業界初、自動接地アジャスター搭載の講義机を発売

教育施設用家具「YURENU(ユレーヌ)」

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、業界初の自動接地アジャスターを搭載した講義机「YURENU(ユレーヌ)」を5月24日(月)に発売します。

写真:教育施設用家具「 ユレーヌ 」写真:教育施設用家具「 ユレーヌ 」

コロナ禍の中でも、感染対策を講じつつ対面授業を再開する大学が増えています。固定机や椅子を撤去して、講義室の机を間引きし通常より離して配置するなどの事例が見られます。
今回発売する「ユレーヌ」は、机を配置する作業を効率的にするとともに、使わない時の収納効率にもこだわった商品です。通常、机を配置する際は、床の微妙な凹凸に合わせて脚部に付いているねじ式アジャスターを手回ししてガタつかないように調整しますが、「ユレーヌ」は、新機構の自動接地アジャスターを搭載しているため置くだけで床に馴染みます。脚部が常に床の凹凸にフィットした状態を保つため(調整幅プラスマイナス5ミリ)、調整をする手間を省き、配置作業の工数を削減します。また使わない時は3台まで重ねて収納できるため、省スペースに収納できます。
これらの特長によって、入試・試験やアクティブラーニングの際のレイアウト変更を円滑に行うことができ、管理や授業運営の効率化に貢献します。
カラーは天板色2色/脚・幕板色2色を取り揃えています。

■発売予定:2021年5月24日(月)
■メーカー希望小売価格(消費税抜):
W650×D450×H720㎜自動接地アジャスター付き41,300円、他
■商品HP: 商品の特長をわかりやすく紹介したムービーを下記にご用意しております。
https://kokuyo.jp/manabi/yurenu

教育施設用家具「YURENU(ユレーヌ)」特長

1.自動接地アジャスター搭載
「ユレーヌ」は、業界初の自動接地アジャスターを搭載しています。自動接地アジャスターにより、机を置くだけで床になじみます。(調整幅5mm程度)常に机の脚が床にフィットした状態を自動で保つためガタつきません。

2.すぐれた収納効率
試験や授業の人数によって使わない机は3台まで重ねて収納することができます。
※オプションのフック付き荷物棚を取り付けた場合は重ねられません。

3.さまざまなレイアウトに対応
グループ学習時に机の間の隙間が空かず、1人でもグループでも使いやすい形状です。

                                                 以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コクヨ株式会社 >
  3. 業界初、自動接地アジャスター搭載の講義机を発売