【シャノン活用事例】池田金属工業株式会社がねじ商社業界ではじめてシャノンを導入。老舗企業が挑むMAを活用した営業改革とは

株式会社シャノン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 健一郎、証券コード:3976 以下、シャノン)は、池田金属工業株式会社(本社:大阪府大阪市西区、代表取締役社長 :武井 宏樹 以下、池田金属工業)における、マーケティング支援システム「SHANON MARKETING PLATFORM(以下、SMP)」の活用事例を発表いたします。

(中央)代表取締役社長 武井宏樹様  (右)経営管理部 情報チーム 課長 青草秀行様(左)マーケティング部 販促チーム 水島佐保様(中央)代表取締役社長 武井宏樹様 (右)経営管理部 情報チーム 課長 青草秀行様(左)マーケティング部 販促チーム 水島佐保様

 池田金属工業は、「すべてはお客様のため。ねじで世界をよりよく変える。」を使命に、今年72期目を迎える関西の老舗企業で、ねじの卸売業として流通だけでなく、ねじに関する高い技術力に定評のある企業です。
 

 池田金属工業は、コロナ以前は展示会への出展やセミナーを開催することで顧客接点を持ち、不定期ながらマーケティング活動も行ってきました。しかしながら新型コロナウイルス感染症が拡大し始めた2020年以降において、展示会の中止、対面セミナーの自粛・縮小が続き、顧客接点の変革を求められてきました。創業70年を超える歴史の中でも未曾有の事態となる中で、その難局を乗り越えるため全社を挙げてDX推進に取り組んでいます。フェーズに合わせた柔軟な伴走サービス、また将来の拡張性の観点からMAツールとしてSMPを選定いただきました。その過程で商談管理(SFA)ツールではなく、マーケティングオートメーション(MA)ツールの導入を先行決定し、顧客課題やニーズをつかむ活動を推進されています。 

池田金属工業株式会社の詳細はこちら
http://www.ikekin.co.jp/

■SMPの活用方法
・中長期にわたる顧客の行動から顧客ニーズを汲み取り 、潜在課題を顕在化するためにMAツールを活用
・SMPの機能(メールの開封率、URLのクリック確認等)を活用し、顧客フォローやコンテンツ作成といった本業に集中
・アフターコロナでは、セミナー管理機能を使い効率的に対面型の講習会やセミナーを実施予定

■事例インタビュー
浪速の老舗ねじ商社が挑む”ゆるまない”DX推進
https://www.shanon.co.jp/case/manufacture/ikekin/

■株式会社シャノンについて
シャノンは、クラウドテクノロジーをコアに、企業のマーケティング課題を解決する製品・ソリューション・サービスを提供しています。イベント、セミナー、マーケティングオートメーション、デジタルとアナログを組み合わせるデジアナマーケティングなどを実現するシャノンのマーケティング支援システムは、金融、IT・通信、製造業など業種を問わず、大規模から中規模まで多様なシーンでご利用いただいています。

社名商号  :株式会社シャノン(英文:SHANON Inc.)
証券コード :3976(東証マザーズ)
設立    :2000年8月
代表者   :代表取締役社長 中村 健一郎(なかむら けんいちろう)
所在地   :東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル4階
事業内容  :クラウド型マーケティングソリューションの企画・開発・販売・サポート
       マーケティングにかかわるコンサルティングおよびサービスの提供
URL    :https://www.shanon.co.jp/
                                        
■製品に関するお問い合わせ先
株式会社シャノン マーケティング部
TEL:03-6743-1565
E-mail:marketing@shanon.co.jp

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シャノン >
  3. 【シャノン活用事例】池田金属工業株式会社がねじ商社業界ではじめてシャノンを導入。老舗企業が挑むMAを活用した営業改革とは