プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社エビリー
会社概要

株式会社エビリーが「YouTube流行語大賞」発表!今年最も輝いたのは「スイカゲーム」

スイカゲームやずんだもんがYouTubeで話題に

株式会社エビリー

国内最大級のYouTubeデータ分析ツール『kamui tracker(カムイトラッカー)』を運営している株式会社エビリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中川恵介、以下エビリー)は、2023年のYouTube上でトレンドになったキーワードを調査し、YouTube流行語大賞を発表しました。調査にあたっては当社の『kamui tracker』を活用しています。

早いもので、2023年も年末を迎えています。今年もさまざまな出来事がありました。2023年を振り返るべく、今回はYouTube上でトレンドになったキーワードを調査し、株式会社エビリー独自の「YouTube流行語大賞」を発表しました。

当調査は当社製品のYouTube分析ツール『kamui tracker』で独自に集計したデータを用い、YouTube上で急上昇したキーワードの出現回数や、特定のキーワードに関連する動画数の昨対比上昇率を測定しています。
これらの結果から、動画投稿本数や上昇率などの要素を総合的に判断し、2023年のYouTube流行語大賞を決定しました。


YouTubeは今や単なる動画共有プラットフォームではなく、文化を形成し、流行を生み出す巨大な影響力を持つ場となっています。2023年も例外ではなく、さまざまなワードが話題に上りました。

今年のYouTube流行語大賞とノミネートワードを深堀りし、それぞれのワードの背景や影響をご紹介します。


  • 流行語大賞「スイカゲーム」

『スイカゲーム』は、プレイヤーがフルーツを一つずつ落とし、同じ種類のフルーツを組み合わせて大きなフルーツを作り上げ、得点を獲得するパズルゲームです。

日本では、2021年12月にNintendo Switch版『スイカゲーム』が発売されました。その発売から2年後の今年、有名ゲーム実況者による動画配信の影響で、『スイカゲーム』は爆発的な人気を博し、約2か月で累計ダウンロード数が300万本を突破しました。

ゲームはシンプルながらも、親しみやすいイラストと、「次こそは」という思いから何度もチャレンジしたくなる依存性が特徴です。多くのYouTuberがこの魅力に取り憑かれ、「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」などの有名YouTuberも、「スイカゲーム」のプレイ動画を配信しています。昨年と比較して、2万件以上の関連動画がYouTubeに投稿されています。

ゲーム実況者たちによって作り出された一大ムーブメントは、視聴者の購買活動にも影響を及ぼしました。その規模の大きさから、今年の流行語大賞に選ばれました。


  • ノミネートワードのご紹介

■ずんだもん

『ずんだもん』は、東北地方のPRキャラクターとしてSSS合同会社により作られました。そして、2021年8月、無料の音声合成ソフト「VOICEVOX」のリリースと共に、「伊藤ゆいな」の声をもとにした『ずんだもん』の音源が公開されました。

「VOICEVOX」は商用・非商用問わず無料で使用可能で、YouTubeで動画投稿をしている多くのクリエイターが利用し、人気が急上昇。

人気コンテンツの「ゆっくり動画」と近しい利用のされ方で、既に何万件もの動画が投稿されています。


■【推しの子】/アイドル

『【推しの子】』(おしのこ)は、原作:赤坂アカ、作画:横槍メンゴによる日本の漫画作品。2023年4月にアニメ化され、『アイドル』は、その主題歌です。

本作が大人気なだけでなく、主題歌も人気で、オフィシャルミュージックビデオの累計視聴回数は3.7億回を超え(23年11月現在)、「歌ってみた」や「踊ってみた」といった動画が数多く投稿されています。


単身向けの食洗器「SOLOTA」とタイアップし、登場人物の「アイ」が商品を紹介するコラボCMが公開されました。YouTubeで公開されたCM動画は3か月ほどで1,500万回超の再生回数となり、大きな反響を呼びました。



■雑学

2023年はYouTube ショートの投稿、視聴数が爆発的に増えており、『雑学』はその中で数多く投稿されたテーマの一つです。

「日本人の〇〇な雑学」や「特定の芸能人の武勇伝」などを『雑学』として、ショート動画で配信している動画が人気となっています。

ショート動画を流し見し、気分転換のような形で視聴できる内容がウケており、YouTubeショートと親和性が高い動画ジャンルで、数多くのクリエイターたちが雑学コンテンツを投稿しました。


