AI時代に求められる人材をゲーム業界のプロが育成 エンタメの専門校・AMGが『ゲームAI専攻』を2021年に新設

~2年間でゲームと人工知能のエキスパートを目指す ~

エンタメ業界のプロを育成するアミューズメントメディア総合学院(東京都渋谷区、理事長:吉田 尚剛、以下 AMG)は、2021年度よりゲームプログラマー学科(定員:40名)の専攻として、『ゲームAI専攻』を新設します。なお、出願期間は2020年6月1日からとなります。

▼『ゲームAI専攻』の資料請求
https://www.amgakuin.co.jp/ssl/shiryou/

■新設の背景
1950年代後半~1960年代の第一次AIブームに端を発した技術の発展は、目覚ましい進化を遂げており、それはゲーム業界でも例外ではありません。現在、それぞれの市場が様々な課題を抱えており、それらを解決する大きな社会の動きも生まれています。このような変革の時期に、エンタテインメント分野を総合的に網羅するAMGとしてできることは何か。それはゲームAI専攻を新設し、業界に貢献できる人材を輩出することだと考えました。

■目的
ゲームにおけるAI技術(メタAI、キャラクターAI、ナビゲーションAI)を体系的に学ぶことにより、実践的なAI知識を持った人材を育成し、ゲーム業界に優れた人材を輩出することを目的としています。

<目指せる職業>
ゲームプログラマー、AIエンジニア、データサイエンティスト など

■募集要項
定員  :40名
出願期間:2020年6月1日~2021年3月31日
出願資格:① 高等学校卒業以上の者(2021年3月卒業見込者含む)
             ② 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)合格者
             ③ 上記と同等以上の学力があると認められるもの
履修科目:AI概論、データサイエンス概論、AIプログラミング基礎、
ゲームAI入門、ディープラーニング実習  など

■エンタメ業界のプロを育成するAMGについて
AMGは、エンタテインメント業界の第一線で活躍できる“プロ育成”を目的に、業界のプロの手で1994年に設立。2019年に25周年を迎えました。AMGの強みは、実際の商業作品を手掛けるAMGグループの制作事業部で業界経験が積めること。実際の制作現場に在学中からプロとして参加することにより、業界を間近に感じる学びを実現させています。現在は2022年を目途に専門職大学の設立を計画しています。

<ゲームプログラマー学科について>
1年目から3つのゲームを開発するなど、2年間で即戦力になる実践的なカリキュラムを提供。ゲーム、VR、AR、AIコンテンツに特化した業界最先端の教育で、学生たちを“遊ぶ人”から“創るクリエイター”として育成します。
https://www.amgakuin.co.jp/contents/game/

<学院概要>
学校名:アミューズメントメディア総合学院
所在地:<本館>〒150-0011 東京都渋谷区東2-29-8
代表者:理事長 吉田 尚剛/学院長 永森 裕二
創立 :1994年
姉妹校:大阪アミューズメントメディア専門学校(大阪市淀川区西中島3-12-19)
学科 :ゲームプログラマー学科、ゲームクリエイター学科、ゲーム・アニメ3DCG学科、
アニメーション学科、キャラクターデザイン学科、マンガイラスト学科、
小説・シナリオ学科、声優学科
URL :<東京校> https://www.amgakuin.co.jp/
           <大阪校> https://www.amg.ac.jp/
 AI専攻の講師陣やAMGの創立者である吉田 尚剛にも取材が可能です。お気軽にご相談ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人吉田学園 >
  3. AI時代に求められる人材をゲーム業界のプロが育成 エンタメの専門校・AMGが『ゲームAI専攻』を2021年に新設