アドビ、朝日新聞SDGs ACTION!と共同開催の小中高生向けコンテスト「SDGs クリエイティブアイデアコンテスト 2021 」 優秀賞決定

~受賞者によるオンライン作品発表会を12月19日(日)に開催 ~

アドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神谷知信、以下 アドビ)は、朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村史郎)のウェブメディア「朝日新聞SDGs ACTION!」と共同で開催した、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の達成に向けたアイデアを小中高校生から募集する「SDGs クリエイティブアイデアコンテスト 2021」の優秀賞を発表しました。

1,500を超える応募から合計12作品を優秀賞に選出
本コンテストは、GIGAスクールデバイスの活用支援のため、アドビがグローバルで教育機関向けに無償提供するデジタルプレゼンテーションツール「Adobe Spark」を使って、SDGsの達成に向けたアイデアを、動画を含むWebページとしてまとめた作品を募集したものです。

2回目の開催となる今回は、全国の小中高校計100校以上から、1,500を超える応募がありました。小学校・中学校・高校からそれぞれ4作品ずつ合計12作品を優秀賞に選出しました。優秀賞を受賞した学校にはAdobe Creative Cloudのライセンス1年分と記念品が贈呈されます。

各学校部門で優秀賞を受賞した作品は、以下の通りです。


■小学校部門
学校名 作品タイトル
加西市立西在田小学校(兵庫県) ぼくたちにできること ~エコスクール×SDGs~
京都市立向島秀蓮小中学校(京都府) 水と共に生きる向島
那須塩原市立黒磯小学校(栃木県) SDGs 持続可能な社会をつくるために
日之影町立日之影小学校(宮崎県) 10年後の私たちへ ~今の私たちにできること~


■中学校部門

学校名 作品タイトル
神戸市立長峰中学校(兵庫県) CHANGE for the future 〜私たちの明るい未来へ〜
香蘭女学校中等科(東京都) ヴィーガン食から考える食と私たちの未来
青翔開智中学校(鳥取県) もしもを見据えた持続可能なまちづくり
成田高等学校付属中学校(千葉県) SDGs みんなで考えよう 身近な海洋プラスチック問題


■高等学校部門

学校名 作品タイトル
N高等学校・S高等学校(東京都) TRANSFORMING OUR WORLD ―今考えたい ポイ捨てとゴミと地球の未来―
神奈川県立秦野高等学校(神奈川県) 教育のDXに伴うICT利活用授業でのUX向上のご提案
渋谷教育学園幕張高等学校(千葉県) Connect Bottles! 〜SDG 12: 楽しくペットボトルをリサイクル!〜
東洋英和女学院 高等部(東京都) Clothes ~安さの裏側にある悲惨な現実と提案~

これらの作品および校名一覧は、明日11月16日(火)の朝日新聞朝刊に掲載されます。また、優秀賞受賞者によるオンライン作品発表会を、2021年12月19日(日)に行います。詳細は、コンテスト専用ウェブサイト(https://www.adobe-education.com/sdgs-creative-idea-contests/)をご確認下さい。

アドビのデジタライゼーションマーケティング本部長の小池晴子は、次のように述べています。
「この度のコンテストに大変多くの作品が寄せられたことを嬉しく思います。2021年はGIGAスクールデバイスが本格導入され、子どもたちがこの新しい文房具を使って、デジタルを活用した主体的な学び、クリエイティブな作品制作に大いに取り組んでいただきたいと願い、今回のコンテストを企画しました。今後もアドビは、次世代を担う子どもたちに役立つ学びを支援してまいります。」


「SDGs クリエイティブアイデアコンテスト 2021」について
SDGs達成期限であり、今の子どもたちが社会の担い手の中心となる 2030 年に向けて、子どもたちおよび周囲の大人や社会全般がSDGsを自分ごととして捉え、関心を高めることは喫緊かつ大変重要な課題です。本コンテストでは、アドビが教育機関向けに無料で提供するビジュアルプレゼンテーションツール「Adobe Spark」を使い、「SDGs達成のためのアイデア」について動画を含むWebページとして表現したクリエイティブ作品を募集しました。


SDGsについて
2030年までに先進国・新興国・途上国を問わず、また国・企業・NPO・個人などあらゆる垣根を越えて協力し、持続可能でより良い未来をつくることを目的に国連で採択された17の目標のことです。


アドビについて
アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。このアドビのビジョンは3つのクラウドサービスで支えられています。Creative Cloud(https://www.adobe.com/jp/creativecloud.html)は、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供しています。Document Cloud(https://www.adobe.com/jp/documentcloud.html)では、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。Experience Cloud(https://business.adobe.com/jp/products/adobe-experience-cloud-products.html)は、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Sensei(https://www.adobe.com/jp/sensei.html)を活用しています。


アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人です。
アドビに関する詳細な情報は、webサイト ( https://www.adobe.com/jp/ ) に掲載されています。


© 2021 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドビ株式会社 >
  3. アドビ、朝日新聞SDGs ACTION!と共同開催の小中高生向けコンテスト「SDGs クリエイティブアイデアコンテスト 2021 」 優秀賞決定