55.9%の就活生、社会人へのキャリア相談「十分できず」~「同じ大学の卒業生」との接点を希望(ビズリーチ・キャンパス調べ)~

Visionalグループの株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:多田洋祐)が運営する、OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」は、同サイトに登録する2022年卒業・修了予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動とキャリア観形成に関する調査を実施しました(調査期間:2021年3月26日~3月30日、有効回答数:474件)※1。
※データを引用・転載される際は「ビズリーチ・キャンパス調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いいたします。
【調査サマリー
就活生に対して「興味のある業界や職種を知るために、身近に相談できる社会人は十分にいましたか?」と聞いたところ、55.9%が「身近に相談できる社会人が十分にはいなかった」と回答しており、さらなる相談相手を必要としていることが伺えます。その一方で、8割以上が「大学1・2年生から社会人の先輩にキャリア相談することは意義がある」と答え、そのうち、大学1・2年生からキャリア相談の相手として意義があると思う社会人としては、「同じ大学の卒業生」(77.3%)がトップとなりました。
また、所属大学に取り組んでほしいキャリア支援を聞いたところ、「興味のある業界のOB/OGを増やしてほしい」「OB/OG訪問の利便性向上」など、OB/OG訪問に関する要望が多く寄せられました。

■社会人へのキャリア相談、「より多く」が半数以上

83.8%が、「大学1・2年生から社会人の先輩にキャリア相談することは意義がある」


有意義だと思うキャリアの相談相手トップは、「同じ大学の卒業生」


所属大学に取り組んでほしいキャリア支援(自由回答から抜粋)
「卒業生と話す機会を多く設けてほしい」(東京理科大学)
「低学年のうちから、興味のある職業の話を聞けるような場を設けてほしい」(関西学院大学)
「キャリアセンターに実際に行かなくてもOB/OG訪問リストの取得など柔軟に対応してほしい」(早稲田大学)
「同窓会の会員ページを充実させて、OB/OG訪問をしやすい環境を整備していただけるとうれしい」(横浜国立大学)
「業界ごとにOB/OG訪問の機会を設けてほしい」(大阪市立大学)
「社会人と交流する機会はもちろんのこと、交流することを練習できるような講座があると良いと感じる」(慶應義塾大学)

 



■3割以上が「志望する企業群から内々定をもらったが、就職活動を継続」
また、現在の就職活動の状況を聞いたところ、志望する企業群から内々定をもらった学生は44.5%で、全体の3割以上は「志望する企業群から内々定をもらったが、就職活動を継続」と回答しました。また、本選考のエントリー社数は「10~19社」(35.2%)という回答が最も多くなりました。

 



※1
【調査概要】
・調査期間:2021年3月26日~3月30日
・調査方法:Web上のアンケートフォームより入力
・調査対象:ビズリーチ・キャンパスに登録する2022年卒業予定の全国の大学生・大学院生
・有効回答数:474件
※各比率において、項目によっては端数処理の関係で合計が100%にならない場合があります。



OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」について
「ビズリーチ・キャンパス」は、学生とその学生が所属する大学・大学院のOB/OGや企業をつなぐオンラインのキャリア教育プラットフォームです。登録した学生は就職活動時期や学年などに関係なく、さまざまな業界で活躍する社会人から話を聞き、早期に就業観を醸成することが可能となります。学生は登録後、母校専用サイトのOB/OGのなかから、自分のバックグラウンドに似た先輩や、興味がある企業に在籍している先輩を見つけ、「話を聞きたい」ボタンを押してアプローチでき、OB/OGが承諾した場合にOB/OG訪問できます(オンラインでのOB/OG訪問も可能)。
なお、「ビズリーチ・キャンパス」はOB/OG訪問の依頼やビデオ通話の発信を学生に限定しています。また、安心してご利用いただけるよう、学生とOB/OGに許諾をとったうえで、ビズリーチ・キャンパス運営事務局が、サービス内のメッセージ等を24時間有人監視しています。
URL:https://br-campus.jp/

【配信地域】
日本、アメリカ、カナダ

【開校大学】
国内40大学と海外留学生向けの専用サイトを開設(2021年1月末時点)

【登録者数】
大学生・大学院生 79,000名以上(2021年1月末時点)
OB/OG       46,000名以上(2021年1月末時点)

【公開日】
2016年10月12日

【利用料金】
無料 ※法人契約の場合は、「ビズリーチ・キャンパス」のサービス利用料が発生します


■株式会社ビズリーチについて
「すべての人が『自分の可能性』を信じられる社会をつくる」をミッションとし、2009年4月より、働き方の未来を支えるさまざまなインターネットサービスを運営。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡に拠点を持つ。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」、人財活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」シリーズ、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」を展開。2020年2月、グループ経営体制への移行にともなって誕生したVisionalグループにおいて、主にHR TechのプラットフォームやSaaS事業を担う。
URL:https://www.bizreach.co.jp/

■Visionalについて
株式会社ビズリーチがグループ経営体制に移行したことにより誕生。「新しい可能性を、次々と。」をグループのミッションとし、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。
「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、人事マネジメント(HR Tech)領域におけるエコシステムを展開。また、事業承継M&A、物流DX、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。
URL:https://visional.inc
 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Visional >
  3. 55.9%の就活生、社会人へのキャリア相談「十分できず」~「同じ大学の卒業生」との接点を希望(ビズリーチ・キャンパス調べ)~