リニューアルした「あしや夢リアホール」で初の演劇公演。劇団ショーマンシップ代表作『ノートルダム物語』上演決定。カンフェティでチケット発売。

劇団ショーマンシップ(代表:仲谷一志、福岡県福岡市)による 芦屋町町制施行130周年記念・あしや夢リアホールリニューアル記念『ノートルダム物語』が2021年8月1日 (日)にあしや夢リアホール(旧:夢リアホール、福岡県遠賀郡)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて6月3日(木)より発売中です。
カンフェティでチケット発売中
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=61505&

公式ホームページ
http://www.showman.jp/index.html

リニューアルオープンする「あしや夢リアホール」(旧夢リアホール)での、初の演劇公演。
福岡を拠点に活動している劇団ショーマンシップの代表作ともいえる作品『ノートルダム物語』が、キャストや演出を新たにして幕を開けます。

フランスはパリのノートルダム大聖堂で鐘を撞いて暮らしている主人公カジモド。醜い姿で生まれてしまった彼は自分に自信がなく、人目を避けて生きていた。そんな彼が、初めて一人の女性に恋をした事から、物語はドラマティックに展開していきます。
オリジナルの歌やダンス、笑いやアクションシーン、大道芸と見どころ盛りだくさんです。
ヒロインのエスメラルダに東京で活躍中のミュージカル女優杉山真梨佳を加え、パワーアップした舞台をご覧いただけます。

 

 
  • 劇団ショーマンシップとは
福岡市中央区唐人町商店街の中にある、甘棠館Show劇場を拠点とし、九州を中心に・TV・ラジオ等幅広く活動を続け、創立25周年を迎えた。
座長・仲谷一志、座付作家・市岡洋をはじめ、劇団員20名と提携スタッフにより、時代劇からファミリーミュージカルと幅広く作品を展開。
地元の歴史を掘り起こした時代劇、筑前亀門烈伝シリーズ、唐人歌舞伎シリーズは時代劇ファンのみならず、若い世代にも好評を得ている。
学校の芸術鑑賞作品にも積極的に参加し、文化庁の巡回公演事業に採択され、その活動は九州だけにとどまらず、全国に活動の場を広げている。(2006年度・2008年度「本物の舞台芸術体験事業」、2010年度「子どものための優れた舞台芸術体験事業」、 2011年度・2012年度・2013年度「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」)。
2013年2月には、東京・大阪・沖縄からインプロ集団を招き、その後もインプロ(即興演劇)フェスティバルを開催するなど、新しい試みにも精力的に取り組んでいる。
 
 
  • 公演概要
『ノートルダム物語』
原作: ヴィクトル・ユゴー(『ノートルダム・ド・パリ』) / 脚本・演出・美術: 市岡洋

公演日時:2021年8月1日 (日)
会場:あしや夢リアホール
全席指定:2,200円(税込)
※未就学児入場不可

【主催】あしや夢リアホール 有限会社ショーマンシップ RKB毎日放送
【後援】芦屋町
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロングランプランニング株式会社 >
  3. リニューアルした「あしや夢リアホール」で初の演劇公演。劇団ショーマンシップ代表作『ノートルダム物語』上演決定。カンフェティでチケット発売。