国際NGOセーブ・ザ・チルドレン東日本大震災から10年特設サイトを開設

子どもたちの声を防災にどう活かすか子どもたちと地域・企業にインタビュー

子ども支援専門の国際NGOである公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎/専務理事・事務局長:三好集、本部:東京都千代田区)は、東日本大震災から10年となる今年3月11日を前に、特設ウェブサイト「東日本大震災から10年―いま伝えたい想い」を公開しました。

 

 

 

https://www.savechildren.or.jp/tohoku_10th/


セーブ・ザ・チルドレンは、2011年から2015年にかけて「東日本大震災緊急・復興支援」を実施し、災害時における子どもの権利保障を目指して活動を行いました。今回公開した「東日本大震災から10年―いま伝えたい想い」では、東日本大震災緊急・復興支援でともに活動した子どもたち、そして子どもたちを支えた地域と企業の皆さんにインタビューを行い、子どもたちの今や、当時私たちと一緒に行った活動についてどのように感じているか、そして、現在の想いなどを紹介しています。

 インタビューでは災害時に子どもたちが安心して意見を伝えられる場所や精神的なサポートの重要性など緊急下で子どもたちが必要としている環境や、子どもたちの意見が地域の復興や防災にどう反映されてきたかについても言及されています。

 また、特設ウェブサイトでは、子どもたちを支えた「地域の人たち」「企業の人たち」の声も紹介しているほか、これまでに発表した報告書や教材などの資料(日英)や活動の映像資料も掲載しています。東日本大震災から10年が経ちますが、この間日本各地で地震や豪雨などの自然災害が毎年のように起こり甚大な被害が出ています。今後起こりうる災害に際し、子どもの権利が保障されるために、そして、子どもたちとともにつくる社会に向けて、一人ひとりの声を聴いてください。

 
<セーブ・ザ・チルドレンとは>
セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもにとって、生きる、育つ、守られる、参加する、「子どもの権利」が実現されている世界を目指して活動する子ども支援の国際 NGO です。1919 年に英国で創設され、現在、日本を含む 29 の国と地域の独立したメンバーが連携し、約 120 ヶ国で子ども支援活動を展開しています。

http://www.savechildren.or.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン >
  3. 国際NGOセーブ・ザ・チルドレン東日本大震災から10年特設サイトを開設