Wireless Summit 2019を開催

~国内外大手8メーカーによる無線LAN通信(屋内/屋外)の検証結果を一挙発表~

SB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、国内外の大手無線LAN製品メーカー8社と、各メーカーの認定代理店、山口県萩市の協力のもと実施した無線LANのソリューション構築の高度検証作業の結果を、全国の販売パートナー向けにセミナー形式で発表する「Wireless Summit 2019」を2019年10月より10都市で開催します。

近年、外国人観光客の増加や、個人におけるIT・IoT機器の利用数の増加に伴い、多くの自治体でWireless通信環境の整備が課題となっています。一方、無線LAN製品市場においては、次世代無線LANの標準規格であるIEEE 802.11ax(Wi-Fi6)対応製品が増加しています。

そこで、ITベンダーの企業誘致に積極的に取り組んでいる萩市と連携し、萩市の世界遺産・松下村塾のある松陰神社(松下村塾)の屋外環境下と、旧福川小学校をオフィスに見立てた屋内環境下における無線LAN環境構築を8メーカーの製品・ソリューションで実施し、屋内と屋外2つの環境でどのような結果が出るのか検証を行いました。「Wireless Summit 2019」では、販売パートナー向けに検証結果を発表します。

なお、SB C&Sと山口県萩市は今後も連携し、萩市が管理する遊休資産・歴史的建造物を実証実験・高度検証環境のロケーションとして提供する「IT実証実験推進の地」萩市としての体制化を進めます 。

 ​■協力メーカー(協力認定代理店)

■協力認定代理店

■共催


 ■Wireless Summit 2019の日程および開催地

■Wireless Summit 2019の詳細
https://sbb.smktg.jp/public/seminar/view/1140

■Wireless Summit 2019に関するお問い合わせ
SB C&S株式会社 Wireless Summit セミナー事務局
SBBMB-solution-seminar-faq@g.softbank.co.jp

■萩市長 藤道 健二さまのエンドースメント
この度は、SB C&Sによる「Wireless Summit 2019」の開催を心よりお祝い申し上げます。現場で得られたデータが、地方Wi-Fi環境の最適化や、更なる開発による技術資産の拡充を促し、デジタルを活かしたSociety 5.0時代の地方創生を加速させることを期待しています。

●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SB C&S株式会社 >
  3. Wireless Summit 2019を開催