オンキヨー/パイオニアブランドAVレシーバーにファームウェアアップデートでHi-Res再生が可能になるDTS Play-Fi®のクリティカルリスニングモードを追加

オンキヨー&パイオニア株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:宮城 謙二)は、オンキヨーブランドおよびパイオニアブランドの一部のAVレシーバーにおいて、8月4日リリースのファームウェアによりDTS Play-Fiのクリティカルリスニングモードにアップデート対応することをお知らせします。
今回のファームウェアアップデートでは、DTS Play-FiでHi-Resオーディオのストリーミングが可能となり、Amazon Music HD*のUltra HD楽曲再生や「e-onkyo music」で配信されている楽曲をはじめとしたDLNA準拠のNASやAndroid/iOS端末に保存されたHi-Resオーディオの再生**が可能となります。

当社は、ホームAV事業へ注力する方針のもと、自宅での音楽ライフをより快適にお過ごしいただくための商品・機能に加え、「e-onkyo music」どのコンテンツ配信サービスを提供してまいります。

*Amazon Music HDの利用には、Amazon Music Unlimitedの個人プランHDまたはファミリープランHDに加入する必要があります。 **再生可能なフォーマットは192kHz/24bitまでのWAVおよびFLACとなります。

DTS Play-Fiとは
DTS Play-Fi(プレイ-ファイ)は、Appベースの個人視聴の為のプレミアム・ワイヤレス・エコシステムで、遅延のないHi-Resオーディオのストリーミングをサポートしています。テレビ、モバイル端末、サウンドバー、スピーカーなどの対応機器は、シームレスに相互作用して、完全なホームエンターテイメントの体験ができます。

クリティカルリスニングモード (Critical Listening mode)
従来のPlay-Fiでは、それぞれのネイティブ形式・エンコード形式に応じてストリーミング再生を行います。一方Hi-Resオーディオにおいては、エコシステム内の製品間の互換性を保つためCD音質にダウンサンプリングされます。クリティカルリスニングモードを選択すると、最高192kHz/24bitまでのHi-Resオーディオをダウンサンプリングやリサンプリングすることなく、ネットワークに起因するジッターの発生を抑えた完全・正確でデータ欠けのないオーディオ伝送を行います。
DTS Play-Fiについて詳しく知るには、こちらにアクセスして下さい。:www.play-fi.com


クリティカルリスニングモードの使い方

 

クリティカルリスニングモードを使用可能にするには、Onkyo Music ControlまたはPioneer Music Control Appの「接続」画面右上にあるHi-Res Audioロゴをタップします。これによりこのモードで使用可能なPlay-Fi対応製品の表示リストが変更されます。再生する製品を選択し、ご希望のソースからWi-Fiあるいはイーサネット経由で再生し、本物の音質を再現してください。

■ファームウェアアップデートの概要
●DTS Play-Fi クリティカルリスニングモード対応アップデート対象機種
  AVレシーバー
  Onkyo:           TX-RZ840、 TX-NR696
  Pioneer:         VSX-LX304

●ファームウェアアップデートに関する情報
ファームウェアのアップデートはお客様の環境に応じて、ネットワーク経由のアップデート、USBメモリーによるアップデート があり、いずれかの方法で行ってください。USBメモリーによるアップデートについては弊社ホームページをご確認ください。

[オンキヨーブランド商品]https://www.jp.onkyo.com/support/news/index.htm
[パイオニアブランド商品]https://jp.pioneer-audiovisual.com/support/

●e-onkyo musicについて
2005 年のサービス開始以降、ジャズでは渡辺香津美やビル・エヴァンス、クラシックではヘルベルト・フォン・カラヤンや小澤征爾といった国内外トップ・アーティスト、J-POP では宇多田ヒカルや RADWIMPS などの最新ヒット曲やアニメ・ゲームソングの高音質配信を行うハイレゾ音源配信サイトです。サイトのurlは、https://www.e-onkyo.com/
また、384kHz/24bit、32bit(整数)および DSD11.2MHz という超高品質音源のダウンロード販売も実施。
2020年7月現在、配信楽曲数は国内最大級の約 690,000 曲となります。

関連情報
・オンキヨー株式会社が運営するハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」、おうち時間ニーズにマッチした施策が奏功し、ダウンロード増(2020年7月30日発表)
 https://onkyo.com/news/images/20200730_PR_e-onkyo_music_fy20-1Q.pdf

*「Pioneer」および「Pioneer」ロゴはパイオニア株式会社の商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
*DTS、DTS Play-Fi、記号、およびDTSまたはDTS Play-Fiと記号の組み合わせはDTS社の登録商標です。©DTS社不許複製。
*Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*Windows®の正式名称はMicrosoft®Windows®Operating Systemです。MicrosoftおよびWindowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
*Android、Google Play は Google LLC の商標です。
* IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
*その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オンキヨー&パイオニア株式会社 >
  3. オンキヨー/パイオニアブランドAVレシーバーにファームウェアアップデートでHi-Res再生が可能になるDTS Play-Fi®のクリティカルリスニングモードを追加