会計ソフト「R4シリーズ」を銀行APIに対応させ、経理業務のキャッシュレス化を促進

-安全性高くシームレスな連携で、事業者の入出金に関わる経理業務の生産性向上を実現-

エプソンは、会計ソフト「Weplat 財務応援 R4」の経理処理の効率化において、銀行・信用金庫とのAPI連携※1を2020年5月29日より開始します。

2020年5月29日
エプソン販売株式会社

  従来、「銀行取引」「クレジットカード」「電子マネー」等のデータをスクレイピング※2方式で連携し事業者の入出金に関する仕訳処理の手間を削減してきましたが、この度、銀行・信用金庫とAPI連携することで、より安全性高くシームレスな連携を実現し、更なるキャッシュレス化を促進します。
※1:銀行と外部の事業者との間を安全性高くデータ連携するための仕組み。
※2:HTMLを分析してページの構造を把握し、データを機械的に抽出する仕組み。

オープンAPI連携の社会的背景
  2018年6月1日に施行された「銀行法等の一部を改正する法律」により、「電子決済等代行業」に関する新しい制度が開始されています。エプソンの「R4シリーズ」も金融機関とのAPI連携を実現するため、SBIビジネス・ソリューションズ株式会社が提供する「MoneyLook®(マネールック)」と提携し金融機関とのAPI連携を実現します。

金融機関やPOSレジなどの取引データを自動仕訳化し入力業務を効率化するエプソンのWeplat 財務応援 R4」
  「Weplat 財務応援 R4」は、クラウドとハードウェアを活用して、経理処理に必要なインプット情報(取引情報・証憑類)からアウトプット情報(決算書類・経営分析資料)のデジタル化によるワークフローの自動化を実現する会計ソフトです。更なる自動化を実現するため、電子化された金融機関の取引情報を自動仕訳化することで、経理業務の作業負担の軽減、事務処理時間の短縮による生産性向上を支援します。
  金融機関のAPIが主流となる中、さらに充実したサービスを提供するため各金融機関とのAPI連携を順次進めてまいります。

■価格・サービス提供開始日について

※3:「MoneyLook®」の費用は「Weplat 財務応援 R4」の年間ライセンス料に含まれています。
※4:エプソンダイレクトショップ限定販売
  (1)フリーダイヤルからの問い合わせが可能です。
  (2)回線が混み合っていても折返し電話サービスでご連絡いたします。

<SBIビジネス・ソリューションズ株式会社について>
SBIビジネス・ソリューションズ株式会社は、金融機関とのAPI連携に基づき「預金者の銀行口座か
ら他の銀行口座への振込等の指図を預金者の代わりに銀行に対して伝達する(更新型)」、「預金者の銀
行口座に係る残高や利用履歴等の情報を銀行から取得し、これを預金者に提供する(参照型)」に関す
るサービスを提供するため、2019年4月1日付で電子決済等代行業の登録を行っています。
◇MoneyLook®関するお客様向け問い合わせ窓口>
SBIビジネス・ソリューションズ株式会社 ファイナンシャル・コンテンツ部
TEL: 03-6229-0809(9:00~17:45 土・日・祝休)
   e-mail:sbi-bs@sbi-bs.co.jp URL:https://www.sbi-bs.co.jp/

本リリース上の他者商標の帰属先は、商標について(https://www.epson.jp/trademark/) をご確認ください。


                                                                                                                                         以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エプソン販売株式会社 >
  3. 会計ソフト「R4シリーズ」を銀行APIに対応させ、経理業務のキャッシュレス化を促進