常識の枠(わく)から飛び出した!?文鳥やインコなどの小鳥が枠になったハンコ「ことりコ」、大阪・うめだ「心うるおう小鳥ガーデン」にキュートに登場。

文鳥やインコ、ヒヨコ、ツバメ、マメルリハといったかわいい小鳥たちが枠になった、ありそうでなかった新しいハンコが登場。大阪うめだ・阪神百貨店で6月25日まで開催中の小鳥イベントにて先行販売しています。

サイン替わりや荷物の受け取りに使ったり、 ちょっとしたお仕事に使用したり、 お子様の連絡帳や音読カードに押したり、 全国ほとんどの金融機関で銀行印としても使えます。 押した相手が小鳥好きなら、 おもわず会話も盛り上がることでしょう。
インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」を運営する株式会社岡田商会(所在地:大阪府大阪市、 店主:岡山耕二郎)は、 文鳥やインコなどの小鳥が枠になったハンコ「ことりコ」を、 6月19日から大阪・うめだで開催されている小鳥好きのためのイベント「心うるおう小鳥ガーデン2019」で先行発売しています。

「ことりコ」は、 文鳥やインコ、 ヒヨコ、 ツバメ、 マメルリハといったかわいい小鳥たちが枠になった、 ありそうでなかったハンコ。 通常はんこの枠といえば丸いかたちが一般的ですが、 「ことりコ」では常識の枠から飛び出し、 専属の女性デザイナーが小鳥のイラストそのものをハンコの枠としてあしらいました。 

大福もちのようにリラックスしている文鳥、 たのしそうに歌うオカメインコ、 枝にちょこんととまっているシマエナガ、 てくてくと歩くマメルリハなど、 専属の女性デザイナーによるイラストはこちらのキュートな20種類。 

フォントはかわいらしいイラストにあわせて、 こちらの3種類より選ぶことができます。 

サイン替わりや荷物の受け取りに使ったり、 ちょっとしたお仕事に使用したり、 お子様の連絡帳や音読カードに押したり、 全国ほとんどの金融機関で銀行印としても使えます。 押した相手が小鳥好きなら、 おもわず会話も盛り上がることでしょう。 

日本最大級の小鳥フェス「心うるおう小鳥ガーデン」の「とりずかんブース」では、 こちらの「ことりコ」のほか、 丸い枠にかわいい鳥たちのイラストが入った「とりずかん」「ことりずかん」も展示販売。 ネット通販では確認することのできない実物を、 実際に手に取ったりポンポン押して楽しむことができます。

なお、 こちらの「ことりコ」は8月中にWEBショップでもお求めいただけるようになる予定です。

ハンコというと事務的でお堅いイメージがありますが、 わたしたちはこれからも好きな人にはたまらないユニークな企画をつうじて、 ハンコに愛着を持つ人を増やしてまいります。 


心うるおう小鳥ガーデン2019(イベントページ)
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/kotori/index.html/

ずかんシリーズ
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/zukan/dobutsu/

印鑑はんこSHOPハンコズ
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社岡田商会 >
  3. 常識の枠(わく)から飛び出した!?文鳥やインコなどの小鳥が枠になったハンコ「ことりコ」、大阪・うめだ「心うるおう小鳥ガーデン」にキュートに登場。