCESS Twine for Car 2.0」は、自動車メーカーに対し、自社ブランドを保護しつつ、自動車運転の未来に向けて車を完全にパーソナライズされたコネクテッドメディアハブへと進化させる手段を提供します。2.0では主に、車内メディア共有機能、HTML5 HMI/UI(human-machine/user interface)の刷新、車載EPG(Electronic Program Guide)の集約、AndroidおよびLinux対応等が拡張されています。

Digital AirwaysのCEO Franck Lefevre氏は、
「言葉さえ通じない、知らない都市をドライブしていると想像してみてください。宿泊施設を探し、予約を入れ、それから駐車場を見つけるには時間を要し、複雑で、おそらく費用も高くつくことでしょう。これらの手間を除き、ドライバーがハンズフリーで全てを行えるようにすることで、当社は自動車の運転をより快適にし、搭乗者の時間を節約し、ストレスを軽減します。ACCESSとの協業により実現された、ドライバーや同乗者の生活をシンプルで快適なものにする車載小売サービスを、自動車メーカーやサプライヤーが展開していくことを楽しみにしています」と述べています。

Digital Airwaysをベースにした車載システム(IVI )イメージDigital Airwaysをベースにした車載システム(IVI )イメージ

「ACCESS Twine for Car」は、自動車メーカーや自動車部品サプライヤーに向けた柔軟なサービスプラットフォームおよびコンテンツサービスで、ソフトウェアコンポーネント、動画/音声コンテンツ著作権、コンサルティングサービスなどで構成されています。自動車業界とコンテンツ業界の間のバリアをなくし、独自の車内環境でドライバーと同乗者がコンテンツ視聴をより安全・快適・柔軟に行えるように開発されました。

「ACCESS Twine for Car」に関する報道発表資料:
・2018年4月16日付「ACCESS、車載向けマルチメディアコンテンツ共有ソリューション『ACCESS Twine for Car』を発表」(https://www.access-company.com/news_event/archives/2018/0416/
・2018年12月18日付「ACCESS、『ACCESS Twine for Car 2.0』を発表」(https://www.access-company.com/news_event/archives/2018/1218/

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/


■Digital Airwaysについて
デジタルでイノベーションを起こす研究機関として1998年に設立されたDigital Airwaysは、デザイン性、実現性、収益性に優れた、革新的な製品の設計・開発を行っています。20年以上にわたるデジタルイノベーション企業として培ったソフトウェアおよびハードウェア技術における知見、並びにビジネスネットワークを活かし、顧客やパートナー企業と共同プロジェクトを推進しています。Digital Airways の近年の研究成果として、AI(人工知能)と音声起動管理を採り入れた製品開発が挙げられます。複雑かつ革新的なプロジェクトを初期のアイデア出しから最終的な世界的な市場展開に至るフェーズまで、技術面および経済面から管理することは、Digital Airwaysが特に強みとしている領域です。
https://www.digitalairways.com

※ ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ACCESS >
  3. ACCESSとDigital Airways、協業