【イー・ガーディアン株式会社】グローバルサイバーディフェンス企業 日本サイバーディフェンスと業務提携

~高度化するサイバー攻撃に対応する分析・サポートが可能に、4月からサービス提供開始予定~

 イー・ガーディアン株式会社(https://www.e-guardian.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)は、日本サイバーディフェンス株式会社(https://nihoncyberdefence.co.jp/ja/ 東京都千代田区、代表取締役CEO:カータン・マクラクリン 以下、「NCD」)と提携し、高度化・頻発化するサイバー攻撃に対応するサービスを順次展開していくことをお知らせいたします。第一弾として2022年4月に「SOC(Security Operation Center)サービス」の提供開始を予定しております。

 イー・ガーディアングループは、安心・安全なインターネット環境の実現に向け、ネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供しております。特に昨今のサイバーセキュリティ対策強化ニーズの高まりを受けて子会社3社を統合し、新生EGセキュアソリューションズ株式会社(https://www.eg-secure.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:寺田 剛 以下、「EGセキュアソリューションズ」)として、サイバー攻撃に関する分析やシステムの検証から総合的かつ包括的なサポートを提供しております。

 昨今、コロナ禍の影響でテレワークの推進や書類のペーパーレス化など企業活動のDX化や様々なサービスのオンライン化により、それまで接続されていなかったサーバーやWebサービス、アプリとの連携だけでなく、さらなる利便性向上のために付随するデジタルデータの共有も行い、快適でシームレスなデジタル化への移行が行われています。また同時にそのような連携や共有でつながったサプライチェーンを逆手にとったサイバー攻撃も多発し、現状の社内やサービス内のセキュリティ監視だけでは検知できず、企業のセキュリティが知らぬ間にリスクにさらされている状況です。こういったサイバー攻撃は今後より一層高度化することが予測されており、情報通信だけでなくサプライチェーン全体での安全性確保など、高度化・頻発するサイバー攻撃への対策が急務となっています。

 このような状況を受けイー・ガーディアンは、グローバルなサイバーディフェンス企業であるNCDと提携し高度化・頻発化するサイバー攻撃に対応するサービスを随時提供していく運びとなりました。イー・ガーディアングループが持つSNSのモニタリングや広告審査などのインターネットセキュリティに関わるノウハウと、NCDが持つ国のインフラや組織を保護してきた実績、サイバー攻撃に関するグローバル規模の最新の知見をかけ合わせ、より高品質なサービスを提供することで企業や組織をサイバー攻撃の脅威から守ります。

 第一弾として、2022年4月に「SOC(Security Operation Center)サービス」の提供を予定しています。本サービスでは、24時間365日体制でネットワークやデバイスを監視し、リアルタイムでのサイバー攻撃の検出・分析や、迅速なインシデント対応を行います。また、MITRE ATT&CK(マイター アタック)に準拠しており、サイバー攻撃者の行動を分析し、質の高い監視を実現し安心・安全をご提供いたします。
 さらに今後は、イー・ガーディアンフィリピンとの連携も視野に入れ、日本国内だけでなくグローバルな規模のサービスも展開を予定しています。

 今後も、イー・ガーディアングループは、ミッションである「We Guard All」の実現に向け、業界各社と連携し専門性と質の高いサービスを提供することで、人々の生活をより便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

■日本サイバーディフェンス株式会社 会社概要
代表者    :  代表取締役CEO カータン・マクラクリン
所在地    :  東京都千代田区麹町2-10-3
事業内容 :日本サイバーディフェンス( NCD )は東京に本社を置き、ロンドン、ベルファスト、クアラルンプールにもオフィスを持つグローバルなサイバーディフェンス企業です。機密データ保護に関するNCDの基本理念は創業以来一貫しており、それは、お客様のディフェンス力は見えざる敵のオフェンス力よりも常に強力であるべきだというものです。この一見シンプルな理念を実現することが容易でないことは、近年のサイバー犯罪の急増を見れば明らかです。 NCDはこの理念のもと、各国から集まった世界最高峰のエキスパートたちの力を結集して、 お客様のネットワークとインフラストラクチャを外部から押し寄せる脅威からお守りします。 

【イー・ガーディアングループ 概要】
1998年設立。2016年に東証一部上場。イー・ガーディアンはネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供する総合ネットセキュリティ企業です。センターは、提携先を含めてグループで国内8都市海外3都市20拠点の業界最大級の体制を誇ります。昨今はFintech・IoT業界への参入やRPA開発による働き方改革への寄与など、時代を捉えるサービス開発に従事し、インターネットの安心・安全を守っております。

■イー・ガーディアン株式会社 会社概要
代表者    :代表取締役社長 高谷 康久
所在地    :東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立       :1998年5月
資本金    :36,428万円(2021年9月末日現在)
業務内容 :ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/
     オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/
     コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL       :https://www.e-guardian.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イー・ガーディアングループ >
  3. 【イー・ガーディアン株式会社】グローバルサイバーディフェンス企業 日本サイバーディフェンスと業務提携