■みそきん

ヒカキンが1年間かけてプロデュースしたラーメン『みそきん』がセブンーイレブンの店頭にて2023年5月9日に発売されました。自身のYouTube上での宣伝に加え、ヒカキンとつながりのあるフィッシャーズや東海オンエアなど、そうそうたる大物YouTuberに超巨大『みそきん』を贈呈。大物YouTuberが自身のYouTubeで取り上げることでトレンド化しました。


■ひき肉です/ちょんまげ小僧

『ひき肉です』は、中学生6人組YouTuber『ちょんまげ小僧』のメンバーであるひき肉が、自己紹介の挨拶に使っているフレーズ。

『ちょんまげ小僧』は、彗星のごとく現れ、8月に100万人を達成したことで注目を集めました。『ひき肉です』という挨拶は、そのポーズも相まって「癖になる」と注目を集め、多くのYouTuberや芸能人にオマージュされました。


■強風オールバック

『強風オールバック』は、ボカロP「ゆこぴ」による楽曲です。

2023年3月15日に自身のYouTubeにアップされ、23年11月現在では7000万回以上再生されています。

日清食品のカップヌードルCM「夏は食っとけシーフード 篇」にも起用されたことにより、さらに認知が拡がりました。アニメ調のミュージックビデオを、実写版で再現する動画が増えており、人気を博しています。


■蛙化現象

『蛙化現象』とは、心理学用語で「好意を持つ相手が自分に対して好意を持っているとわかると、それがきっかけとなってその相手に嫌悪感を抱いてしまう現象」を指す言葉です。

それが、若者の間で「相手の些細な行動や仕草で、好きな人を嫌いになってしまう現象」と広い意味でつかわれるようになっていきました。

YouTubeでは、2021年10月「蛙化現象あるある」として投稿された動画が炎上したことをきっかけに、切り抜き動画や、他YouTuberによる言及が増えました。

その後、ヒカルやパパラピーズ、ばんばんざいなど若年層から支持を集めるクリエイターによって企画化された事により徐々に炎上が納まり、トレンド企画となり長期的に流行することとなりました。


■スシロー

来店客による迷惑行為の動画が拡散し、株価にも影響するダメージを受けたスシロー。そのスシローを救うべく、SNS上で『スシローを救いたい』というトレンドが生まれ、多くのクリエイターが動画をアップしたくさん食べてスシローの美味しさを伝えました。


■王様戦隊キングオージャー

『王様戦隊キングオージャー』(おうさませんたいキングオージャー)は、東映制作の特撮テレビドラマです。ファンによる考察動画やグッズのレビュー、寸劇コンテンツなどが盛んで、新話が放送されるごとに動画が投稿されており、YouTube上でのエンゲージメントが高いコンテンツでした。


  • 調査概要

調査期間:2023年1月1日〜2023年11月15日

調査ツール:kamui tracker

調査対象:上記調査期間に投稿された国内チャンネルの動画 13,097,422本

調査条件:2022年の投稿本数と比較した時の上昇率、実際の投稿本数、動画コンテンツ内容など総合的に見てノミネートと大賞を選出


  • その他のYouTube調査資料

株式会社エビリーでは、流行語以外にも、YouTube市場を調査し、資料を公開しております。ご興味のある方は、是非ご覧ください。


■YouTubeコンサルティングに必須のトレンド把握手法

https://kamuitracker.com/request/kt-7


■【YouTuberタイアップ】案件王ランキング~4ジャンルを徹底分析~
https://kamuitracker.com/request/kt-49


■2023年最新版!YouTubeチャンネル成功マニュアル ー人気動画ランキングから紐解く伸びる動画の共通項ー
https://kamuitracker.com/request/kt-57


■チャンネル運用の成功メソッド
https://kamuitracker.com/request/kt-18



  •  株式会社エビリー 会社概要

所在地:東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 12F

代表:代表取締役社長 中川恵介

資本金:3億円(資本準備金含む)

従業員数:71名(正社員のみ、2023年8月時点)

事業内容:

(1)ビデオソリューション事業

 クラウド型動画配信システム『millvi』

 動画配信プラットフォーム『milliviポータル』

(2)kamui tracker事業

 YouTubeデータ分析ツール『kamui tracker』

 YouTuberキャスティングサービス

 YouTubeチャンネル運用サービス

(3)プロダクション事業

 各種動画制作

 ライブ配信

URL: https://eviry.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://kamuitracker.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社エビリー

26フォロワー

RSS
URL
https://eviry.com/
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル12F
電話番号
03-6452-8917
代表者名
中川恵介
上場
未上場
資本金
3億円
設立
2006年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード