ビジネスサミットとして国内初、最低価格0円からの「完全あと値決め制」を採用

~シェアリングエコノミー協会が開催する「SHARE SUMMIT 2020」にて、数千人規模の「あと値決め」が実現へ~

 日本最大のシェアカンファレンス「SHARE SUMMIT 2020」ではコロナ禍におけるオンライン開催への移行に伴い、今年度の2020年11月16日(月)は最低価格0円からの「完全あと値決め制」でのサミット開催となり、本日9月17日(木)よりチケット申し込み受付を開始いたします。

 上記形式はビジネスサミットにおいて国内初の取り組みとなります。株式会社ネットプロテクションズがポストプライシング代行サービス「あと値決め」(※1)を提供したことにより実現に至りました。

 なお、本サミットにおける「あと値決め」成果については結果公開を予定しております。

「SHARE SUMMIT 2020」概要:https://sharing-economy.jp/ja/sharesummit/ss2020

※1 「あと値決め」は当社決済事業のオプションサービスになります。
 
■「SHARE SUMMIT 2020」でのあと値決め概要

 「SHARE SUMMIT 2020」に参加したあとで、参加者自らがその価値に見合った価格を決定し、後払いすることができるようになります。
 加えて、「SHARE SUMMIT 2020」への参加を通じてお支払いいただいた売り上げの一部を、シェアリングエコノミーの普及に係る支援活動に活用(※2)します。

※2 お客様にお支払いいただく総金額は、サービス対価としてシェアリングエコノミー協会が受領し、一定額を差し引いたうえでシェアリングエコノミーの普及に係る支援活動に活用されます。具体的な内容については後日、公開させていただきます。

■「SHARE SUMMIT 2020」におけるあと値決めの流れ

・peatix(https://sharesummit2020.peatix.com)よりチケットを申し込みます。
・サミット参加後終了後、チケット申し込み時の登録内容を元にスマートフォンへ届くURLから価格申請ページへアクセスし、値決めフォームから他者の値決め結果も参考にしつつ、満足度に応じた価格を決定します。
・後日、自らが決定した金額にて弊社から参加者様に請求を行います。
・お支払いいただく総金額は、商品対価としてシェアリングエコノミー協会が受領し、一定額を差し引いたうえでシェアリングエコノミーの普及に係る支援活動に活用します。

■「あと値決め」価格入力のイメージ

 コンテンツの満足度やイベント内での交流価値等をもとにお支払いいただく金額を設定できます。「シェアリングエコノミー協会の活動を応援したい」という、互恵関係を意識した項目も用意する予定です。
※各種項目、金額メモリについては変更可能性がございます。

■「SHARE SUMMIT 2020」での「あと値決め」導入の背景
 感染症対策が求められる近年の状況において、大型イベントのオンライン化は自然な流れです。今回の「SHARE SUMMIT」を含め、すでに多くのイベントがオンラインでの実施となっています。
 かたや、オンライン開催となることで参加者の体験には否応なく変化が生じます。自宅や勤務先から簡単に参加できることから地理的な参加ハードルは低下する一方、生感を捉えにくいオンライン開催ゆえに、心理的/金銭的な参加ハードルが少しあるだけで不参加となってしまう方が増えているのではないでしょうか。
 シェアリングエコノミー協会は、共創/共生社会の促進を皆で考える場づくりを第一義に活動をしており、その場の形成を阻む参加ハードルについては、極力なくしたいと考えています。なかでも「固定の参加費」というあり方は、金額問わず参加者ごとにその重みが異なるものであり、イベント参加のハードルというだけなく、ひいては参画型の共創社会実現に向けた壁のひとつと考えます。
 以上の背景から、今回導入する主催者が一方的に料金を決めるのではなく、参加者が自由に価格を決める「あと値決め」形式は、シェアリングエコノミー協会の「個がそれぞれなりに関わり全体を作る」というポリシーに沿うものと考え、導入に至りました。
 また、「あと値決め」形式の実証実験結果(https://drive.google.com/drive/u/3/folders/1pcrviCy7MZivN_ZpKGGfMiSxBBOJwMZh)を見ても、価値ある体験であれば参加者は応えていただけ、共創に向かえる確信も持てたため、今回「完全あと値決め制」での開催に踏み切れたとのことです。
 
■「あと値決め」とは
 株式会社ネットプロテクションズの運営する国内初・国内唯一のポストプライシングのアウトソーシング事業です。
 従来とは異なる新しい購買体験を、買い手と売り手の双方負荷なく実現することができ、事業者の既存の販売フローに組み込み可能な決済一体型のサービスです。
 体験後に消費者が自ら価格を決定しお支払いを行うことを可能にすることで、本当に良いサービスや製品、真摯にサービス提供をする事業者が信用されやすい社会を創造します。

※ 「あと値決め」は当社決済事業のオプションサービスになります。

「あと値決め」の詳細はこちら:https://pricing.netprotections.com/

■株式会社ネットプロテクションズ 概要
 当社はテクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、前年比約140%のスピードで成長を続け、現在では累計利用件数が1億8000万件を突破するまでに至りました。2014年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、前年比約150%のスピードで成長を続けております。2017年には、購買体験がこれまでより快適になるやさしい後払い決済「atone(アトネ)」の提供を開始しました。さらに2018年には、台湾においてもスマホ後払い決済サービス「AFTEE(アフティー)」をリリースしました。これらの事業を通じて、顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用ビッグデータを保有しており、今後は様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。

・商号               :株式会社ネットプロテクションズ
・代表者            :代表取締役 社長(CEO) 柴田 紳
・URL               :https://corp.netprotections.com/
・事業内容         :後払い決済サービス「NP後払い」の運営
                           企業間決済サービス「NP掛け払い」の運営
                           訪問サービス向け後払い決済サービス「NP後払いair」の運営
                           新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営
                           台湾 スマホ後払い決済「AFTEE(アフティー)」の運営
                           ポイントクラブの運営
・設立               :2000年1月
・資本金            :1億円
・所在地            :〒102-0083 東京都千代田区麹町4-2-6 住友不動産麹町ファーストビル5F

■一般社団法人シェアリングエコノミー協会 概要
・商号               :一般社団法人シェアリングエコノミー協会
・代表者            :代表理事 上田祐司、重松大輔
・URL               :https://sharing-economy.jp/ja/
・設立               :2016年1月
・所在地            :〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目5−3 Nagatacho GRiD
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネットプロテクションズ >
  3. ビジネスサミットとして国内初、最低価格0円からの「完全あと値決め制」を採用